« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

札幌2歳S 小倉2歳S 新潟記念

苦戦を強いられている夏のローカルもぼちぼち最終。秋競馬に向けてちょっとは重賞で勢いをつけておきたいところ。酷暑猛暑台風に負けず今週も入魂予想。今週は3重賞。札幌2歳ステークスから。本命はウィクトーリア、血統評価も高いがとにかく函館の新馬で叩き出した1800mのレコードタイムが良い。前で競馬をしてそのまま行けるだけにマイナス要素がなかった。そもそもヤネの田辺はこの馬の兄でこのレースを制しているだけに勝手もよかろう。ここは牝馬Vを狙う。以下、買い目の3頭。まずはナイママ、カク地でいつものように五十嵐冬樹の挑戦である。いつもなら危なっかしい手綱捌きで周りが閉じ込めてしまうところだが、ラッキーというべきか大外枠に入った。これはスタート後、窮屈にならず存分にかつ強引に行けると見るね。馬の能力というよりはヤネの強引さで持ってくる感じか。次にアフランシール、短い所で強いのかと思ってたらデビューは1800mを勝ち切った。速い上がりも使えるし、まぁこちらも牝馬狙いという目論見。やっぱり結局は岩田次第っていうところか。最後にクラージュゲリエ、なにやら人気を集めそうなところでうっかり1番枠を引いた。まあ有力馬中の有力馬ということで実力的に上位、押さえ馬券。パッと見、馬名の意味が一発で分かりそうなのが殆どいないくらいネーミングからして難解なレース。とにかく以上、4頭の馬連BOX買い。

苦手な2歳戦の2つ目。小倉2歳ステークス、頭を悩ませながら絞り出していく。本命はファンタジスト、馬も良いがなんだかんだで重賞で武豊もそれなりに頑張っている。思ったほど悪くないわけで充分馬券対象と言えよう。今回の勝負服もなかなか面白いと思うし、父ロードカナロアのアーニングインデックスもなかなか高く、今回の出走メンバーの父を見比べると抜けた位置付けである。文句なく筆頭。以下、買い目の3頭。まずはミヤジシルフィード、川村厩舎が気合の3頭出し。買うのはコレ。本命と同じく父に注目しての推し馬券。少ないファクターからのチョイスだが先行すれば充分強さを見せれると思う。復活傾向の和田が今年は重賞をGⅠの1勝しかしていないわけで、このあたりは手頃ではなかろうか。次にジャカランダシティ、札幌と同じ感じになるが、大外に外様のアヴドゥラが入った。外国人騎手で重賞にまだ縁がなく、さすがにぼちぼち御祝儀のタイミングがあっていい。ちょいと読みにくい鞍上の手綱だが説明のつかない爆走があるならこの馬になる気がする。最後にアズマヘリテージ、前走新馬戦では立ち遅れながらもすぐさま先団へ取り付いてラストで差し切る走りは見事であった。そのヤネが荻野極というあたりは妙味がある。若くしてフリーなだけあり、なかなか見所のある技術を持っている。ぼちぼち初重賞勝ちが見えている頃だろう。展開に頼る部分もあるが流れが速くなればハマるかもしれん。以上、4頭の馬連BOX買いで。

新潟記念の本命はストーンウェア、関西馬なのにやたら府中を走っているいわゆるサウスポーってやつか。6歳で伸びつつあるがマル外で父バードストーンときても正直ピンとこない、但しラストに伸びる確かな末脚を持っているのは分かる。その左周り得意馬が3年ぶりに新潟見参、直線も長くラストは伸び放題ってわけでここは本命視。対抗にはメートルダール、基本的に崩れない印象から重賞では買うことのほうが多いと思う。こいつも典型的な左利き。前走阪神のGⅠでは沈んだが、それまでは8戦連続左周りで好走もしている。中距離ローカルなら実力的には上位組。叩き2戦目はカタイと思うが、今回は休み明けと天秤にかけるもやはり能力上位の結論。3番手評価にベアインマインド、今は旬な話題と言っていいだろう藤田菜々子の騎乗馬であり唯一の牝馬っていうあたりは見逃せない。付け加えてハンデ50kgで乗れるディープインパクト産駒、藤田菜は新潟得意な部類。これはもう目に見えない力が滅法押している。2着はありそうだし、無論2着でも充分盛り上がること請け合い。ここは楽しみながらの馬券とする。13頭立てならここまで絞っておきたい。以上、3頭の馬連BOX買いで楽しく勝負。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新潟JS 新潟2歳S キーンランドC

夏のローカル重賞が不調だ。暑さや台風に参っているが今週は時間が無いので買い目だけ。新潟ジャンプステークスの本命はアズマタックン、対抗にマイネルクロップ、3番手評価はコンコード。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

新潟2歳ステークスの本命はエイカイキャロル、対抗にスティルネス、3番手評価にエイシンゾーン。こちらも絞り込み以上、3頭の馬連BOX買いで。

キーンランドカップの本命はナックビーナス、見せてもらおうかマジックモレイラとやらを。ここで勝たなきゃ何のために日本の騎手になったのか、となる。以下、買い目の3頭。まずはヒルノデイバロー、昆厩舎の四位で何度も一杯食わされた組み合わせ。まぁ念のための押さえだわな。次にスターオブペルシャ、2頭出しの藤沢厩舎で人気薄を狙い撃ち。1200mでの変わり身期待ってところか。最後にムーンクエイク、人気薄を狙うとか言いながらもこちらも結局は買っておくことに。レース間は空いたが前走重賞で末脚強襲は目を見張った。ルメールならば、ということで馬券にする。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州記念 札幌記念

今週は2重賞。夏のローカル重賞も難解で苦戦中。テレビ西日本賞北九州記念から。本命はナガラフラワー、前走時に評価した通りの内容で再考。距離1200m固定も良し、ヤネ高倉固定も良し、斤量52も良し、付け加えて速い流れで末脚勝負の展開も良しとくればもう文句なし。以下、買い目の3頭。まずはセカンドテーブル、この馬の評価は総じて毎度変わらず、水口込みで予想Aランクだ。ローカル重賞なら走りごろ。短距離戦では暫く買い時が続くと見ている。次にラブカンプー、前走取りこぼした苦い思いが残るが3歳牝馬で非常に難しい取捨でもある。結局、ヤネは誰でもよかったということでここでは押さえてみる。軽ハンデとコース適性を活かし押し切ってほしい。最後にアサクサゲンキ、普通に小倉でなら面白い。手綱は松若に替わってしまったが、音無厩舎で松若なら全然悪くない。むしろ重賞勝ちもあるくらいのコンビとして軽視できず。マル外の押さえるべき盲点の馬として今回は評価高め。以上、4頭の馬連BOX買いで。

札幌記念の本命はサングレーザー、古馬になってからというもの買い目に入れた記憶が無いんじゃないか。では今回どうしたのかといえばはやり距離2000mに注視。どうしてもラストの伸びで勝負するタイプからマイルで届かずを繰り返してきたわけで、距離延長での恩恵は間違いなくある。札幌では2戦2勝、普通に本命視。以下、買い目の3頭。まずはマイスタイル、田中勝に乗り替わってからというものソコソコ乗れている感じ。ハナを切れる脚質は大歓迎で、先行争いでモマれなければ番手からでも勝負できるだろう。中距離でのポテンシャルは高いと見ており、このメンツに混ざっての重賞とはいえ馬券妙味はある。次にミッキースワロー、GⅠ好走組から選ぶとするならこの馬か。ヤネ横山典でなら普通に脅威。特筆コメントは無し。最後にサクラアンプルール、吉田隼へ乗り替わってしまったが基本的には昨年と同じ乗り方ができればこのレースに限り勝負になりそう。押さえ評価。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関屋記念 エルムS

ほぼ一週間近く休日となる今年の盆休み。それにしても酷暑猛暑で暑くてたまらん。競馬場へ行きたいところだがちょっと大変そうである。今のところ、涼しい自宅で観戦を予定。今週は2重賞。関屋記念から。本命はショウナンアンセム、同枠の馬とハナを競うところだろうが格下に譲るわけにもいかないだろう。田辺が逃げてペースを抑えることができればかなりスマートなレースを見せるはず。なんたって走ってるレースの殆どが左回りというクセの強さ。初重賞参戦ながらも勝ち負け必至。以下、買い目の3頭。まずはスターオブペルシャ、ここのところ毎回乗り替わりが続いているがそれなりの好成績を上げている。なのに前走1番人気で内田が期待を裏切る騎乗となった。汚名返上の如くここは盛り返し期待。しいて言うならやたら斤量57を背負って走り馬券に絡んでいるあたりは好材料か。こちらも重賞初挑戦だが馬は悪くない。次にチャンピオンルパン、どういうわけか7歳になって突然開花。なんせ横山和を乗せて3着3着2着2着という快走。しかも全て人気より上位という万年フロックという馬。それでも徹底的に坂路で調教を積んできておりなかなか面白味がある。休み明けで人気を落としているようなら充分狙い目。最後にワントゥワン、前走で注視しながらも後方過ぎる位置取りから内を右往左往のロスが響いた。デムーロにしては珍しく失敗のレース。後からしか行けないのは分かっているのでここで無理に内を突く必要はない。大外からでも直線まで離されていなければ勝ち負け可能と見解。もう一度だけ買う。以上、4頭の馬連BOX買いで。

エルムステークスの本命はミツバ、これだけ重賞で好走していればちょっと格が違う。松山もほぼお手馬にしている状態である。普通に乗れば楽勝の馬。以下、買い目の3頭。まずはアンジュデジール、いつものように昆厩舎の横山典起用で期待値は高いところ。1700mでもたぶん大丈夫だろうと思う。とにかく3枠の2頭は要注意か。次にモルトベーネ、G3くらいは楽にこなせるくらいの実力は兼ね備えている。休み明けで鞍上秋山はなかなか怖い存在。人気を落としているようならしっかり押さえておきたい。最後にハイランドピーク、新潟重賞でも乗れそうな有力馬がいたにもかかわらずこちらへ参戦してきた横山和が案外怖い。父親と一緒の重賞で横山典がうっかり息子をサポートしたりしそうで無視できない存在か。まぁ初重賞勝ちなんてのはそういう感じで獲れそうでもあるが、ここはあくまで要注意のレベルとして、押さえまで。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レパードS 小倉記念

夏のローカル重賞でなかなかいいところが取れない。暑さで肉体的にも精神的にもキツイが馬券が外れることはそれ以上にとっても悔しい。挽回すべく狙っていきたい。新潟のレパードステークスから。しっかりとフルゲート15頭が揃った。本命はグリム、人気を背負った前走重賞は失敗のレース。直線で行き場を失い持ち直せないまま沈んでいる。川田がヘグったんだね。その川田は不在で内田への乗り替わり。これは変わり身アリと見る。距離1800mは未経験ながらも鞍上のウデで持たせると信じよう。以下、買い目の3頭。まずはアルクトス、前走福島でのレースは非常に上手く乗れて勝利している。先行しても脚をためて末脚が使えるだけにスタートが決まれば一気に抜け出すだけの力はある。枠順を活かして頭を取れるか。次にビッグスモーキー、清水厩舎2頭出しだが買うのは賞金加算できたこちら。芝よりもダート適性を気にしているがそもそもデビューからはダート1800mを4戦走って2歳GⅠへ出走した馬である。あとは託された大野が上手く捌けるかどうかだけ。包まれなければ外を回してもいい勝負になりそう。最後にバクハツ、先週初重賞勝利を決めた小崎が父小崎厩舎の馬で挑んでくる。これは面白いっちゃぁ面白い、ご褒美的な意味合いもあるんだろうか。さておき1枠に入ったことはプラス評価。後に下がってもいいが内のポジションキープしつつ直線でそのままインを抜けるという乗り方ができるかどうか。ハマれば2着くらいにはくるかもしれん。押さえの期待馬。以上、4頭の馬連BOX買いで。

農林水産省賞典小倉記念の本命はストロングタイタン、前走グランプリGⅠでは本命視しながらも下位に沈んでしまった。こちらも川田の手綱だったか。しかし重賞の舞台でレコードで走れるくらいのスピードを持ち合わせているのは事実。で、今回なぜ推すのか。鞍上の外国人騎手アヴドゥラですよ。正直まったく謎で実力不明な部分の多い騎手であるが、オーストラリアで活きのイイ若手という認識まではある。こないだも書いたが豪州の競馬は日本や香港で案外通用してしまうんだよ。そして前々から独自予想で唱えている御祝儀騎乗というやつである。ここは一発狙っての本命視。対抗にはトリオンフ、先に述べたが前走はレコードの出た重賞でのコンマ1秒差の2着は大きな要素。ここで須貝厩舎が武豊の起用となった。ピンク帽子となったが少頭立てで影響は少ないと見る。鞍上的には得意の小倉で魅せてもらいたい。馬も2月の小倉の重賞を勝っているわけで、必然的にも注目馬で仕方ないところ。3番手評価にキョウヘイ、またまた高倉の馬である。目黒記念や宝塚記念で推したあの馬と同じく、デビューからずっと手綱を取り続けて16戦。完全なるお手馬化した状態は決して悪くないし現代競馬では応援したくなる条件だ。前走では重馬場で速い上がりを見せており、直線の追い比べで競り落とした騎手はそうそうたる面子。斤量-2㎏で臨めるここは侮れない。そして1枠に入った。前走もスタート後に後方に下がったと思ったらいつのまにかインにつけて前に出てきた。そして宝塚記念のように高倉がラストでイン強襲のコントロールを見せればここも期待値は高い。自信を持って乗ってもらいたい。勝負の買い目。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »