« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

中山記念 阪急杯

今週は2重賞。中山記念から。言ってしまえばGⅠ馬3頭を買えば済むだろう。しかしそれではまったく予想にならないし配当や競馬そのものの面白さに欠ける。こんな前置きはなくともハナからこの3頭は買わない方針ではある。個人的にはここは勝負レースなのでずいぶん予想に時間を割いた。捻り出した本命はマイネルハニー、先行する脚質が実にブレない印象。買い時をしっかり把握できればオイシイ馬券が狙える。今回は実績上位馬のGⅠ馬にオッズが偏ると推測され、ここは買いどき勝負どき。この中山開催、いきなりAコースなのだが、まあ内の馬場の荒れ具合が酷い。これでは内に付けたら死んだも同然で、先行策なら内から1頭分開けた良いところを走れる。追い込み馬は外に回せば更に大きく外を回ることになるし、誘われて内を突けばそれこそジエンドとなるだろう。もうそういう展開しか見えないのでこれでいく。流れとしても3歳時にスプリングSで2着した後、昨年暮れに久しぶりに中山1800mのOPを叩き、しっかり1着している。このあたりのピンポイントの距離適性は重要視している。逃げ馬マークでも余力充分なのはこちらだろう、柴田大知に期待したい。対抗にはウインブライト、やはり中山適性とでもいっておこう。金杯2着は悪くなかった。こちらも言うなれば3歳時にスプリングSを勝っているだけに本当にアテになる。この距離なら重賞でもまったく侮れない。番手に付け、直線で追い込み馬を待ってから追い出しても止まらないと思える。3番手評価にはマイネルサージュ、ずっと長いところを使われてきており重賞で結果が出なかった。2年ぶりに2000mを走った前走はゴール前詰めて3着している。中距離で見直しは必然で一発警戒の期待値が高い。ラストは馬場の中央に出して本命と併せてマイネルのワンツーを狙いたい。10頭立て、以上の3頭で馬連BOXを厚く勝負。

阪急杯の本命はディバインコード、この距離で好走は続くもののピリッとしない。そこで岩田への乗り替わりが吉と出ると予測。強引に持ってくるくらいの乗り方で一変アリか。以下、買い目の3頭。まずはモズアスコット、まぁ人気になるっぽいところだがルメールで信頼度が高め。特筆事項は他にない。次にモーニン、もう一頭のマル外。ずっとダートを走り続けていたが前走でこの条件を使ったところ芝でも案外走ったわけで、道中の位置取りさえ間違わなければ今回も好走可能と見る。中段から前でいいと思う。ノーマークならば大きく期待したい。最後にコロマンデル、こちらもダート馬だがデビュー戦以来の芝への出走。ちょっと警戒しておきたいのは短距離で定評のある安田隆行厩舎の思惑がどこにあるかだ。何かしらの勝算ありきなのか正直よく分からないが、イメージ的には初芝の馬を注意するのと同じような感覚としか言いようがないな。まったくの未知数の末脚を使うかもしれないので楽しみにしておく。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンドS 京都牝馬S 小倉大賞典 フェブラリーS

今週は4重賞、GⅠもある。ちょっと忙しい週末なので短評のみ。ダイヤモンドステークスの予想。本命はリッジマン、前走OP2着を評価。斤量52はお手頃。以下買い目の3頭。ソールインパクト、2走前の東京コース、スワーヴィリチャードに喰らいついたラストが良かった。リッチーリッチー、テン乗り内田の手綱で変わり身期待。マル外は一応押さえる。グランアルマダ、スタートさえ決まればハナを取ってのレースメイキングが可能。逃げれる馬だけに一応押さえる。以上、4頭の馬連BOX買い。

京都牝馬ステークスの予想。本命はミスパンテール、前走の重賞勝ちの内容評価。昆厩舎に乗る横山典で悪くない。対抗にエンジェルフェイス、マイル以下の距離で評価したい馬。岩田が持ってくること必至。3番手評価にワンスインナムーン、石橋に戻る今回は勝負気配アリか。インからのハナ主張で面白味に食指が動く。以上、3頭の馬連BOX買い。

小倉大賞典の予想。本命はスズカデヴィアス、距離はもう少し欲しいところだが56.5の負担重量には恵まれたか。必勝パターンの先行押し切りでハマる可能性は高い。以下、買い目の3頭。トリオンフ、とにかく近走がすこぶる良く、レースで勝ち負けできる癖がついている。4歳せん馬の54㎏で期待したい。サトノアリシア、快勝した前走よりさらに-2㎏の負担重量51で乗れる牝馬とくれば頼りたい。鞍上が地元の川須となれば応援補正で評価底上げ。ストレンジクォーク、完全に付け足した感のある目。まぁ小島太厩舎&柴山というあたりで思わぬ食い込み期待。以上、4頭の馬連BOX買い。

フェブラリーステークスの本命はゴールドドリーム、絶対的本命視。マイルCSでも書いたと思うが、ここはムーアが前走と同じ乗り方をするだけでいい。楽に勝てるレースか。以下、買い目の3頭。まずはケイティブレイブ、展開を予想するにあまり逃げてほしくないところ。どうせなら極端な戦法を期待。逃げるなら大逃げ、控えるなら最後方、こんな感じで勝ち負けに絡める次にノンコノユメ、前走で完全に評価を見直した。去勢と内田の手綱が良い影響となったか。追い込み馬が届く展開と見ているのでやはり馬券としたい。最後にニシケンモノノフ、前走の期待外れは残念感しか残らなかったがダートに戻れば再評価。横山典の後方強襲ならばお手の物だろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

共同通信杯 京都記念 クイーンC

今週は3日開催で3重賞。オリンピックも始まりあまり時間がないので短評と買い目を簡潔に。本命はグレイル、普通に考えて外せない馬としての筆頭。別定57の斤量負担はあるもののこの頭数で外に入っているなら悪くない。東京コースでの適応力が課題と思うが鞍上が武豊なら不安は少ないほうであろう。今年は重賞でもコンスタントに勝っており、好調さに乗っかる。対抗にはエイムアンドエイト、前走の重賞ではややかかり気味にも見えたがとにかく走らなかった。内の位置取りも悪かった感じ。今回はなんとミナリクへの乗り替わりとなる。二ノ宮厩舎が謎外国人ジョッキーを乗せてきたときには思わぬ御祝儀的好走の可能性もある。評価して押さえる。3番手評価にゴーフォザサミット、藤沢厩舎が田辺を起用。たぶんお任せ指示になるだろうし、そうなると東京での田辺は怖い。直感的に絡むと結論。少頭数なので本命を軸に2頭に流したいが、タテ目がきたら悔しすぎるのでいつものように3頭の馬連BOX買いを厚めに。

京都記念の本命はクロコスミア、この馬は岩田が乗ると本当に能力を発揮する。前走GⅠの時より-2㎏減で臨めるここは勝ち負け必至か。前に付けてマイペースで競馬が出来れば確勝級。対抗にはモズカッチャン、結果的にエリザベス女王杯の1着2着馬を買う流れとなった。まぁ鞍上がデムーロで前走同コースのGⅠ勝ちをしていれば仕方なしか。3番手評価にクリンチャー、道悪で強しの見解。当日、馬場が荒れれば2着くらいには突っ込んでくるかもしれん。後方からの展開頼みの乗り方になろうが、まぁ位置取りはどこでも対応可能だろう。よっぽど藤岡がヘグらなけれ期待していい。こちらも少頭数なので目を絞って以上、3頭の馬連BOX買いで。

デイリー杯クイーンカップは枠順不明の為、詳細まで詰めてはいないがとりあえず本命視するのはソシアルクラブから。相手3頭にマウレア、ロフティフレーズ、アルーシャまで。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京新聞杯 きさらぎ賞

先週はあの展開やスタートの遅れなんかを予見できず、己の予想もまだまだだなと痛感し自己嫌悪の一週間であった。集中して今週に臨む。東京新聞杯、珍しく良いメンツが揃った。手応えのあるレースになりそうで楽しみである。その中で牝馬に注目した。東京の1600mは牝馬がよく走る印象が強い。そこで本命はデンコウアンジュ、これはもうドンピシャの条件でのレースといえる。東京コースでマイル戦なら期待値は高いし適性も評価していい。次にこの条件で出てくれば買いたいと思っていたがようやく合致した、またとない買い時だ。Dコースを使用の今開催、あまり外が伸びるように感じられないので内枠に入ったのは好都合か。ラストは内からの差し切りが決まる。あの時は外だったが2歳アルテミスSの再現だ。以下、買い目の3頭。まずはアドマイヤリード、まぁ普通に同条件のGⅠを勝っているのは強み。その馬が藤岡康太に回ってきたのはどうとらえるべきか。その鞍上は10年続いていた重賞勝ちも昨年途切れた。唯一のGⅠ勝ちが東京1600mで、内枠から先行し番手につけての直線抜け出しだったわけで、今回もその内容が被ってくる。これまでの一流の鞍上とは違い、後方から追ってのパターンは苦しかろう。せっかくの内枠、藤岡康なら先行策で勝負になるはず。次にリスグラシュー、牝馬を押さえると言いつつこの馬を抜け目にすると後味が悪い。半ば惰性で買う目であることは否定しないが、勝ち切れるまでのイメージが湧かない。牝馬同士で2着に入ればしめたものか。こちらは一昨年のアルテミスSを勝っているし、そもそもマイルの距離では悪くない。ジリ脚なので内を先行してくれれば望アリか。最後にハクサンルドルフ、重賞でそれなりに走ると思っていたがなかなか出てこなかった。ようやくこの舞台。戸崎の手綱で捌ければいきなり抜け出してきそうな予感。以上、4頭の馬連BOX買いで。

きさらぎ賞、ズバリ本命は唯一の関東馬であるグローリーヴェイズ、デムーロだからと言ってしまえば楽。コース相性の良いディープインパクト産駒で2戦以上走っていて前走1600mからと言えば更に楽に絞れてしまった。というか他に言いようがないのが正直なところ。まぁわざわざここに出てくる関東馬は能力的に相当強いのが常。今年のシルクの勝負服は要注意。対抗にはカツジ、前述と同様の評価。尚且つ2歳重賞で連対実績は買いの部類。買わない理由がなかった。少頭数の3歳限定戦、この馬連1点で勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »