« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ

最近の予想も不調だが、今は体調不良となり鼻風邪と喉痛で苦しんでいる。長文は書けず、簡潔に行く。まずはラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスから。本命はタイムフライヤー、前走OPでの快勝は悪くなかった。手綱をとったCデムーロがそのまま乗れるのは心強い。ここもスキ無しの見解。対抗にはマイハートビート、やはり前走OPでの勝ち方がよかった。速い上がりとともに同条件での好タイムに注視。3番手評価にグレイル、同コースでの新馬戦の内容が良く圧巻。道悪をこなせていたので馬力を再評価。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

京阪杯の本命はソルヴェイグ、まぁ仕方ないよね。夏から秋にかけての走りが充実している。他言無用の買い目。以下、買い目の3頭。まずはナリタスターワン、ダートを走った後にやや迷走しており、手綱の合う騎手を模索していた感じで前走ようやくテン乗りの幸でレースの型にハマった。連続して手綱を取るわけで、決してフロック視出来ない。次にアットザシーサイド、昆厩舎の馬にも乗れたのにわざわざこちらをチョイスした四位に賭けておく。若い牝馬のほうが斤量的にも好走しそうな気配。最後にセイウンコウセイ、松田へと乗り替わってしまったが今年のスプリントGⅠを勝っている馬だけに軽視できない。そもそもその後の重賞ではカンカン泣きしたっぽいようにも感じる。久々に56㎏で乗れるここは再度評価してもいいだろう。

ジャパンカップの予想に入る。普通に考えれば6冠キタサンブラックのレースだと思う。ただし今回は食指が動かない。ジャパンカップ連覇というハードルと武豊のメンタル部分の現状が気に入らない。もしもこの馬を買うとするなら併せて同枠のギニョールを押さえることになる。2帽2頭の先行抜け出しのジャパンカップといえば世界レコードで決まった芦毛の2頭が思い出される。だが今回はギニョールが大きく逃げると思うし、そもそも6冠馬へのマークが徹底されるだけに、そうなれば必然的に後方からの差し追い込みの展開が有利に働くと見解。本命はイキートス、やっぱり外国馬買うのかと思われそうだが、昨年の末脚はあわやの雰囲気を出していた。内で抜け出せれば勝ち負けある。鞍上のポルクが謎めいているが、この馬との相性が良くここで乗る意味は充分理解できる。以下、買い目の3頭。まずはレインボーライン、後ろから来る馬で非常に怖い存在である。復調ぎみの岩田もこのレースには相性が良い。そもそも菊花賞、宝塚記念と天皇賞秋ではかなり上位で強さを示したわけで、軽視する内容か皆無。ここは充分馬券圏内。次にソウルスターリング、3歳馬が強い強いと言われつつダービー馬への注目が高いのは分かっている。が、この馬もオークスを勝っている。勝ちタイムがかなり良かったしその時よりも軽い53㎏で乗れるのは大きすぎるアドバンテージだろう。3歳馬で買うべき馬はこちらで間違いないと思う。最後にサトノクラウン、結局はMデムーロかとなってしまう。ただし、前走のラストは本物の走り。調子と道悪の幸運が勝ち馬のほうにあっただけで、この馬の強さは曇らない。多く語る必要もなく馬券として押さえるべく普通に買う。先行して力負けするより、中段から末脚勝負で完勝する可能性は高い。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スポーツ杯2歳S マイルCS

完全に暗黒期に入ってしまっている。色々と策を練りながら大きなところを取れるよう再度引き締めていきたい。今週は2重賞。まずは東京スポーツ杯2歳ステークスから。本命はルーカス、強い馬が1頭いるがやはりここは関東馬を軸でいきたい。うってつけなのがこの馬。新馬戦からの間は空いたものの2戦目で重賞出走を見据えたローテーといえよう。クラシックまでは追いかけたい。無論、今回はムーアの手綱ということもあって他の馬の鞍上とはひと味もふた味も違うだろう。対抗馬としてコスモイグナーツ、前走の不良馬場の1戦。特殊なコース取りの有利さもあったにせよ、かなり強い相手らを負かしている。逃げ一辺倒の戦術ながら下手な追い技術を使わないだけに鞍上の柴田大知でも残せるとの見解。1枠に入ったことで同条件で再現ありか。この出走数ならこの2頭の馬連1点。

マイルチャンピオンシップだがメンバーも騎手も面白くなっている。先週のミルコ・デムーロのGⅠ優勝からみても、とにかく外国人、デムルメ買ってりゃイイみたいな風潮もあり、小生としてはちょっとどうかな的な部分も感じる。そりゃ平均より技術は上手いほうだとしても、そこまで勝つかというくらい勝ちすぎ。馬の質とかヤネの技術とかいうより、レースでの有利さと考えている。要は誰も邪魔しないのである。前にも書いたことがあるが、この2人にはあまりにも楽にレースをさせすぎ。恐らくそういう指令というか圧力というかそんなものがあるかのような外国人騎手の優遇さ。勝負どころや直線でも誰も外からフタをしないし、内にシメていかない。楽に前や内を開けてやっている。2人がそういう位置にいないから上手いという意見もあろうが、それを踏まえても日本人騎手らはもう少し彼らに厳しく当たってもいいだろうと思ってしまう。逆を言えばこれだけ楽にコースを走れるアドバンテージは大きく、そりゃ重賞勝つなんて訳ないくらいの有利さを手に入れているわけで、このへんがデムルメが来る要因だととらえている。かつて四位がGⅠで自分が内に閉じ込めていた人気馬の進路をパカッと開けた若手に、そんな乗り方してるやつはGⅠに乗る資格はないぞと怒鳴りつけたこともあったがそれが正解である。書くと長くなるのでそろそろ予想本題へ進む。本命はエアスピネル、紆余曲折のあった超注目の一頭をチョイスした。乗り替わりが無くてもたぶん本命に据えたと思う。で、ムーアの手綱となったことで恐らく確信できる内容となった。これは単純にムーアが良い騎手とか外国人騎手への憂慮とかではなく、昨年のこのレースの優勝騎手だからである。乗っていた馬の違いはあれどお鉢が回ってきたこの馬の能力は決して低くない。ここでも十分勝負になるだけに、ムーアは昨年とまったく同じ乗り方でくると思うし恐らく陣営からもそういうオーダーが出ているはずである。リプレイを見るかのような堂々の勝ちっぷりを期待。以下、買い目の3頭。まずはガリバルディ、本命視した馬は別格としてその他は追込勢の中から注視しておきたい。先週は後ろに下げて失敗した岩田だが、今週こそは後方待機策がハマると信じる。なかなか根拠が見出せない中、前走で岩田に替わってどうかなと思っていたがあまりの馬場の悪さに評価しようがなく、追込脚質で狙えるというだけでここで推す。あの藤原厩舎が今年は重賞で勝っていない。厩舎力を総合してもここで一発出せる陣営だと思う。次にレッドファルクス、普通に考えれば買わない手はない馬である。この1年間の国内重賞歴を見て馬券を外す理由がないわけで、出走メンバーの中でも最上位のGⅠ馬。恐らく懸念はMからCへ替わったヤネの評価と距離だけだろう。何度も言っているがCデムーロは相当に良い。ここでは結局マイルの距離不安だけが課題となり、そこで脚を溜める追込策が出てくる。安田記念では大外へ持ち出すロスをしながらも3着に来た。上位とは紙一重の差で、抜き去るだけの余力はあったと見る。充分戦える。最後にヤングマンパワー、再三再四買い目として推している馬。マイルで本当に勝てる力があるだけに近走の足踏みは歯がゆい限り。先行策も中段待機策も自在性があり、近走では先行でソコソコのレースを繰り返した。ここでは差し脚期待の後方からの勝負をしてほしいところ。石橋もそろそろこの馬での結果が求められるだけに極端な策を考えていてもおかしくない。もう一度1600m重賞で期待をかけたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

武蔵野S 京都JS デイリー杯2歳S 福島記念 エリザベス女王杯

昨年もそうだが、今週の5重賞は予想が大変である。全ては書ききれないのでかいつまんで記す。東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスから。本命はゴールデンバローズ、GⅠよりもむしろこちらに乗りにきたんじゃないかと思うほどムーアが乗っているいわばお手馬。新馬からムーアですからね。なかなかオイシイところか。以下、買い目の3頭。まずはクインズサターン、日曜GⅠでムーアに乗り替わってしまった悔しさはここで晴らすと誓う鞍上の北村宏はひと味違う。次にピオネロ、勝ち切れない印象が強い馬だがダート1600m初体験となる。距離短縮で見直しとともに、前々から言っている通りシュミノーの上手さに賭ける。初重賞勝ちも視野に入れご祝儀馬券期待。最後にラストダンサー、東京経験値の高さとヤネ田辺の信憑性を買う。まさかの一頭はコレと見る。以上、4頭の馬連BOX買い。

京都ジャンプステークスの本命はメイショウアラワシ、森の手綱なら妙味有。相手にはスズカプレストミヤジタイガの2頭をチョイス。以上、3頭の馬連BOX買いで。

デイリー杯2歳ステークスの本命はフロンティア、重賞勝ち馬なので当然の評価で仕方ない。対抗にはジャンダルム、唯一のマル外のズバリ買い時か。アッゼニが不安だが初重賞勝ちするならココっぽい。3番手評価にヒシコスマー、このレースに勝ち馬を出しまくった父ブラックタイドから単純に期待をかけてみる。以上、3頭の馬連BOX買いで。

福島記念の本命はマイネルミラノ、この馬は重い斤量で本当によく走る。福島なら丹内の先行策で再度注意か。以下、買い目の3頭。まずはプリメラアスール、斤量52が魅力。最内から逃げてそのまま。次にマイネルスフェーン、ラフィアンの勝負服が多い中、この馬も要チェックか。53㎏の3歳馬、津村がマイネルの勝負服でどこまで来れるかがカギ。最後にマサハヤドリーム、他にも乗れたはずなのに秋山がこちらに乗ってきた。テン乗りだが連対してきそうな雰囲気は持っている。押さえておく感じ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

エリザベス女王杯はかなり手応えのあるメンバーとなっている。武豊が回避したというイレギュラーもあるが、騎手の乗り替わりに関しては色々と面白い。単純な序列やパズルというわけではないが本命はクイーンズリング、侮ることなかれ連覇を狙える前年覇者。ヤネはCデムーロである。相当に警戒していい。来日以来、毎週言っているがこちらのデムーロの腕は相当にレベルが高いわけで、GⅢもGⅡもアッという間に勝ってしまった。今週はGⅠ、普通にありえる話。わかりやすく言おう、出遅れないデムーロが乗っていると思えばおのずと買える馬券。以下、買い目の3頭。まずはディアドラ、評価し続けてきただけに本来はオークスをあの時勝っていれば個人的には怪物級だと思っている。前走はルメールでGⅠしているがもともとは岩田のお手馬。本来の乗り方ができれば勝ち負け必至。3歳馬の中ではこの馬一頭だけが気になった。次にミッキークイーン、多数の実力馬が出走してきた5歳牝馬の中で、世代女王になったのはこの馬である。古馬王道GⅠでも引けを取っておらず、鉄砲にも強いならここでは上位評価するしかない。最後にリスグラシュー、安定性からこの馬をチョイス。本来なら武豊に乗ってもらいたかったところだろうが、乗り替わった福永が面白い。どうしても負けたくない馬がいるわけで、がむしゃらに追ってくれば思いがけない好走があるかもしれん。2着は充分に考えられる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ファンタジーS 京王杯2歳S AR共和国杯 みやこS

変則3日開催、怒涛の4重賞。簡潔に行く。KBS京都賞ファンタジーステークスから。前走で京都コース好走組をチョイス。本命はスズカフェラリー、馬名の由来は冠と跳ね馬かと思ったら油断した、フェラリーでやんの。さておき大井のJBCクラシックと開催が被るため福永からシュタルケの手綱となった。これは鞍上強化ととらえる。前走は人気なのにスタートで負けからラストのインまで終始失敗騎乗で、ここは普通に乗れば普通に勝てると思う。対抗にはアーデルワイゼ、こちらもルメール不在で荻野極である。実は結構期待してもいい若手有望株に成長中。京都での騎乗ならある程度評価しておきたい。早めに仕掛けても伸びるのは遅めなのでちょうどよかろう。3番手評価にベルーガ、これはもうCデムーロの手腕に期待。前走ヤネのモレイラに劣らずの技術を持っているので安心感がハンパない。先週もいきなり重賞を勝っている。馬というよりは騎手で買いの一頭。13頭立てなので買い目を絞っての以上、3頭の馬連BOX買い。

京王杯2歳ステークスの本命はタイセイプライド、デムーロで1番人気で連勝後、3連続左回りは勝利の方程式か。目に付いたのが母父のエルハーブ、こいつの英ダービーをリアルで見てただけに、あの豪脚というか黄金のロケット末脚を継承する馬かと思うとそれだけでゾクゾクするわけで、来年のクラシックまで期待できると思う。対抗にはピースユニヴァース、血統的には地味だがそこがまたいい。尾形厩舎としては唯一の重賞勝ちがこのレースという部分がまた買いたくなる要素でもある。そろそろ内田にも目覚めてほしいが、前日にJBCなんかを勝ってたりするとここも盤石っぽい。3番手評価にタワーオブロンドン、藤沢厩舎のルメール配置。問答無用の買い目で仕方なし。以上、少頭数なので3頭の馬連BOX買い。

アルゼンチン共和国杯は枠順確定前なのでそれを踏まえての予想。本命はアルバート、例年このレースでの注目馬となるがぼちぼち本格化と考えたい。長距離おまかせ馬ともいえる。で、またシュタルケかと思ってしまうが堀厩舎なのでここも仕方ないの範疇。トップハンデだが初めての端数となる58.5㎏は個人的に『例の方法』としての買い目入り。ハンデ戦での端数斤量は結構来る。以下、買い目の3頭。まずはプレストウィック、またこの馬を買うと思うとやや恥ずかしい感じもあるが、とにかく東京では馬場が合う。で、こちらはシュミノーだし、外国人のイレギュラー組のワンツー予想でこれまた少し赤面するわ。まぁ普通に強いと思うよ。次にソールインパクト、惜しいレースも多いが軽ハンデ期待で一気にGⅡへ出てきた。斤量53はナメられたか。好走必至。最後にハッピーモーメント、去年暮れから今年にかけて走った東京での戦績がわるくなかった。コース適性を期待し、尚且つ津村との相性の良さで穴っぽい雰囲気をひっくるめて押さえたい。以上、4頭の馬連BOX買いで。

みやこステークスの本命はキングズガード、まぁ強い部類ですな。滅多にない藤岡祐の重賞勝ちチャンスはこの馬でくらいしか考えられないわけで、GⅢなら中心で考えてもおかしくない。以下、買い目の3頭。まずはテイエムジンソク、この夏にこれほど強さを印象付けた馬もそういない。馬の力はもとより注視したいのはこの安定した戦績に見合わないというかマジかと思える竹之下からの古川という超地味さ。これほど上手な馬と鞍上との調整はここ近年では珍しいと思う。木原厩舎の凄いところだわ。応援の意味も含めて対抗評価。次にタガノヴェリテ、またまた荻野極の馬のチョイス。まぁ馬場の状態もあるだろうが前走京都1800mダートでの上がり35.9はちょっと特筆事項と見る。-1㎏斤量減で乗れるここは買い。最後にトップディーヴォ、昆厩舎が横山典を3戦連続固定してきた。たぶん前走がそれなりに手応えがあったのだろう。距離を得意の1800mに戻してのここなら変わり身あっていい。馬は当然頑張っていると思う。一発期待。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »