« 紫苑S 京成杯AH セントウルS | トップページ | オールカマー 神戸新聞杯 »

阪神JS ローズS セントライト記念

3日開催の変則。今週は3重賞、大好きな障害重賞もありここは勝ちにいきたい。土曜の阪神ジャンプステークスから。焦点は現王者が抜けての前王者の取捨。いやいや捨てきれんよな。主戦が白浜に替わったが馬の力は維持している。軸にして相手に人気薄を選ぶか、ハナからこやつを外して大きく狙うかの選択だが、無論後者一択。本命はラヴアンドポップ、未勝利を勝ちあがるのに苦労していたが上がってしまえば後は楽。スタートさえヘグらなければ前で粘れる走りが見れるだろう。対抗にはシゲルスズキ、こちらも未勝利脱出に時間を要したクチ。ヤネが佐久間ですからね。思い切って逃げてくれんかえ、というのがこちらの本音だが隣の大外枠の馬についていく感じになれば一緒に流れ込み必至。3番手評価にシゲルクロカジキ、馬自体は後ろからの競馬、障害戦ではいたって不安になる脚質だが、現王者で嫌というほど体感してきた石神が手綱を取ることになった。障害戦においてはひと皮どころか全皮剥けたであろうヤネの力量に託す。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

関西テレビ放送賞ローズステークスの本命はサラキア、追い込み一辺倒の戦術の狭さが難だがハマれば重賞でも通用する脚がある。僅かな差でクラシックの出走は叶わなかったわけでそれを踏まえてこの夏一番の上がり馬と言えようか。手綱が池添に戻り、末脚勝負に徹する期待値は充分ある。以下、買い目の相手3頭。まずはウラヌスチャーム、とりあえずここからは関東馬3発。藤岡佑介を乗せてきたこの馬はちょっと注意したい。カンに近いかもしれんが、まぁ匂いだな。関西は初お目見えという不気味さもあるが流れが速ければ外から突っ込んでくるイメージがはっきり見える。次にトーセンブレス、オークスは出走取消となり乗り込んでのここ。能力は高いとは思うものの、鞍上が非常に買いにくい。それでもポジティブ思考で捉えるならば、後方待機からの前が空くというラッキーを前提に内を突いて上位食い込みといったところか。何度展開予想をイメージしてもこういう感じになるのだ。面白いので押さえる。最後にゴージャスランチ、関東馬ラスト評価はこの馬。どうあれデビュー以来、7戦すべて馬券圏内という堅実さ。しかも横山典が主戦となってのそれである。穴っぽい馬の極みであろうか、個人的に魅力をビンビン感じての買い目。初重賞での弾けた走りを期待したい。以上、4頭の馬連BOX買いで。

朝日杯セントライト記念は月曜開催の為、枠順確定前の予想となる。本命はジェネラーレウーノ、中山では滅法強い印象。ゆえのダービーのタレ具合は仕方なしと見る。とにかく逃げて強の脚の持ち主。スタートも巧いし例えるならかつてのツインターボのような逃げが打てれば相当強い馬だと信じている。これまで買いまくってたわけだか。馬場適性及び脚質、流れを加味しての本命視。以下、買い目の相手3頭。まずはギベオン、直近2戦の重賞では人気とヤネを嫌って買い目から外していた馬。ところがどっこい4戦して4人の外国人騎手で全連対という結果を残した。今回やヤネは戸崎となるが、乗り替わりの影響は全く無いと結論、その鞍上はクラシック2戦とも1着2着の手綱を取っている。同世代他馬との力関係は完全把握していると理解していい。色々選定する事項もあるが、結局はマイルGⅠ2着からのここが怖く気になってるだけかもしれん。距離は関係なく切れる末脚を使うはず。次にブレステイキング、結局は堀厩舎のデムーロのチョイスになった。重賞経験は無いにしてもOPではそれなりに好走しての2着している。たぶん後方一気の狙いになるだろうがベタだけどヤネの腕を込みで買い目とする。最後にコズミックフォース、早いうちから散々注目しておきながらダービーでは見切ってしまい、あわやの3着。慌ててここでの買い直しという算段。いや、まぁ粘り腰というかラストの勝負強さはやっぱり評価せざるを得ないな。トライアルなら充分連対圏内。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 紫苑S 京成杯AH セントウルS | トップページ | オールカマー 神戸新聞杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神JS ローズS セントライト記念:

« 紫苑S 京成杯AH セントウルS | トップページ | オールカマー 神戸新聞杯 »