« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

ラジオNIKKEI賞 CBC賞

先週のGⅠはかなり悔しい思いをした。直線に入ってからは、できたっ!と思って声を上げたくらいだ。なのに4角先頭の馬がなかなかタレてこない。香港も高倉も来ているのに先頭が変わらない。うーむ、あれがオペラオーの後押しというヤツだったのか。とりあえず乗ってくれてワイドで買ってた人はおめでとう。楽しめたのではないだろうか。気持ちを切り替え今週のローカル2重賞へ。まずラジオNIKKEI賞、いつものように苦手な3歳限定戦である。福島で13頭か、やや少ないと思うね。本命はフィエールマン、1800mで2連勝しているあたりは分がいい。ここは特に捻る必要もなくこの馬を中心にいく。対抗にはメイショウテッコン、この馬の逃げ脚は相当なもの。2400mですらきっちり逃げ込めるだけの根性と粘りを持っている。福島の1800mなんて楽にこなせると思うし内枠に入ったのも分かりやすい。ハナ争いで他馬を振り切ればここは充分勝てる力あり。3番手評価にはエイムアンドエンド、前走の重賞では番手から押し切りを見せた。人気薄で押さえておきながらも、どうかと思っていたが鞍上の腕と当時の二ノ宮厩舎の敏腕さが垣間見えた一戦であった。あの時ほどの信頼性は微妙だが奥村厩舎だからって軽視はできない。乗り替わったヤネの大野が巧く先頭を追走できれば53kgで乗れるここは一発狙えるかも。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

CBC賞の本命はダイメイプリンセス、姉弟で出てきたわけだが買うのは姉のこちらだ。1200mを使ってきつつ調子を落とし、1000mを2戦叩いてみたら2連勝。復調してのここ。父キングヘイローが最も輝いた中京1200mの舞台で初重賞を快走してもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはセカンドテーブル、さんざん水口の手綱を愚痴ってきたがもはやお手馬と言っていいこの馬の時だけはヤネが別人に見える不思議。4年前にこの馬が重賞勝ちした時にはしっかり買えたが、その後ちょくちょく出てくるGⅢでは取りこぼしている。昨年2着のリピーターとしての存在価値を買う。次にナガラフラワー、先週は悔し涙となった鞍上の高倉を再度評価。この馬には一度だけ騎乗経験があるのだが悪くない乗り方であった。馬自体、距離1200mに固定してからの7戦は不良馬場の時を除いてしっかり走れている。高橋亮厩舎も唯一の重賞勝ちがCBC賞ということでここでの相性を評価し押さえ。最後にコウエイタケル、7歳になって初重賞挑戦というガッツある内容。小牧の手綱でローカルを走れば見どころ満載。スプリントの距離で流れに取り残されなければインを突いての勝ち負けがあるかもしれん。明らかに他馬とは違う前走マイル戦からの距離短縮で変わり身期待。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京ジャンプS 宝塚記念

グランプリとジャンプ重賞というコンパクトな週末。障害戦フリークとしては見逃せない週末となった。まずは軽く東京ジャンプステークスから。本命はタイセイドリーム、春のGⅠの後に平場のダート戦をひと叩きしている。レースで調整してのここは好走必至。おそらくラストは良く伸びることだろう。充実の本命視。対抗にはシンキングダンサー、GⅠでも頑張れる馬だけに期待値は高め。障害戦では例えになるかどうか、とにかく距離適性というか3110mでよく走る印象もある。伝わりにくいかもしれんがそういう感覚。3番手評価にタマモプラネット、徹底した逃げ先行策が強み、たぶん大きくテンで前に行くと思う。逃げ残るならこの馬。以上、3頭の馬連BOX買いで。

宝塚記念、言ってしまえばメンツがショボイ夏のグランプリとなってしまった。昨年のダービー馬もいなければ今年の古馬GⅠ馬もいない。グランプリの定義が疑われそうだがGⅠ馬がいないわけでもない。菊花賞馬にいたっては2頭もいる。"菊花賞馬にフロック無し"という言葉もあるが、2頭いれば相殺として勝手に消しの結論。では本命は何か、外国馬ワーザーとする。堂々の香港ダービー馬であるし実績充分だろう。だが注目するのはこの馬がオセアニアの馬ということだ。元々はニュージーランドやオーストラリアが拠点。オセアニアの馬は香港や日本で本当によく好走する。そして問題は前走の香港G3マイル戦での凡走だ。いやこれは単なる叩き台と見ていいだろう。かつてインディジェナスで学んだことを思い出せば答えは簡単である。ジャパンカップの前に1000mの短距離戦を叩いた後での本番2着、アレですな。沙田での短距離叩き1戦を調教代わりにここでの爆走は確定的か。今回のグランプリでカク外は1頭、完全に勝ちにきている。かねてから国際競走となった宝塚記念に外国馬がこないと不満を書くこともあったが今年はひと味違う、この馬を推せる。以下、買い目の3頭。まずはストロングタイタン、カク外が1頭ならばマル外も1頭。いつものように押さえるべくして押さえるがこの馬は良いよ。前走をレコード勝利しており、そこそこの流れでもスピード勝負で負けないだけの力と速さを持っている。中段につけていても差し切るだけの脚があるので充分買い。次にノーブルマーズ、前走の万馬券はおいしかった。28戦すべてを高倉を背に走り続ける健気な馬である。今回はいよいよ大舞台での好走を期待。どんなレースでも走る時は走るという不安定さを逆にプラスとし、雪崩れ込みのゴール前を期待してみる。先行して怖し。最後にサイモンラムセス、4頭目には更に胡散臭いところを突いておく。普段は華麗にスルーする高齢馬だが今回は魅力充分。なんたって徹底的に逃げる戦術を持つ馬だけに評価しておく。たぶん他に逃げる馬が出て競ってきても、譲らないだろう。道悪とペースの落ち着きに助けられれば粘りの走りが出来てもいい。負担重量が一気に58㎏となるが当日馬体重増であればカバーできるのではないかと推測。人気薄でもガンガン掲示板まで来るというクセの凄さを考慮し超逆転の一発狙い。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ユニコーンS 函館SS

やや苦手な部類に入る3歳戦とローカル戦。今週は2重賞。ユニコーンステークスの予想から。本命はグリム、前走で東京1600mダートOPを勝ち切ったことを素直に評価。距離克服後、同条件のここはすんなり決まる。堅いところか。以下、買い目の3頭。まずはベストマイウェイ、スタートで後手を踏んだ前走、4角からの伸びは特筆もの。荻野極でできたことを乗り替わった内田博で出来ないわけがない。末脚頼りになるが重賞でも通用するだろう。というより荻野極乗せてやれよと思う。次にハーベストムーン、戸崎への乗り替わり評価のみ。東上しての左回りが懸念材料だが、それよりこちらも鮫島克乗せてやれよって感じ。最後にルヴァンスレーヴ、デムーロへ手綱が戻った。なにより2歳ダートGⅠ獲ってますからね。仕方なしの押さえ。簡潔ながら以上、4頭の馬連BOX買い。

函館スプリントステークスの本命はティーハーフ、久しぶりにこの馬を買うべくレースだと思う。8歳馬を推すことは滅多に無いが、前走のOPを斤量58を背負って勝っていることは非常に大きな要素。人気薄ではあったが別定で背負ったこの負担重量は伊達ではなかった。とにかくこの馬は国分優でやたら良く走る。3年前のこのレースも勝っている、鞍上と馬齢で人気を落とすなら厚めの買い時だろう。以下、買い目の3頭。まずはライトフェアリー、本命馬と同様前走評価。それにしても人気薄でよく来たもので、地味なヤネばかりだからかやたら穴を空けてくれる。馬券になる時が伊藤工や丸田恭、勝浦、柴山、酒井とかなんだから、この馬の真の実力は相当なものかもしれん。今回は2回乗って2勝の柴山が乗る。イイ感じではないか。次にキングハート、ずっと期待を込めて馬券にしている馬、今回は函館なのに北村宏を起用している。直近の2走がそれなりに良く、引き続きということだろう。星野厩舎ながら仕上げの不安があるものの一発の魅力はデカイ。うまく内に潜り込めれば勝機はありそう。出遅れ厳禁、早めの内へポジション取り必至。最後にセイウンコウセイ、GⅠ勝利後、昨年はこのレースでコケて以来調子を落としてきた。1200mに戻して前での競馬ができれば充分圏内と考察。最内の1枠に入っているので買っておく。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプソムC マーメイドS

今週は2重賞。少し視点をズラしつつ様子見の予想となった。まずはエプソムカップから。本命はサーブルオール、距離適性を模索したら東京1800mがドンピシャになったような馬。東京コースをルメールを背に4戦も走っているのがイイ。直近ではそれこそ57㎏を背負っての連戦でしまいには2連勝中。諸々を考慮してもここは馬券になるとした。なんだかんだ考察しようにも、結局はルメールだからの一点で推せるという結論で充分だろう。以下、買い目の3頭。まずはエアアンセム、この馬に重賞で藤岡佑が乗ってくるとは案外であったが、それほど前走の結果がここへ直結したのだろう。今年は間違いなくキャリアハイとなるだろう鞍上に期待を込める。今季は藤岡佑を押さえておいて損はない。次にサトノアーサー、秘めるポテンシャルで言えば最有力か。直線のスピード勝負に持ち込めばデカイ一発を持っている末脚は馬券的には捨てきれない。大外でも戸崎が追うなら買いの馬。最後にダイワギャグニー、下馬評は高いようだが個人的には消去法で残ったという程度。だが勢いのあった菊沢厩舎&横山典の組み合わせも今年はまだ重賞に手が届いていない。そろそろ頃合いか、そういう意味での押さえ馬券。以上、4頭の馬連BOX買いで。

マーメイドステークスの本命はミリッサ、姉の能力を考えれば牝系的にこの馬も走っておかしくない。問題は岩田だ。前走では同じ勝負服の人気馬に遠慮してしまい非常に消極的に乗っていた。今回マジ追いさえすれば直線で楽に外から抜け出せるだけの脚を馬は持っている。フタさえされなければ強い走りが見れると思う。以下、買い目の3頭。まずはルネイション、毎レース光速の上がりを使う馬。あの速さをコンスタントに使えるならばもっと勝ちまくってもおかしくないのに未だクラスは準OPでウロウロ。厩舎スキルを考えれば仕方ないっちゃ仕方ないか。全てをリセットの意味で手綱を荻野極に託し、50㎏の恩恵を受け、調教師及び騎手ともに重賞初優勝を夢見てみるか。無欲で乗れば大きな一歩を踏み出せそう。次にキンショーユキヒメ、言ってしまえば前走重賞勝ちしている馬。スタートで出負けしたが流れに助けられラストは一気に差し切った。福島でこれができれば阪神でもOKだろう。再度期待。最後にエマノン、一つ下の弟は現役最強クラス。先週の仇を姉が、という心境であってほしいぞ。年齢を重ね牝馬とはいえもっと走ってもいい血統といえよう。前走より-5kg減という最大級ハンデをもらいこいつも斤量50で乗れる。松若にとっては優勝経験のあるレースだけにこの乗り替わりはプラスと見ていい。軽ハンデを武器に先行して残す乗り方で勝ち負けクラスと結論。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴尾記念 安田記念

今週は2重賞。鳴尾記念から。本命はトリコロールブルー、地味な血統の馬が目立つ中で後光が差しそうなステイゴールド産駒。中距離でこのクラスなら相当にヤレると思う。多くを語らず文句なく筆頭。対抗にはストロングタイタン、10戦以上費やしてようやく初阪神見参。2頭出しの池江厩舎が大外に入ったもう1頭を使ってハイペースの玉砕逃げを打てば、これで同型脚質の逃げ馬は一気に苦しくなる。そこでこちらが後方待機策で決める手はずと推測。後ろからならデムーロの手綱もハマるだろう。今年はこの勝負服は要注意。3番手評価にタツゴウゲキ、押さえるべきは休み明けの秋山というあたりか。ルメールの馬にも食指が動くが少頭数で買い目を絞るべくこちらを最後にチョイス。仕上がりが微妙とはいえ、昨年の夏にローカルの中距離重賞を2連勝している。その後のここである。脚質的にポジションはどこでも対応できそうで、仕上がりが不安な分、ラスト一瞬に賭けた直線勝負だけに徹すればかなり走る可能性はある。以上、3頭の馬連BOX買いで。

安田記念の本命は考えるまでもなくスワーヴリチャード、本線は堅い。中距離で強い馬はこのレースでも充分対応できると見解。かつて武豊がメジロマックイーンは安田記念でも走ると豪語していたことが思い出されるが、まさにそれ。どうせゆっくり出るスタートだろうし、後に下げて大外一気で決まるだろう。以下、買い目の3頭。まずはペルシアンナイト、前走でかなり注視した馬がGⅠで2着してのここ。ヤネは乗り替わるが戦術的に変化するわけでもなく、強さはそのまま発揮できると思う。まぁ普通にマイルCSの勝ち馬ということで充分だろう。ここまでの2頭は大阪杯の時とほぼ同じ見解。次にモズアスコット、ウィークポイントとすれば斤量58㎏を未経験及び連闘という流れ。重賞2連続2着しているのにその後にOPを一戦叩いている。その時のヤネ坂井からルメールへのスイッチなんて相当な鞍上強化と見ていいわけで、冒頭の不安を一蹴してもお釣りがくるくらい注視していい。2走前のタイムで走れる馬だと思えばなんてことない。最後にウエスタンエクスプレス、相変らず香港のセン馬を押さえてみる。いやはやカク外というだけで買いたくなる衝動は認める。しかし侮れないのは芝のマイルは充分走るよということ。典型的な叩き良化型っぽいが、謎は鞍上のクリッパートンというヤツ。ボウマンが乗れずに元々の主戦的なポジションの自分がしかも日本で乗れるということで相当に気合が入っていることだろう。豪州の騎手ということで小生もさほど詳しく知らなかったが、ここに乗るということで一気に面白くなった。まさにキングオブ天邪鬼的思想が頭をもたげ、馬券にしてみる。ちょっとしたことだがそういう小さな部分が先週の万馬券に繋がると思えば個人的期待値は高い。たまには遠路遥々参戦してくる外国馬にもちょっぴり花を持たせようではないか。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »