« ターコイズS 朝日杯FS | トップページ | 中山金杯 京都金杯 »

中山大障害 阪神C ホープフルS 有馬記念

冒頭からになるが、先週のGⅠは完全に失望した。馬券が取れなかったことではなく、色んな意味で完全にあれはデキレースだ。流れといい内容といい違和感アリアリ。分かる人が見れば分かるよ。さらに付け加えて配当も酷すぎる。あれはないな。売れてないのか満遍なく買われたのか、理由はどうあれ競馬ファンが競馬に失望し、競馬離れが加速することは間違いないだろう。藤沢厩舎がGⅠ2連勝だとぉ。四位が久々にGⅠ優勝だとぉ。四位よ、オマエその前の週に買い目に入れてたのに、最後直線で手網をピクリとも動かさず何もしなかったやないか。露骨なヤラズだったやないか。で先週は死に物狂いで追って追って追いまくって1着だとは何事か。ここで言っても仕方ないし、それならそれで仕手入ってることを含めて予想しなきゃならないわけで、取り乱さないよう落ち着こう。とにかく今年のラストウィーク。とりあえずもとりあえずだが、変則開催のため木曜日予想に入る。まずは中山大障害。とってもお気に入りの障害重賞の一戦。有馬と同じくらいこちらも楽しみにしている。非常に良いメンバーだ。本命はルペールノエル、大物を食える穴馬はこれだろう。障害戦では珍しく後半追い込んで強襲を得意としているのが面白い。ズバ抜けて高いヤネ高田の障害重賞勝率に期待。対抗にはアップトゥデイト、連覇がかかる。昨年、この馬で至れり尽せりだった林が今年はこの馬で重賞に手が届かない。最後に大花火が上がるか。同じ馬で重賞を多く勝つという佐々木厩舎の特徴は軽視できん。3番手にオジュウチョウサン、結局この馬を外すことはできなかった。願わくば他2頭で決まってほしいところだが、保険的に買い目とするしかない。なんたって今年は斤量62と63しか経験していないというかなりのアドバンテージを持っている。有馬の上位人気馬よりもこちらのほうが最強馬の称号で呼ばれてもいいくらいだと思う。以上、3頭の馬連BOX買い。

阪神カップの本命はイスラボニータ、前走は実質勝ちに等しい末脚。今年はマイル適性を存分に発揮してくれたといえる。1400mの距離短縮は仕掛け次第では好転と見る。なんたって手綱がルメール。月並みだがこれはもう重賞では仕方ない選択のレベル。長文無用。以下、買い目の3頭。まずはサンライズメジャー、前走阪神1400mの同条件で結果を出した。コース経験直後というだけで推していいと考えるわけだが、唯一の不安は斤量57で勝った経験が無いこと。ここで一回くらいなんとかならんか。次にエイシンスパルタン、相変わらず岩田で2着感が漂う1頭。だが2着を予想できるなら馬連で外せんし、極論で言えば馬単2着固定できる。そんな買い方している人は見たことも聞いたこともないが、面白いっちゃオモシロイ。岩田としても重賞で気を吐くラストチャンス。そらもう昨年までの過去の重賞勝ち数を見ても、今年はありえんだろう。もうここで勝ったほうが全てを払拭できそうな感じである。最後にフィエロ、1年ぶりにデムーロが乗る。追い込みの脚に関してはまったく遜色のない高いレベルの馬。ここのところ阪神は外枠でも、いやむしろ外枠で伸びる傾向があるので、今回買い目としておくのも悪くない。デムーロにもかかわらずフロック視され、ここで人気を落としてくれればもう最高。以上、4頭の馬連BOX買いで。

2歳戦のホープフルステークス、ここは短評のみでいく。本命はレイデオロ、前走同条件で快勝。鞍上ルメール、それだけで理由は十分すぎる。以下、買い目の3頭でまずはビルズトレジャー、紅一点の唯一の牝馬。田中勝春は近年では1年1重賞勝ちというペース。今年はここまで重賞未勝利、あるならここでの1勝を期待。次にニシノアップルパイ、なんだか“アップルパイ”というネーミングがなんとなくイイ感じ。今年ふうに言えばAPか。鞍上強化とみて買い目に入れる。最後にサングレーザー、明らかに一頭だけ異彩を放つ不思議感が見える。なんたって前走GⅡ3着からのココである。気になるので押さえ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

有馬記念の本命はキタサンブラック、前走で見直した。1枠を引いた。もう買うしかない。お祭りレースでオーナーも「まつり」を歌うというならJRAが勝たせないわけにいかないじゃないか。どうぞ勝ってください的な扱いが怪しいとは思うが、ワナだとしても乗ってみたいし賭けてみたい。ペース次第というところだが、この馬に鈴を付けに行く馬がいるかどうか。7番馬あたりがその嫌な役を請け負えるかどうかだろう。普通に早め抜け出しで余裕の逃げ切りと予測。以下、買い目となる他3頭。まずはサウンズオブアース、なんと2着率の高いことか、と言われそうだが2着界では序の口レベル。まぁ重賞、ましてGⅠで2着なので立派なものだが、重賞勝ちが無いんだよな。とにかくここでのデムーロの大舞台スキルを期待してみる。すっ飛んでくる印象が強いので見ごたえがありそう。次にアルバート、完全にヒモ荒れパターンを想定。いや根拠がまったく無いわけではない。今年は旬、注目される世界の堀厩舎の馬である。ムーアではないが戸崎を確保できたことは大きい。昨年と同じ前走ローテーだが昨年は条件戦を勝ち上がって初重賞勝ちからの有馬であった。さすがにあれだけ走れば疲れが無いわけはない。ところが今年は余裕のローテー。空けて叩いたGⅡ2戦は2着1着。仕上がってのグランプリ出走である。ノーマークならオイシイ馬券。最後にサトノノブレス、同枠同厩舎同オーナーの染め分け帽だが、一方は怪物と評される今年の3歳トップ馬。さすがに菊花賞馬とはいえ古馬菊花賞馬を推す以上、そのサトノダイヤモンドは切りたい。いやいくらルメールとはいえ馬主もそうだが、ここまでこの勝つと勝ち過ぎだろうというヤオ臭さが出てしまうし、なにより配当妙味が無い。ならば「同じ」が重なるなら人気薄を買う。侮るなかれノブレスの方は重賞を4つも勝っている馬である。前走では窮屈なところで最後までスピードは落なかった。あれはシュミノーの馴らし運転と見ていい。先週も言ったがシュミノーは上手い。恐らく他メンバーの影響からここでは完全に無視される馬であろう。あえて買う。本命馬を徹底マークする戦法なら超一発が見れるかもしれない。以上、4頭の馬連BOX買いで今年最後の大勝負。

|

« ターコイズS 朝日杯FS | トップページ | 中山金杯 京都金杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

外してグチってるようじゃ今週も坊主だなww

投稿: キンタマーニ | 2016年12月23日 (金) 07時21分

キンタマーニさん、あなた主の凄さ知らなすぎ。四位のやらずの部分まで前週見てましたか?こういう緻密なところも主の凄さです。

投稿: こまちゃん | 2016年12月23日 (金) 17時53分

主さんへ

穴馬はあくまでも穴馬なんです。
結果が出なくても腐らずに行きましょう。

投稿: エイジ | 2016年12月24日 (土) 20時45分

東京大賞典は何着ますかね?

投稿: 名無し | 2016年12月27日 (火) 13時07分

まぁ言われてる通りグチってる様じゃダメです。
四位のやらずがどうとか…どうでも良い…
ただ感情的になってるだけじゃん。
馬鹿らしい。
ギャンブルに感情は不要。
ブレずに頑張ってください。
早いですが良いお年を!

投稿: かなびす | 2016年12月27日 (火) 23時42分

主は、八百長を含め、それを分かってて予想するって書いてるじゃん。だからヤオに愚痴ってるわけじゃないんじゃないの?ヤリヤラズが露骨に見えすぎるレースに不満なんだと推測するね。主じゃないけど確かに荒れない重賞ばかりだと馬券購入者は面白くないわ。

投稿: 中級者 | 2016年12月29日 (木) 09時20分

東京大賞典ですが、主がチャンピオンズカップで大きく買うとイチオシしていたアポロケンタッキーを軸に武へガッツリ流して大きく取れました!中京が合うとの評価のコパノは切りました。最後の最後にドデカく現金が手に入り感謝です!

投稿: mimi | 2016年12月29日 (木) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山大障害 阪神C ホープフルS 有馬記念:

« ターコイズS 朝日杯FS | トップページ | 中山金杯 京都金杯 »