« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

アーリントンC 中山記念 阪急杯

3重賞を淡々と予想する。アーリントンカップの本命はレヴァンテライオン、デビュー頃には先行する競馬がピタッとハマり重賞勝ちしている。三浦が乗っていたわけだが、その後乗り替わりでちぐはくした競馬となり低迷している。今回は岩田の手綱となった。逃げてくれれば一発秘める素材。先行策を信じて買い。対抗にはディバインコード、果敢にも挑んできた唯一関東馬。先行してソツなく乗る柴田善となれば、前残りの流れである程度OKなのかもしれん。西から東へ来る馬よりは東から西へ行く馬のほうが真剣度が高いと感じる。3番手評価はミラアイトーン、新馬から主戦を務める幸四郎の引退ウィーク。例の如く馬を揃えるにしては微妙なポジションの騎手だが、かつてデビュー週に重賞勝ちしたくらいの話題性を持っていたわけで、ここでも何かしらの恩恵があっていい。池江厩舎が上手くここに合わせて馬を調整してくれたであろうことは容易に想像がつく。幸四郎はそういう運命であり、この馬の馬名の由来は運命の馬という直球そのまま。十分買う要素。以上、3頭の馬連BOX買い。

中山記念の本命はヴィブロス、GⅠ勝ちした後で斤量54㎏のここは軽い、軽すぎる。末脚が利くだけに楽勝ではないかと思ってしまう。この馬で一番結果を出せていない内田をあえて乗せてきている部分などは一念発起を期待させる部分もある。少頭数だからこそ若い牝馬でいっちょ狙ってみたい。対抗にはヌーヴォレコルト、不安視していた鞍上だったが、今年は完全に持ち直していると思う。あえて岩田で買うというくらいでいい。この馬を追いかけている人ならば、中山での強さも知っているし、このレースは一昨年勝っている。中距離で存分な強さを誇る牝馬だけに、牝馬ワンツーとかも期待。これまで勝ち負けしてきた相手のレベルが他と違いすぎるわな。前走あれだけ太目で海外GⅠで上位にくるあたりは底力が違う証し。3番手評価はツクバアズマオー、そもそも中山コースでの秀逸さを捨てきれない。今年は1番人気を背負って中山金杯を勝っているくらいだ。勢いそのまま、流れそのまま、距離短縮も十分対応可能とみてここは買う。以上、3頭の馬連BOX買いで。

阪急杯の本命はブラヴィッシモ、須貝厩舎の2頭出しでもう一頭は断然人気を背負いそうなくらいの馬シュウジだが、斤量57ってのが気に食わん。なので買うのはこちら。いやいや1200mが合わなくて1400mで勝機を見出す狙いだろうし、テン乗りの武豊が面白い。須貝厩舎の金子勝負服まで揃うと案外勝ちそうな気配に見えなくもない。前か後かで思い切った乗り方で一変期待。対抗にはミッキーラブソング、橋口厩舎が松若で勝負に出た。そもそも主戦の小牧がなかなか噛み合わないことが多く、この日は阪神にいるのにその小牧を乗せずに松若ですからね、これは完全に意識した乗り替わりだろう。松若も今年は乗れているし、橋口厩舎の初重賞勝ちはこういうケースで飛び出すかもしれん。3番手評価はロサギガンティア、藤沢厩舎が今年はベッタリといきそうな四位を乗せている。四位にしても隣に昆厩舎の主戦自分の馬がいるのだが、まぁこちらを選んだとみていいだろう。この馬が久々に56㎏で走るとなると足かせが取れたという感じではなかろうか。ここで結果が出れば完全に手中に入れるんだろうな。一応、節目の期待。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダイヤモンドS 京都牝馬S 小倉大賞典 フェブラリーS

今週は賑やかな4重賞。パッパッと書いていく。ダイヤモンドステークスの本命はラブラドライト、前走3000mのOPを2着しているのにここではハンデに恵まれたか。普通に買い時と見る。以下、買い目の3頭。まずはキングルアウ、新馬以来の芝となるが、前に行く脚質なだけにここでの斤量51㎏は正直怖い。次にブレストウィック、前走で戸崎を背に一変を見せた、いや一変を見せかけた感じ。あわやの末脚を見せつつゴール直前で止まってしまった。今回は200mの距離短縮となり、分が良いと思う。最後にフェイムゲーム、このレースのために存在していると言っても過言ではない馬。押さえは仕方ない。以上、4頭の馬連BOX買い。

京都牝馬ステークス。昨年から距離が1400mとなり、ちょっと思考的にも捻りが入るのでなかなか難しいが、過去には大きく取らせてもらったレースなのでなんとか奮起したい。そこで本命はナックビーナス、スプリント路線なら任せろ的な印象を持っている。なんだかんだでやっぱり横山典次第なんだろう。以下、買い目の3頭。まずはワンスインナムーン、関東馬をまたまたチョイス。重賞初出走で京都も初見参。馬名の由来から毎月1回勝利とくれば、2月もここで勝ってもおかしくない。よく見れば母の現役時代もやたらサイン馬券に使われていた馬ではないか。面白いので今回は買っておく。次にラインハート、レース毎に騎手が乗り替わるという忙しい馬である。前走除外となってしまったが、これは使い詰めていた時にラッキーだと見るべきだろう。今回のヤネは松若、おぉ先週重賞勝ちしているではないか。流れがあるならここでも好走を見せるかもしれん。最後にエスティタート、久々に武豊の手綱へ戻った。道悪に苦戦することもあったが、前走を言うなら内に付けていて最後にその内を突けなかった。これはもう鞍上を考えれば仕方ないとは思うが、せっかくの京都コースを活かせておらず、今回は鞍上強化でインを突いての勝ち負けと見る。以上、4頭の馬連BOX買いで。

小倉大賞典、実に楽しみなローカル重賞。とはいえ馬、騎手ともに難解なメンツであり、そういった部分も喜びと言える。本命はマイネルハニー、ハマれば相当の強さを見せると分かっていながらなかなか思い通りにいかん。前走はもどかしいレースでもあったが、重賞勝ちしている1800mとなれば、ドンピシャでハマる可能性はある。以下、買い目となる3頭。まずはストロングタイタン、結論を言えば小倉との相性が抜群である。コース適性でいくならコレ。池江厩舎の2頭出しだが選ぶのはこちらだけ。次にロードヴァンドール、前で競馬ができる分押さえておきたい。この時点で若き4歳馬を3頭買っているわけで、括りとしては悪くない。大外枠はポジション取りに有利だろう。最後にパドルウィール、金鯱賞からのローテーはなかなか注視したいところ。高いレベルでの2着は普通に評価していい。以上、4頭の馬連BOX買い。

フェブラリーステークスだが過去3年の勝ち馬2頭がここでも激突。世代交代と言われるダート界だがそれでも再評価する部分も多く、厩舎や騎手やエージェントと諸々も含めて選出。本命はベストウォーリア、やっぱ安定しているわな。石坂厩舎の有力2頭のどちらにも乗れたのに、昨年優勝馬よりこちらを選んだヤネの意向を汲む。なにより過去2回には暮れからのぶっつけだったのに、今回は前走ひと叩きしたのがプラスに出ると思う。盤石な体制と見る。以下、買い目となる3頭。まずはエイシンバッケン、なかなか目立たないが毎度言っている復調兆しのある岩田に期待できる。前走は4コーナーで最後方、絶望的な位置取りで外にも出せず馬群中央でモタつく場面もありながらもゴール前に猛烈な末脚で真ん中を割って突っ込んできた。大外の馬が目立つも、こちらもかなり強い印象がある。当然、ここで道中のポジションを修正してくれば能力的には上位必至。次にカフジテイク、やはり展開にたよる部分はあるが前述にもある通り、末脚は侮れん。外をまわすのが理想、元々乗っている津村が鞍上となれば期待は大きい。ここで平常心で乗れれば初GⅠとなるだろう。津村のハート次第と言ったところか。ちょっと応援したい馬でもある。最後に迷った挙句コパノリッキー、過去2度も優勝している馬として軽視は無用。近走では地方を走ることも多く、付け加えれば武豊ではなかっただけに着順やレース運びは参考外。7歳、8歳馬が連に絡まないわけでもなく、2着までなら十分考えられる。再度言うが、侮ることなかれ当レースを2回勝っている馬なのである。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クイーンC 共同通信杯 京都記念

外は雪がしんしんと降っている。週末競馬は大丈夫かと思いつつも、小倉開催へ駆けつけようかと楽しみにしていただけに悪天候は恨めしい。とにかくデイリー杯クイーンカップの予想から。本命はアエロリット、先行して安定した走りをみせている。東京でマイルならある程度信憑性があるのだが、横山典がどう捌くかがカギか、みんな鞍上の乗り方が気になってしょうがないに違いないだろうが。以下、買い目の3頭。まずはスズカゼ、かなりレースを叩いてきたが前走の勝ちは良かった。たぶんフロック視されそうなだけにがぜん推しておきたい。次にアドマイヤミヤビ、2000mからの距離短縮がどう出るかのみだが手綱はルメールだ。外枠ながらも盛り返し必至。最後にフローレスマジック、これまでの走りが良いだけにここでも消しきれない一頭。コース適性から馬も鞍上も信頼度が高い。以上、4頭の馬連BOX買い。

共同通信杯は少頭数なのでいつものように買い目を絞っていきたい。本命はエアウィンザー、今年は重賞はもちろんのこと相当に良い馬が回ってきている武豊。先週は厳しい流れに悔やんだが今週もここは勝負できるレース。買い目としてはカタイね。対抗にはタイセイスターリー、距離延長をルメールの腕でカバーするという印象。血統的にはなんら問題なかろう。馬場が荒れても好条件としそうでありがたい。3番手評価はエトルディーニュ、前走だが今年になって東京1800mと同コースを叩いている分、他馬より優勢と見る。乗り替わった柴山の調子次第といったところか。以上、3頭の馬連BOX買いで。

京都記念、なかなか良いメンバーが揃った。大阪杯が昇格した分、ここがかなり重要視されるGⅡとなっている。少頭数なのでやはり絞っていきたい。本命はミッキーロケット、前走が評価通りで一皮剥けてくれた。やはり先行するとかなり強さを発揮できる馬で、和田がそれを掴んでいればここも難なく勝ち負けするだろう。対抗には相変わらずヤマカツライデン、前走の敗因としては馬体重が絞りきれていないのが痛かった。ちゃんと仕上げろよ、と思ってしまう。逃げて強い競馬が発揮できるのが特徴で、今回もしっかり530㎏台に仕上げてくれば2200mの距離も楽々逃げ粘る走りは可能と見る。注視するのはもうそこだけでいい。3番手評価にスマートレイアー、牝馬で頑張っているほう。前走海外を経験し戻ってここだが、手綱が岩田となった。なかなか良いチョイスではなかろうか。上手く内を付ければ一発警戒レベル、若しくは他の有力馬がお互い牽制し合う中、思い切って逃げてもいいだろう。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京新聞杯 きさらぎ賞

時間が無いので買い目と短評だけ。東京新聞杯の本命はヤングマンパワー、戸崎を背に馬体が出来ていることを祈る。対抗にはブラックムーン、厩舎の意向と内田への乗り替わりで評価。3番手評価にマイネルアウラート、昨年実績と人気薄での度重なる激走を注視。以上、3頭の馬連BOX買い。

きさらぎ賞の本命はサトノアーサー、マイナス的要素が無かった。対抗にダンビュライト、馬体が絞れていることが条件だが、やはりルメールの存在が大きい。以上、2頭の馬連1点買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »