« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

ダービー卿CT 大阪杯 ドバイWC他

気分的にはかなりヘコんでいる。先週ほどガックリとした競馬も久々であった。珍しくルメールやデムーロの馬を本命に据えながらも、それがあの展開となり気持ちが切れた。あの流れをも予見できなかった自身がいけないのだが、それにしても2頭とも勝ちにいく競馬になっていなかったことがショックだったというわけだ。気を取り戻して今週に臨む。土曜のダービー卿チャレンジトロフィーから。本命はミュゼエイリアン、ミナリクが前走で見せた騎乗は見事だった。中山1600mはこうやって逃げ切るんだとばかりに絶妙なペース、インベタ、ラスト二の脚の使い方。ゴール前の左ムチなんて独特なテンポで馬をひと伸びさせていた。あれの再現でいい。ミナリクの初重賞勝ちはここしかないだろう。今回の相手なら難しくはないはず。以下、買い目の3頭。まずはグレーターロンドン、ようやく田辺を背にマイル戦に挑むチャンスがきた。本領発揮ということになろうかと思う。元々末脚が爆発的に切れると評価していた馬。後方待機策が最高に能力を引き出せるわけで、田辺だけがその要領を得ているし、マイルに関しては距離適性は高いと思う。56.5kgの半端な斤量は狙い目。ここは勝ち負けのレース。次にゴールドサーベラス、地味な6歳馬がようやく初重賞に出てきた。遅咲きという見かたもあるが、申し訳ないけどこれまでの鞍上が一枚も二枚も格落ちの騎手であったことは否めないので結果が出なかったのは必然と言えよう。そこで柴山の手綱となり、付け加えて中山に特化した柴山なら信頼度は高い。中山1600mを3戦連続で上々の走りを見せたこの馬は初重賞でもドンピシャでハマる可能性が見え、ここなら期待できる。最後にソルヴェイグ、関西馬ならこの馬を選ぶ。唯一の牝馬が55.5kgの斤量。三浦への乗り替わりは悪くない。要は距離克服が唯一のハードル、先行して抜かせない勝負根性がそこをカバーしてくれればここでも面白い。重賞では人気が無い時ほど好走する珍妙な馬、この勝負服も今ではお馴染みになりつつあるし、ここでも上位食い込みは有り得る。以上、4頭の馬連BOX買いで。

大阪杯の本命はアルアイン、粒の揃った4歳世代ならこの皐月賞馬を注視する。2000mなら相当に強い競馬ができるはずで、前走ではラストに怯みがあったがこの距離なら頂点に立てる。人気になるのも仕方なしと見る。以下、買い目の3頭。まずはペルシアンナイト、前走はスタートの遅れが全てであったと思う。位置取りは後ろでもいいが、スタートはすんなり出たいところ。末脚に賭ける乗り方で直線勝負してほしい。GⅠ馬だし侮ることなかれ。次にスワーヴリチャード、持ってる能力は現役最高峰と見ていい。3番手評価になった理由は、右回り、中距離、デムーロのムラといったところか。終いが伸びるだけに外枠でも気にならず買い目とする。最後にスマートレイアー、迷った末に8歳牝馬のこの馬をチョイス。休み明けのほうが買いやすいというか狙い目と感じる。阪神内回りならこの馬の先行からのイン抜け出しの一点を期待。コース適性だけで考えると買い目から外すのが怖いくらいだ。テン乗りの四位でどれだけやれるかがカギ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

今週はドバイワールドカップがある。4レースの本命だけ挙げてみる。

ドバイゴールデンシャヒーン
マインドユアビスケッツ

ドバイターフ
モナークスグレン

ドバイシーマクラシック
モズカッチャン

ドバイワールドカップ
フォーエバーアンブライドルド

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日経賞 毎日杯 マーチS 高松宮記念 

年度末で多忙だが今週は4重賞。GⅠもあり楽しんで予想したい。多いので買い目と短評で土曜の日経賞から。本命はキセキ、菊花賞馬だがデムーロからルメールへの乗り替わりが妙味。いわゆる海外遠征で無駄な一走はしたものの恐らく不適合であったろう内容。黙って暮れのグランプリにでも出ていれば考察はし易かったと思うが普通に考えれば国内戦で実力上位は間違いない。かつては菊花賞馬にフロック無しという言葉があったくらいだし、国内古馬初戦は確実視すべき。以下、買い目の3頭。まずはソールインパクト、ややズブいイメージもあるが勝負できる脚は秘めている。昨秋のGⅡではスワーブリチャードに粘り喰らいついた底力を見せておりこの距離では安易に切れない。鞍上の福永がペースさえ間違わなければ前を捉えられるくらいにラストは伸びるかもしれん。次にゼーヴィント、昨年は2走してからの怪我休み明け。直前までは無類の強さを見せていたし、明けでもここは買う。この馬で重賞で強い時の戸崎を取り戻すきっかけになりそうで、今後の鞍上の見極めに使える一戦か。最後にロードヴァンドール、ベテラン横山典の手綱というだけでこのレースは期待できる。それよりも逃げの戦術をとれる1頭だけにそちらにより期待を寄せるべきだろう。単騎になれば面白いに留める。以上、4頭の馬連BOX買い。

毎日杯の本命はユーキャンスマイル、友道厩舎の馬ながらこの勝負服で新馬から手綱を取り続ける武豊がピタリとマッチしている。明らかにここでは勝ち負けのパターン。少頭数ですんなり流れると思う。対抗にはインディチャンプ、前走で岩田を据えた結果、最後方からの追い込みで33秒台の鬼脚を見せた。まだ余裕のある追い出しだっただけに、本気で追えば更なる加速も有り得る。引き続き岩田に託したここは買いだ。ヤネも復調気配があり絶好の場となる。3番手評価にシャルドネゴールド、前走を阪神で500万を快勝しているのが評価できる。レース間はやや空いたが程よい休養のレベル。川田がそこそこ乗れているだけにここも押さえに入れる。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

マーチステークスの本命はセンチュリオン、幸に乗り替わってしまったが、近3走の中山での走りが非常に目を引いた。レースを見る限りは普通に買えると見解。難しく考える必要はまったくない。以下、買い目の3頭。まずはブレスアロット、中山で条件戦をポンポンと勝ち上がった後、OPで躓いた。そこで2戦、ヤネとちぐはぐなレースをしてしまったが本来の強さが無くなったわけではない。単にちょっとしたことが噛合わなかっただけだ。今回それを一掃すべく丹内に乗り替わった挙句、53kgという軽ハンデで臨める。人気を落としての一発の可能性は高い。次にロンドンタウン、斤量が半端な時には何故か買いたくなるというハンデ戦。この馬はGⅠを使い過ぎた感もあり、一旦このあたりで走らせるのがよかろう。松岡に乗り替わっての変わり身期待。最後にメイショウウタゲ、手合いの良い内田へ手綱が戻った。ここは買いの一手。メイショウの馬は人気薄で案外穴を開けに来るというイメージが強く、そうなって欲しいという願望込み。以上、4頭の馬連BOX買いで。

高松宮記念の本命はレッドファルクス、いよいよというかここで堂々の本線評価。まぁよほどのことが無い限りコケないと思う。能力が高すぎる故にマイルまでの距離を試したりしていたが1200mならまず間違いなく末脚が爆発する。内に閉じ込めらなければ勝てる以外の想像がつかなかった。以下、買い目の3頭。まずはブリザード、昨年のGⅠでは推した馬だが運に恵まれなかった傾向である。持ってる力はここでも勝負になるだけに、ホント日本馬たちもう少しお手柔らかにと願う。中京コースへの適性だけが未知数だった。芝で追い切るあたりは対応に苦慮していると思う。馬群で揉まれなければラストは力を発揮できるんだがなぁ。唯一のカク外、今度こそ頼むぞ。次にキングハート、前走で期待した通りの走りを見せてくれた。人気薄での快走だけにフロック視されればここでもオイシイ。2着にくらいならギリギリ絡んでくる感じ。北村宏で馬が覚醒しかけている、能力開花を望む。最後にネロ、同じ勝負服と比較しても買うのはこちらとなる。食指が動く理由は鞍上のミナリク。前走では思った以上に粘ってみせた。たぶんそこまで前を主張しなくても充分戦えると思う。ここでようやくミナリクへ御祝儀が転がり込む頃合いか。油断してると出し抜かれそうな一頭である。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フラワーC ファルコンS スプリングS 阪神大賞典

重賞の馬券で迷走中、ガツッとした馬券を詰めを誤って逃している。修正に修正を重ね、とにかく馬券は買い続けて博打の流れを様子見中。今週は4重賞、さてどう目が出るか。まずはフラワーカップから。本命はトーセンブレス、デビューで手綱を取った柴田善が乗るときには好走の印象。追い込みに特化している走りはやや展開に頼るところだが、逆に距離延長を克服しやすい条件だと思える。対抗にはノームコア、出走馬の中で唯一無敗と言えばいいだろうか、とにかく2連勝してからレース間を空けてきた。馬体プラスならば一目置きたいところ。ただ鞍上の北村宏がそこまでポンポン重賞を勝つようには考え難く、そこの判断が微妙。来たならばヤネはもの凄い好調の波に乗っているとして以後も評価していきたい。3番手評価はインヴィジブルワン、前走ダートの牝馬未勝利戦。どこからどう見ても来そうにないところだが、人気してキッチリ走る馬だけにここでも軽視できず。乗り替わりとなった三浦なんて穴っぽくて狙い目であろう。少頭数ならばここまで。以上、3頭の馬連BOX買い。あえて外国人ジョッキーを軽視してここは勝負していきたい。

中日スポーツ賞ファルコンステークスの本命はテンクウ、重賞でも力のあるところを見せてきている。前走のOPは評価できる勝ち方。関東馬だが騎乗する田辺が勝ちパターンを手に入れているならばここは安泰。距離短縮に上手く対応してほしい。以下、買い目の3頭。まずはムスコローソ、そこそこ力のある朝日杯組が数頭出ている中で、この馬だけがひと叩きしてレース間隔を詰めている。これは大きい。こちらも関東馬だが評価は高め。いつものようにローカルGⅢくらいならば津村の相性は悪くないとの見解。次にドラグーンシチー、あえて藤岡康にスポットを当てる。ここのところイイ馬に乗りながらもなかなか結果良好とはいかず消化不良だ。中京では乗れている方だと思うし、今回の乗り替わりは吉と見る。再度期待しての買い目。最後にエールショー、大外後方から直線一気を狙える。末脚が切れるだけに大外枠に入ったのは好都合。1400mだけを徹底して使ってきていることで距離適性には期待したい。人気薄なら複勝とか買っても面白いか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

フジテレビ賞スプリングステークスの本命はマイネルファンロン、なかなか波が荒く買い時が難しい柴田大をチョイスしてみる。500万を2つ走って3着2着。おぉ安定しているではないか。先行抜け出しのパターンのみという戦術の幅は狭いがそこに特化してくれば大波を掴める。頼むから今度は出遅れないでもらいたい、それだけだ。以下、買い目の3頭。まずはエポカドーロ、今年の開幕では異次元の騎乗を見せて以来その後低迷し喘いでいる戸崎だが、そろそろ変わり目が来てもいい頃。馬としても関東へ出てきての未知数な部分を戸崎の腕で補う、そんなイメージがピッタリとハマる。逃げ馬マークでもいいし控えて溜めてもいいだろう。次にレノヴァール、前走しっかり中山1800mで快勝。で、乗り替わりが北村友かぁ、となるところだが、先週は重賞勝ちもしており今年は勝ち鞍も多い。案外ひと皮むけた騎乗が出来そうでもある。2着くらいなら来てもおかしくない。最後にステルヴィオ、これはもう仕方ないのひと言か。他言無用の押さえ中の押さえ。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪神大賞典の本命はクリンチャー、散々悩んだしゼロか100かみたいな感じしか残らなかった。最終的には素直に武豊の手腕を評価したい。この条件なら買いの結論で。対抗にアルバート、前走比較して鞍上弱化ともささやかれているが、とにもかくにも重賞を勝ってのここ。レースあくまでも2着狙いの対抗評価。3番手にサトノクロニクル、こちらも元気な4歳馬として考慮した。昨年3歳時には古馬を抑えて重賞勝ちしているのは底力ありの証。2着食い込みの可能性まで。大して珍しい見解も無いので言葉少なく買い目も絞る。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪神SJ 中山牝馬S フィリーズレビュー 金鯱賞

今週はまったく時間外なく、申し訳ないが買い目だけ。障害戦も含み4重賞もあり楽しみな週末であることは間違いない。阪神スプリングジャンプの予想から。本命はルペールノエル、対抗にシンキングダンサー、3番手評価はグッドスカイ。以上、3頭の馬連BOX。

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスの本命はキンショーユキヒメ、相手3頭にシャルール、ワンブレスアウェイ、トーセンビクトリー。以上、4頭の馬連BOX買い。

報知杯フィリーズレビューの本命はモルトアレグロ、相手3頭にアンコールプリュ、デルニエオール、ラブカンプー。以上、4頭の馬連BOX買いで。

金鯱賞の本命はスワーヴリチャード、対抗にはメートルダール、3番手評価にヤマカツエース。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンS チューリップ賞 弥生賞

今週の3重賞。まずは夕刊フジオーシャンステークスから。本命はダイメイフジ、重賞未勝利の森田厩舎が鞍上にデムーロを確保し初戴冠を狙う。準OPながら近2走は上々。懸念はフルゲート16頭というあたりか。ここに乗り替わりの利が出ると考察。黙って買うべき馬。以下、買い目の3頭。まずはキングハート、この馬は関東関西ローカルと場所によって完全に騎手を使い分けている。今は中山で走る時には北村宏で、非常に相性が良く好走の部類。星野厩舎で狙える馬というのは希少ではあるが、かつてはデカイ馬券をお世話になったこともある。ここは狙ってみる。次にアルティマブラッド、前走の中山OP1200mの内容が悪くなかった。牝馬で押さえるならコレ。津村のGⅢ運に超期待。最後にラインスピリット、今回はローテーに少し余裕を持たせてのここ。前走OP1200mを58㎏を背負って勝っているのを注目したい。他にも同じくらい背負う馬もいるがこの馬は馬体重444㎏しかないのにその斤量で勝っているのだ。厳しさが違うわけで、引き続き手綱を取る森一馬が良く乗れているだけに今回注目。以上、4頭の馬連BOX買い。

チューリップ賞の本命はスカーレットカラー、岩田への乗り替わりは素直に評価。Aコースの阪神で内を突ければこれまでの序列逆転は可能と見る。マイルなら十分勝負できる馬。いつものように岩田次第ってやつか。対抗にはマウレア、唯一の関東馬として気を付けていたが、ヤネが武豊となった。意外性を見せてくれたところで買いたくなった。2歳GⅠ後にひと叩きしている分、有利といえば有利か。3番手評価というか単枠指定というか最後にラッキーライラック、前走と同様いつも通りの評価。GⅠ馬なのでここで強さを見せて当たり前。堅く押さえる。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

報知杯弥生賞はメンツがいいね。強い馬も揃ってこれだけ頭数が少なければ買い目を絞ることが重要となる。もうこれは単純にいく。本命はダノンプレミアムで仕方ない。ちょっとスキが見つからなかった。ラストの上がり勝負で負ける相手はいないだろう。内が荒れている今週の中山なら大外を回したほうが伸びること必至。余裕の本命。対抗にはジャンダルム、どの馬も結局は本命馬と同じ位置につけても勝負にならないわけで、この馬なら後方からいける。かといってその強い相手に33秒切っても届かないと思う。ではどうするか。武豊がまくりで行くべきだと結論。かつてランニングゲイルで見せた騎乗で本命にギリギリ対抗できると見解。直線入口で馬体を併せるくらいに迫れば差し切れる可能性が少し出てくるか。以上、2頭で馬連1点で大きく勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »