« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

青葉賞 天皇賞・春

GW前の週末、2重賞の予想。テレビ東京杯青葉賞の本命はダノンマジェスティ、そもそも2走前の重賞では1番人気しているレベル。前走で上手く乗れて盛り返しを見せている。まぁ妥当な評価だろうし普通に有力視。以下、買い目の3頭。まずはエタリオウ、2頭出しの友道厩舎の馬で選ぶならこちら。石橋に乗り替わってしまったが2400mの距離なら断然買いだ。次にミッキーポジション、横山典がこのところ乗れている。菊沢隆厩舎の馬ならなおさら気持ちも入るだろう。ダート2連勝後の芝戻りである。たぶん後方からの競馬と見るが速い末脚は使えるので一発に賭けたい。最後にサトノソルタス、前走からややレース間はあるが重賞2着している馬。デムーロということを加味して買うが懸念は大外18番枠。位置取り次第だろうな。以上、4頭の馬連BOX買い。

天皇賞・春はジャパンカップ馬のシュヴァルグランの取捨が全て。いつも通り、当然スパッと切らせてもらう。そこで本命はレインボーライン、普通に前走評価。非常に内容が良かったし岩田が上手く捌いていた。かつてこの鞍上が阪神大賞典から天皇賞を連勝したパターンがここでもハマる。出走馬中、唯一のステイゴールド産駒。今日の夕方、旅立ったスペシャルウィークも応援していることだろう。以下、買い目の3頭。まずはサトノクロニクル、前走内容ももちろんだが今回は調教がとても良く見えた。これは間違いなくラストが伸びると思う。最終的には直線に入る時にどの位置にいるかがカギだろうが懸念は前走から+3㎏となる初斤量58か。なんとしても克服してもらいたい。次にガンコ、流れと勢いがあるのはこの馬。このステージへ駆け足で登ってきたわけだが、応援したいと思わせるのは鞍上の藤岡佑だろうな。まぁ前走の日経賞を快勝したことは少なからず馬もヤネも力がある証拠。今年藤岡が重賞を獲った2頭がどちらもこの天皇賞へ出てきているのだ。確変を感じさせる今はGⅠでも期待したい。唯一の不安要素が父ナカヤマフェスタという部分、ちょっと未知数か。最後にヤマカツライデン、ここのところ完全にペースメーカ的扱いである。せっかくの逃げの脚質が大きなレースでは殆ど外枠を引いており活かせていなかった。それでも前走GⅠを57㎏を背負って逃げ、2走前の阪神大賞典では逃げて残り200mまで粘っており、これは評価していい。今回は3枠からの逃げ。恐らく単騎で逃げれるとは思うが、この展開がハマればデカイ一発があるかもしれん面白さがある。記憶をたどると天皇賞では案外赤い帽子が4角から勢いよくやってきていたように思う。ここは押さえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島牝馬S マイラーズC フローラS

先週の皐月賞回顧になるが、久々に予想する展開内容と実際のものがバチッと重なった感じで嬉しさを感じた。残念ながら馬券は外したが気持ち的にはかなり前向きになれたことが心地よかった。今週の3重賞、気持ちよく予想する。まずは福島牝馬ステークスから。本命はブラックオニキス、テン乗りの吉田隼人だがローカル福島なら願ったりである。いや、あえて陣営の思惑通りといったところか。普通に考えれば一段高いステージにいる馬なわけで、このあたりで少し強さを見せておきたい。対抗にはワンブレスアウェイ、重賞で力を発揮できていない。要はポジションの悪さだろう。2走前に久々に前で競馬をしたらそこそこ粘ってくれた。その時の鞍上だった津村に手綱が戻る。ローカルで期待値を上げての買い目。3番手にトーセンビクトリー、引き続き田辺が乗るのはプラス評価。逃げ馬マークで押し切りたいところ。隣の馬への徹底的なプレッシャーをかけてほしい。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

読売マイラーズカップの本命はブラックムーン、今年の京都金杯で勝ってからの休み明け。休み明けで買う馬の条件は幾つかあるが秋山が乗ってくることは悪くない。むしろ個人的には買いの部類だ。さらに言えば、この馬は未勝利後に7勝しているが、その7勝はすべて騎手が乗り替わってのものという、もうこれ以上ないくらいの条件が揃ったと言っていい。文句なく本命視。以下、買い目の3頭。まずはロジクライ、事実前走オープン組は要注意。この馬に限るなら一昨年に1戦、去年に1戦しかしておらず、迎えた今年は年明けから1ヶ月に1戦のペースですでに4戦目となる。その今年の3戦は内容がすこぶる良く、ここは流れあり。今年は違う馬と考えていいし、ヤネ川田も今年は乗れている。皐月賞に乗れなかった分、その他で発散中だろう。次にグァンチャーレ、先の馬に引き続きこちらもシンザン記念勝ち馬である。そしてかなり使い詰めてはいるものの3連続2着は評価していい。前走オープン組の番手であり、マイル適性が見えてきただけにここで再度推してみる。古川にしても京都1600mで一度勝たせているだけに相性は悪くない。最後にモズアスコット、本当はマイル戦では眉唾ものの馬と見ているがルメールということで押さえるに至った。展開と位置取りに上手さを見せているだけに仕方なしに買い目。本当は3頭まで絞っておきたかったことを白状しておく。今回は以上、4頭の馬連BOX買いで。

サンケイスポーツ賞フローラステークスの本命はヴェロニカグレース、3戦連続2000mを使ってきた。先行しての惜敗が続いていたが、ここで柴田大知が乗ることで粘りが増すと見解。スタート次第だろうな、うまく出れればかなり強い競馬ができるはず。以下、買い目の3頭。まずはラブラブラブ、前走で出遅れてからの道中押し上げ。外枠からで、ずっと外を走っていたにもかかわらず直線で先頭に出てからも伸びて快勝、ゴール前は直後に馬がいたにもかかわらず余裕のある走りであった。長い府中の直線、真っ直ぐに走らせることができれば差し切り可能、勝ち負けレベルと結論。先週のGⅠからもオルフェーヴル産駒は波に乗っているし侮れん。次にサトノワルキューレ、これはもう単純にデムーロというだけで押さえる感じ。突き詰めていけば2400mを2戦走らせての距離短縮は良しとしていい。騎手の腕の差で持ってこれそう。関西馬の意地見せるか。最後にレッドベルローズ、迷った4番手馬にはこれ。前走で2000mのミモザ賞を勝っているのは分かりやすい。あとは東京コースで穴っぽい馬をよくもってくる三浦の相性に賭ける。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山GJ アーリントンC アンタレスS 皐月賞

4重賞、ちょっと時間的に厳しいので短評と買い目。まずは中山グランドジャンプから。どちらかというとクラシックよりもこちらが楽しみでもある。暮れの大一番はなかなか内容も良く、話題にもなっていたようだ。いつものように相も変わらず現王者を外す。前回の暮れのGⅠと同じ狙い。本命はアップトゥデイト、前走同様でいい。全力で逃げ切れ。対抗にはルペールノエル、大きい所で充分戦える器。大逃げまでは厳しいが番手の王者をマークする戦法でなんとかなるか。3番手評価にニホンピロバロン、現王者を外す分、繰り上がりで買い目に入れる。4000m以上の距離克服さえできれば勝負できるレベルに達していると思う。以上、3頭の馬連BOX買い。

アーリントンカップの本命はラセット、前走好走からのここ。珍しく藤岡佑介が乗り続けられている馬。厩舎の勢いがあるだけに、波に乗っかってみる。以下、買い目の3頭。まずはタワーオブロンドン、クラシックには向かわなかったがここなら充分勝ち負け。ルメールが乗るし、つまらんといえばそれまでだが、買い目は外せなかった。次にインディチャンプ、距離をマイルに戻して末を活かす乗り方が求められる。戦績的には上位人気で仕方なしか。最後にピースユニヴァース、かなり迷った4番目だが、前走を武豊の後方待機策が見栄えが良かった。一応押さえ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

アンタレスステークスの本命はクインズサターン、四位のコース相性を買う。いきなりのテン乗りに意味はあるはず。以下、買い目の3頭。まずメイショウスミトモ、本来の力はかなり上位組だと思える。GⅠで戦ってきてるだけにここで展開が向けば楽勝もあるか。次にトップディーヴォ、昆厩舎の横山が本当に調子に乗っている。鞍上が冒険しなければ普通に勝ち負けくらいにはなる。最後にミツバ、ダートの善戦がイメージされる馬。押さえる理由はまさにそれ。詳細はそれぞれかなり割愛したが以上、4頭の馬連BOX買いで。

皐月賞。はっきり言って混戦必至。絶対王者が出ないとなると、次点評価の馬たちが有力となるのは当たり前だ。だがそこの買い目は誰だって分かる。今回は相手関係や天候も加味しつつ完全に決め打ちする。逃げ先行で買い目は固めたい。厳選した本命はジェネラーレウーノ、年明けに注視した同条件の京成杯を1番人気で勝利したのは侮れない。レース間が空いたがそういうローテーでも仕上がることは先週のGⅠでも証明された。関東馬で本命視するわけだが逃げての田辺は怖いぞ。以下、買い目の3頭。まずはケイティクレバー、逃げ専門として我が決め打ちの買い目にチョイスされた。無論、道悪になっての逃げ残りを予測しての期待。後からの馬が苦しくなる馬場と流れで残るのはこれ。母父にディープインパクトという血統的にもちょっと気になる存在。次にエポカドーロ、前で競馬できる馬で前走はかなりの強さを見せてくれた。やはり逃げか先行策かでポジションをキープしたいところ。ヒダカBUといいヤネの戸崎といい久々にGⅠ戴冠を狙えるのはこんなシチュエーションだろう。懸念は安田翔伍厩舎がいきなり結果を出せるかどうかだ。最後にアイトーン、まぁ前述と同じく逃げに特化しているというだけで押さえる。軽く見ていたところもあるが、若葉Sを逃げ勝ちしている部分はしっかり評価しないといけない。まぁどさくさに紛れての2着狙いだな。完全に非社台&非ノーザンの4頭となったが、そこだけ見てもGⅠでは相当に天邪鬼的買い目となった。混戦予測ならばこれくらい極端で行ってもいいだろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニュージーランドT 阪神牝馬S 桜花賞

クラシックが始まる。モチベーションを取り戻しつつ今週の3重賞予想へ入る。ニュージーランドトロフィーから。本命はラムセスバローズ、今年は上昇傾向にある内田が手綱を任された。デムルメで勝ち負けしてきた馬だけに過大評価になりがちだが、本質的な力は持っている。どちらかと言えば先行策で抜け出しを計ってもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはケイアイノーテック、暮れのGⅠで上位に来た後、2戦叩いて2着1着。初の東上となるが関西馬で食指が動いたのはこの馬のみ。終いに賭ける乗り方しかないが、追える戸崎なら充分狙い目。次にファストアプローチ、今年はまだ重賞勝ちがない藤沢厩舎が鞍上に田辺を据えた。マイルの距離なら結構信頼度の高い田辺であり、ここらで一発走ると警戒。最後にコスモイグナーツ、買うと出遅れる柴田大だがこの馬ではもれなく安定した逃げを続けている。完全に展開の決め打ちとなるが最内枠を引いたことで面白い目となった。どのみち正攻法では苦しいこと必至、大逃げ攪乱作戦を講じてみてはどうか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス。いわゆる有力馬と敬称された馬も揃っている。重賞ウイナーの組み合わせでチョイスしていけば楽な予想とはなるが、あえて配当妙味を追及していく。狙いはOPや準OPで勝利してきた流れを重視。おぉ、ちょうど4頭いるではないか。そこで本命はワントゥワン、今年は特に乗れている藤岡祐。ようやく重賞の舞台に戻ってきたこの馬、なんといっても上がりが速い。外枠からの差し追い込みの競馬を意識していけば大物を一気に飲み込めるだろう。以下、買い目の3頭。まずはミエノサクシード、福永に手綱が戻る。この馬も速い上がりの決め手を持っている。3歳のGⅠ以来、こちらも久々に重賞の舞台。やはり後方待機策を取るだろうが、決め打ちの馬券だけにそこに賭けたい。次にミリッサ、やっぱりこいつも後ろからの競馬しか出来ない馬で、結局は展開に頼るだけ。牝馬限定なら少しは期待値があると思う。勝ち癖を付けて流れに乗りたい。最後にレッドアヴァンセ、この馬が北村友に回ってきたのは意外であった。いやいや全然悪くないし、どちらかと言えば良い部類に入る馬だと思う。血統的には相当ワクワク感があるんだよなぁ。ノーマークでいると直線でいつの間にか内から抜けてきたという場面が待っているかもしれん。以上、4頭の馬連BOX買いで。

桜花賞。無敗1強とかなんとか色々な下馬評と伏兵評論もあるが、ごちゃごちゃしたことに惑わされず信念に基づき前回のチューリップ賞で買った3頭はシンプルにそのまま買う。一応、序列は次の通り。ここでの本命はマウレア、無敗馬と同じレベルの末脚を使える。逆転するなら相手より前の位置で先にスパートのタイミングで追いだしたいところ。関東馬だが関西滞在という手法を評価する。ピンク帽子でも武豊の桜花賞という条件なら買いだ。かつて本人は自分だけの阪神のセオリーがあると言い切ったこともあるし、17番枠といえどマイナスは感じない。時節的に旬であるエンゼルス大谷の背番号というラッキーさも加味して大本命視。以下、買い目の3頭。まずはスカーレットカラー、大逆転の先行策を期待。前走で本命にしたが7着に沈んだのは展開のアヤ。そもそもこの馬が負けたレースでの勝ち馬はすべてこの桜花賞に出走してきている、それくらいハイレベルで競ってきた唯一の馬である。本来の岩田の腕なら充分上位へ持ってこれる算段。人気を落としてくれれば逆に有難い。次にようやくラッキーライラック、まぁ説明不要だわな。2歳GⅠで本命視して以来、予想通りの違わぬ力を見せてきた。唯一の不安はヤネ石橋。外から旨いジョッキーらにフタをされてシメられたら対応は厳しいか。最後にレッドサクヤ、4番目の買い目はこの馬にスポットを当てる。前走エルフィンSというだけで選んでもいいと思うし、父ディープインパクトというのも悪くないデータ。若きクラシックジョッキー松山に期待やな。とにかく今年もクラシックが始まる。実力馬に過剰な注目が集まるだけに、人気薄の馬でも侮れない。例えば今回のツヅミモンなんかにしても、超人気サイドであろうアーモンドアイにシンザン記念で2着している馬なわけで、個人的には同等評価してもいいくらいだと思っている。今回は前述の4頭でいくが、突き詰めていけば結構な穴馬も拾っていけるはず。買い目を広げる余裕のある人はそういう狙い方もありだろう。とりあえず桜花賞は以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »