« 京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | チャレンジC カペラS 阪神JF »

ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズC

スポーツニッポン賞ステイヤーズステークスの本命はジャングルクルーズ、藤沢厩舎の馬だが四位が乗ってからというもの、上手く噛み合っているという感じ。札幌で2戦好走してからのここだが、流れはあるとみていい。対抗にはモンドインテロ、前走はツキが無かったというか、ラスト直線は馬場の悪いところを走ってしまい外で伸びる勝ち馬に差されてしまった。仕掛けがやや早かった感もあるが、修正してくれば勝ち負け。3番手評価はカムフィー、長いところだけで好走のイメージが強い。勝つまでの力はちょっと足りないだろうが2着に食い込む可能性は捨てきれず。田辺への乗り替りで変わり身期待。以上、3頭の馬連BOX。

金鯱賞の本命はパドルウィール、重賞経験は薄いが実はコースレコードホルダーである。まったく侮れない。ヤネ松山ながら人気薄で大きく狙いたい馬。中京重賞を取るために存在しているといっても過言ではなかろう、きっと。対抗にはレコンダイト、好調武豊の騎乗で上位への進出ありか。過去に1度だけ経験している中京2000mでびっくりするほど走ってしまった。夢よもう一度というか、案外上位へ来るんじゃなかと期待。3番手評価はスズカデヴィアス、本来ならしっかり走る馬なんだが最近は不調だ。前走なんざダートを叩いているあたりは完全に迷走している。ここで横山典のテン乗り及び中京初参戦は何かが変わる予感だが、横山かぁ、となる。ヤリかヤラズかを匂わせてしまっているのが残念な部分か。吉と出れば一発ある。以上、3頭の馬連BOX買い。

チャンピオンズカップの本命はアウォーディー、文句なしの本命だろう。マル外ジャングルポケット産駒という特殊性はあるもののダートで連勝しているあたりは認めるしかない。多くは語ることなかれ、楽勝だろう。以下、買い目の3頭。まずはコパノリッキー、まぁ中京が合うんじゃないかという部分とルメール手綱で普通に評価できる。なんたってGⅠをいっぱい勝っているし馬券から外す理由がない。次にラニ、弟もか、という程羨む血統である。英語表記のヘヴンリーロマンスも違和感あるが、この馬自身、米国3冠完走というある意味偉大さを持っている。3歳馬は評価し難いところだが、特別評価。内田がまくり戦法で早めに押し上げれば相当に強いかも。最後にアポロケンタッキー、前走の快勝は見所があった。恐らくこのメンバー、このジョッキー勢からして低評価だろうと思われる。しっかりここは押さえる、大きく買う。ダート、距離等の適性は侮れん。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | チャレンジC カペラS 阪神JF »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カフジテイクは検討の対象になってたんでしょうか?

投稿: 名無し | 2016年12月 5日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズC:

« 京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | チャレンジC カペラS 阪神JF »