« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

青葉賞 天皇賞・春

今週は2重賞だが、頂上決戦があるだけに期待値は高い。博打的には逆目を狙いたいところ。とにかくまずはテレビ東京杯青葉賞から。京成杯でこぞって買い目とした馬が出てきた。元々評価していただけにここでも注視。本命はマイネルスフェーン、前走は評価した程走ってくれなかった。いや、重賞3着しているので悪いとは言い切れないが、それでも4コーナーで外へ持ち出すのをモタつかなければ楽勝していたはずである。今回は東京コース、同じヘグりでも直線で持ち直せるだけの挽回は可能。大外ブン回しでも上位必至とみる。今回ももちろん買う。対抗にはポポカテペトル、やたら外国人騎手を乗せたがる厩舎姿勢も微妙だが、ここでもルメールを鞍上に配置し頼っている。確かに2走前では完全な不利で行き場を失い惨敗し、前走ではキッチリ勝っている。しかしタイム的には優秀さは微塵もなく、やはり評価し難いところ。ぼんやりとだが、なんとなく流れとしては良い感じという結論。ハッキリ言ってヤネの腕だけで買う感じ。3番手評価はベストアプローチ、どうお鉢が回ったのか岩田の手綱となった。いや、これは逆に評価していい、ラッキーと見るべきか。これまでの煮え切らない走りに一喝、早めの追い出しで逆転可能。ポジションは下げてもいいので、とにかく岩田ならこの馬はラスト伸びるはず。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

天皇賞・春だが買う馬ははじめから決めている。シャケトラである。今年一番推しの馬と言っていい。重賞では評価通りに走ってくれたし、大化けの可能性は充分ある中、1番枠を引いた。怪物・最強といわれる馬を出し抜くならば、昨年もそんなGⅠを見せてくれたヤネ田辺はうってつけか。経験不足に重ね斤量58㎏というところだけ乗り越えてほしい。堂々の本命視。以下、買い目の3頭。まずはゴールドアクター、乗り替わりが横山典というのが判断が難しい。いや、少なくとも吉田隼人よりは信頼できると言えばいいだろうか。大一番でテン乗りだとなかなか食指は動かないところだが、奇策・奇襲という意味でとるならヤネの人選はピッタリということになる。そもそも馬は強いわけで、2強に目が行きがちだがこの馬の力も捨てたもんじゃない。早めのまくりがハマったりすると快勝する可能性は少なからずある。たのむから何かやってくれ横山典。次にディーマジェスティ、追い込みに賭けるというか、賭け過ぎだろう。だが侮れないのは皐月賞で見せたあの一瞬の切れ。今回、強い馬が前にいるためペースが上がればしめたもの。まとめて差し切れるポテンシャルは持っている。2強が前で抜け出すところを追い込んで届かず2着とかいうケースも考えられるか。似ている感覚をかつてビワハヤヒデに迫ったナリタタイシンで経験したことがあるだけにますます皐月賞馬の2着イメージが膨らんでしまうではないか。この馬は京都コースでもっと走っていれば取捨が楽なんだがなぁ。そしてその2強だが、2頭とも買い目に入れるとするなら、もうその2頭の1点しかないわけで、逆に2頭とも外すとなると、ちょっと冒険が過ぎるだろうとの自覚もある。この2頭から選ぶとなるとサトノダイヤモンドを取る。いわば道中の位置的にマークする方とされる方の違いという感じか。キタサンブラック1頭だけとの単純比較ではこうなる。例えるならメジロマックイーンを徹底マークして競り落としたライスシャワーがこれに近い。まさに今回はこちらに軍配だろう。マックイーンは2着してしまったが、本音は前述の3頭の馬連で決まってほしいけどな。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島牝馬S フローラS マイラーズC

今週は3重賞。まずは福島牝馬ステークスから。本命はクロコスミア、レース間を詰めて出てきたが前走では評価通りに走ってくれた。惜しかった。あの逃げを再現できれば力は発揮できよう。ヤネが戸崎となり人気になりそうでテンションは下がるが評価は上げていい。それにしても松若乗せてやれよ、と思う。以下、買い目の3頭。まずはブリガアルタ、7戦しかしていないのに、そのうち福島で2戦2勝。1800mという距離ですら4戦もこなしている。素直にイイと思える内容である。鞍上の地味さは拭えないがローカルという舞台がそもそも地味なので案外悪くない組み合わせか。次にウインファビラス、松岡がアツイ。ウインの馬でどうしても盛り返したいはずなので、ここは一変ある。かつては2歳GⅠで2着するほどの力は発揮していた。唯一の勝利は1800mで上げたものである。最近は先行一辺倒でグズっているが、中段で控えてラスト弾ける、そういう作戦なら面白いはずだが。最後にロッカフラベイビー、ローカルで津村が乗る重賞は要チェックか。1800mという距離も経験豊富で適性を評価するが、前走2000mを使ってしまい、しかも勝ってしまった当たりがやや不安な材料。あれはデムーロ効果と割り切ってしまおう、ここは津村で人気を落とせば狙い目。以上、4頭の馬連BOX買い。

サンケイスポーツ賞フローラステークスの本命はアドマイヤローザ、重賞経験無し組では上位評価。本来2000mで活きる馬だろうし、梅田厩舎としては岩田で重賞好走を期待していることだろう。まぁ、アドマイヤの馬なら本番はどうあれ前哨戦程度なら勝ち負けするんじゃないか。以下、買い目の3頭。まずはディーパワンサ、前走では上手く噛み合わず結局はここへ駒を進めることとなってしまった。内田も今度こそ決めたいという思いは強かろう。馬体の仕上がりが悪くなければ上位必達。次にフローレスマジック、重賞でもそれなりに走っているし鞍上戸崎は魅力。これだけのメンバーながら唯一のディープインパクト産駒となっており、ちょっと押さえておきたい感じが強い。最後にホウオウパフューム、2000mを2連勝は素直に評価。今年も今のところ好調な田辺で一発あってもいい面白い存在。以上、4頭の馬連BOX買いで。

読売マイラーズカップの本命はブラックスピネル、実力通りというかデムーロというか、外す理由が無かったという結論。多く語る必要無し。対抗にはエアスピネル、また言ってしまうがスピネルスピネルのサイン馬券的な要素は無きにしも非ず。いや、京都でなら普通に買いな部類だろう。チャカつかなければ十分強い馬なんだがなぁ。3番手評価にダッシングブレイズ、この馬は浜中の手綱が合うと思う。前走京都でOPを勝ち、良いひと叩きとなった。唯一のマル外というのも久々に買いたくなる要素。馬場の良し悪しも問わず、ここはとにかく買いの一手。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山GJ アンタレスS 皐月賞

今週も流れを壊さず続けたい。まずは中山グランドジャンプの予想から。冒頭で書くが、オジュウチョウサンを絡めると馬券妙味は無い。ここは少頭数だしあえて狙う馬券でいく。本命はアップトゥデイト、王者を倒せるとするならこの馬くらいか。コースレコード持ってるくらいだし軸の一頭。対抗にはルペールノエル、大きなところでも能力発揮は可能。ヤネ次第の馬。3番手評価にタイセイドリーム、いわばどさくさ紛れの馬券といったところか。以上、3頭の馬連BOX買い。

アンタレスステークスの本命はモンドクラッセ、前走58㎏でオープンを逃げ切った脚は評価せざるを得ない。狙うは岩田の押し切りのみ。相当に歯ごたえのある走りを見せてくれるだろう。以下、買い目の3頭。まずはロワジャルダン、実際はもう少しやれていい。毎度毎度、ポジションが後すぎるのが下手に乗っている証し。ややズブい面もあるが先手先手で動けばなんとか食い込めそう。次にタムロミラクル、単純に外枠ピンク帽に注視。すっ飛んでくる可能性があるのは8枠の馬だろう。押さえの押さえ。最後にナムラアラシ、同様の理由から押さえ。こちらの方は脚質的に合っているのでやや期待値は高いか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

皐月賞はなかなか面白いメンツ。牝馬が一頭騒がれているが、当然買わんね。全体的には本命不在的とも言えそうだが、そんな中でもこれはという馬たちを選んでいきたい。かなり無理しつつも予想へ入る。本命はダンビュライト、武豊が不気味のひと言。先週にしても、買い目に入れていたが、それにしてもよく持ってきたな感が凄かった。あれはやっぱ腕だろうと思う、素直に感心した。今回は2頭出しの多い中、音無厩舎も密かにこちらの馬に期待しているのではないか。ここぞという勝負所で脚を目一杯使わせればギリギリ逆転可能な能力と思う。その手綱捌きが可能なのは鞍上の武豊だと結論。ここで勝ってなんとしてもダービー行きたいだろうからね。ヤネの意思が馬に伝わり激走を期待。以下、買い目の3頭。まずはペルシアンナイト、典型的なスピードタイプと思う。マイラーとしては能力上位、2000mを限界として走れると結論。外を伸びるいつものパターンで勝ち負けか。皐月賞は速い馬が勝つを実践してほしい。次にアウトライアーズ、関東馬で買いたいのはこの馬。田辺も他の選択肢があったにもかかわらずこちらへ乗ってきた。やはり終いの脚はかなり強力だと見解。マークする馬を間違わなければ結構通用する展開もあるか。2着濃厚っぽい。最後にトラスト、この馬を買うのも勇気がいるが、展開を考えるとどうしても押さえておきたい存在となった。もう逃げて残るという流れしか考えられない、いわゆる溜め逃げ的に前で競馬をすれば、直線でちょっと早く動くだけで全てを抑えきれるのではないか。ペース次第では残れるんちゃうんかという超激甘期待が漂うわけで、しいて都合の良い部分を挙げるなら、大外枠に入れたことくらいか。ハマるとデカイの典型、ここは夢を見ることにする。この馬絶対面白いと思うんだがなぁ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニュージーランドT 阪神牝馬S 桜花賞

年に何度か陥っているが、昨日から38度超えの発熱が続き2日間寝たきりである。馬券は買うので予想はしている。GⅠ以外は買い目だけとなるが簡潔で申し訳ない。ニュージーランドトロフィーの本命はタイセイスターリー、以下買い目としてメイソンジュニア、ジョーストリクトリ、クライムメジャー。以上、4頭の馬連BOX買いで。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの本命はトーセンビクトリー、以下買い目とするのはクロコスミア、アドマイヤリード、デニムアンドルビー。以上、4頭の馬連BOX買い。

桜花賞の本命はソウルスターリング、さすがに昨年のように圧倒的人気馬が飛ぶシーンがイメージできなかった。昨年はうまくいったが今年は軸として仕方ない。以下、買い目の3頭。まずはゴールドケープ、前走では出遅れながらも後方大外強襲には驚かされた。スタートが悪くなければ、またポジションが取れれば世代上位の実力は証明できるだろう。条件戦だが道悪で勝利している戦歴は評価を底上げしていい。速い上がりの末脚を持っていることは間違いなく、本番で馬場が湿れば期待は膨らむ。次にライジングリーズン、絶対的本命が関東馬だがこちらの関東馬も気になる一頭。そりゃデビュー以来1600mだけを使って、近走はOPレベルで2連勝とくればかなり面白い存在といえよう。関東馬同士の決着っていうのもあれだが、縦目で決まれば歯ごたえのある馬券になりそう。最後にリスグラシュー、本命馬と比較すれば力は一枚落ちる感は否めないが、それでも乗り方次第ではなんとかなりそう。本当に本当の末脚だけに賭ける乗り方か、一発勝負の大逃げか、極端な乗り方なら妙味ありか。一枚落ちるといえども、他の馬と比べれば十分強者の部類に入るわけで、復活武豊が幸運に恵まれれば驚くような勝ち方をするかもしれない。なので押さえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »