« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

アルテミスS スワンS 天皇賞・秋

今週は3重賞。時間がなく簡潔にまとめる。土曜のアルテミスステークスから。本命はグレイシア、2戦2勝で人気を集めそうだが走りは本物。鞍上の田辺がいまひとつ読めないが、あまり難しく考えずに広い府中ならば大外に出して末脚勝負でもお釣りがくるくらいのポテンシャルはありそう。内へ閉じ込められるよりもそっちを選んでほしい。以下、買い目の3頭。まずはシェーングランツ、姉の超早熟ぶりからしてこの馬の期待値は高い。北村宏でよかったのだが武豊に乗り替わってしまった。社台の馬、藤沢厩舎に武豊である。ちょっと面白い感じではないか。今年は何度か記してきたが重賞でも好調の武豊がこのテン乗りを上手く捌けるんじゃないかという予見。まぁ人気にはなりそう。次にミディオーサ、1600mを2戦使ってのここ。混合戦をどちらも1番人気しており東京コースも経験済、万全の態勢で堀厩舎がモレイラをヤネに据えている。お馴染みサンデーRの勝負服まで込みで考えるとどう考えても馬券対象の馬となった。最後にアズマヘリテージ、前走で大きな見返りをもたらしてくれた馬。評価した通りで、あの走りをもう一度してくれれば2着食い込みはあるかというところ。若い荻野極がどこまで腹の据わった騎乗が出来るかだろう。直線まで後方で死んだふりからのラスト200mで一気に加速してこれれば上位争いか。坂を上がるところで脚が持てばアツイ。以上、4頭の馬連BOX買い。

毎日放送賞スワンステークスの本命は言うまでもなくモズアスコット、仕方ないちゃぁ仕方ない本筋。またまたまたまたルメールかとなってしまうが安田記念を制しているだけに本来なら日曜の天皇賞へ出てきても買ったであろう馬だ。斤量58なんて問題にもならんだろう、走り頃ってヤツかもしれん。楽なひと叩きになるね。対抗にはベステンダンク、障害帰り後はオープンでは走るのに重賞では弱さを見せている。それまでの鞍上の力量も踏まえここで川田へ乗り替わったことは勝負気配か。相手は強いが少頭数でコースを広く使えれば案外伸びる可能性はある。3番手評価にデアレガーロ、京都1400mを一度だけ走っているがその重賞でみせた2着は決して悪くなかった。適性と相性で福永に乗り替わったことはプラスと見る。重賞でどこまで食い下がれるかが不明ではあるがちょっと注目したい牝馬。斤量差と外回りコースを活かせれば2着争い出来ると思う。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

天皇賞・秋の本命はスワーヴリチャード、文句なしの本命馬でいい。不安はレース間というより馬体重だろう。510㎏を越えなければ切れる末脚は間違いないと思っている。絞ってきてくれと願うだけ。以下、買い目の3頭。まずはサングレーザー、普通に本命にしたいくらいの馬。距離はどうあれスピードで勝ち切れるだけの力を持っている。モレイラが乗るなら道中でポジションを上げてのラスト33秒台前半の上がりを使って勝ちを計算するはず。ヤネによる勝利が見込めるのがこの馬。次にマカヒキ、同じダービー馬でも5歳の方を買いたい。この馬に限れば武豊への乗り替わりは戦術的にかなり有効だと思える。やることはただ一つ、道中しっかり溜めて直線で弾けるだけ。ディープ産駒、金子の勝負服、武豊の三拍子となれば期待していイイはず。外国人騎手勢に獲られ続けているGⅠ、3着ばかりではなくそろそろ勝ち負けしていい。平成最後の秋の天皇賞を勝ったのは平成の盾男、武豊だぁ!という実況が聞こえてきそうだ。最後にミッキーロケット、冷静に考えれば今年の前半期グランプリ馬である。1番人気でもまったく不思議ではないはずだがこのレースでは役者がそろい過ぎた。GⅠ馬も多数いることでこの馬が霞んで見えるのも無理はない。だが買う。前哨戦を使えずぶっつけ本番となったが厩舎2頭出しを有効に使えばこちらは早め抜け出しのロングスパートに賭けることができる。流行りのスローペースとなればしめたものか。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士S 菊花賞

先週の牝馬3冠は久々に見応えのあったレース。馬券はワイドにまで落として狙ってみたものの展開を完全に読み違えてしまった。あんなにペースが上がらないものか。いや、今の競馬は極端はハイペースにはならない感じである。騎手の個性も乏しいし、後ろからの馬は展開よりもヤネの腕に起因するようになったんだろう。微妙んじ修正をかけつつ今週の予想に入る。土曜の富士ステークスはこのままGⅠでもおかしくないメンツで面白いじゃないか。高配当を期待しつつ勝ち馬を当てたいところ。本命はワントゥワン、完全に追い込みタイプで近2走は惜しい結果だ。ヤネがモレイラに替わり、一変期待の鞍上強化。騎乗停止明け、騎手試験不合格明けということで日本に爪痕を残すべくここは魂の手綱捌きとなるだろう。以下、買い目の3頭。まずはロジクライ、こちらもルメールへの乗り替わり。あと一歩足りない部分を補うには充分有り余る鞍上強化。好位差しの流れでゴール前勝ち負けを演出か。次にペルシアンナイト、馬の能力を素直に評価。強いてあげるとするなら斤量59、ひと叩き、厩舎2頭出しというあたりのマイナス要素か。それを踏まえてもここは大きく負ける程ではなかろう。3番手評価にしたが、そもそもGⅠで1着2着があるし格は数枚上になる。馬券としては外せない。最後にウインブライト、中距離以下なら力を発揮できる馬。58㎏はやや背負ってしまった感もあるが、GⅢのマイル戦なら楽に捌けるだろう。先行しラストは内からスルスルという感じがお似合いである。関東馬、畠山厩舎、ヤネ松岡という諸々の条件を打破して一発あるのはコレか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

菊花賞は当然と言えば当然だが展開が非常に読めない一戦。ザックリといった予想となる。本命はエポカドーロ、クラシック戦線では常に主力視している馬である。何度も言ってる通り先行して粘れる脚を持っている。3000mを抑えて乗れたらこの馬は二枚腰を使えると予見。あとは戸崎がどのタイミングで追いだせるかとスタートをノーミスで出ることだけだ。以下、買い目の3頭。まずはメイショウテッコン、逃げに特化するなら非常に面白い一頭。松山が完全に手の内に入れている馬でありペースを落ち着かせてしまえばこの馬のスタミナで押し切れる可能性は高い。赤い帽子2頭が行った行ったで押し切る展開ならアツイ。次にエタリオウ、近2戦を見る限りは末脚に賭けるだけで相当良い馬。ペースに泣かされている部分もあるがちょっとでも流れが付くとこの馬が差し切る。デムーロが昨年同様の乗り方で大外一気を決め打ちできればゴール前で頭を取れるかもしれん。展開が読めない分、後ろからの馬も馬券に絡める。最後にフィエールマン、4戦目で菊花賞を狙えるかどうかという冒頭からの不安もあるがとにかく馬は良い。サンデーレーシングの勝負服が4頭並ぶ中でこの馬だけをチョイス。色々な偶然や流れが加わり鞍上はルメールへと乗り替わった。これは吉報だろう。馬のレース経験の浅さと脚質の自由度から後方待機策に賭けてくれれば雪崩れ込めるだけの一筋の光は見えてきそうである。そうなれば久々のデムルメ馬券炸裂に期待大。関東馬ということで2着がいいところかもしれんが。とりあえず以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

府中牝馬S 東京HJ 秋華賞

秋競馬が面白くなってきた。今週は障害戦を含む3重賞。楽しみながら馬券を獲りたい。土曜のアイルランドトロフィー府中牝馬ステークスから。本命はクロコスミア、昨年は正に勝ちが見えた一戦でありそういう予想も出来ていた。1年経ち勝負どころのこのレースで岩田が手綱、逃げ馬で1枠を引いたことはかなりプラス評価としている。怖いのは4歳勢だが1000mを1分1秒台で通過できれば勝機アリか。開催1週分のAコースなら内ラチ沿いは充分逃げて残れると思う。対抗にはジュールポレール、まぁ東京コースで今年GⅠ勝ってますからねぇ。前走が鮮やかだっただけにちょっと目を引いた分、今回の買い目とした。他の実績馬に人気が集中してくれれば案外オイシイ馬券か。3番手評価にミスパンテール、前にも述べたが重賞3連勝は侮れんし昆厩舎の横山典は買いのパターンがある。大外枠を引いたここは直線一気だけで勝負できるレース。前走とは違い少頭数での流れなら上がり次第でラストは届く計算ができる。以上、3頭の馬連BOX買いで。

東京ハイジャンプの本命はルペールノエル、かつての前王者や現王者に迫れる唯一の馬として障害重賞ではいつも押さえていた馬である。当然ここでの本命。今年はGⅠ戴冠があると見るべく、ここでは負けられない。対抗にはヨカグラ、前走ではかつての王者を抑えての重賞勝ち。新たなパートナー西谷が上手く乗った一戦であった。あの乗り方が出来ればここでも勝ち負け。3番手評価にサーストンコラルド、障害転向後に素質開花か。トントン拍子に重賞を勝ってしまった。前走があまりに人気がなさすぎでフロック視されがちだが底力は本物と見る。以上、3頭の馬連BOX買いで。

秋華賞、言うまでもなく牝馬3冠確実と言っていいアーモンドアイがいる。興行としては最高なのだが、実際には単勝は1.1か1.2くらいだろうこの馬を軸にしても馬券としてはたいして面白くはない。ならば2着3着のワイドでそれなりのオッズがあれば馬券としては勝負になりそうな気配。あくまでも勝ち馬を挙げるのが競馬予想と考えているが、これはちょいと邪道な買い方でもある。ワイドの理由は買った馬が万に一つでも3冠阻止して1着3着でもOKということだ。ここが頭固定3連単と違う部分だろう。なのでワイド本命は、ということになりサラキアを挙げる。レースの展開としては逃げ馬もいる中で1番人気馬が先行すると見当しそれをなんとか負かしに行こうとする番手馬も前々に付けざるを得ないわけで必然的にハイペースを予見。たぶんそれでルメールの馬以外は潰れるね。そこで道中死んだふりの追い込み勢に注視し今回の予想の芯に据える。持てる上がりの速さは他馬に劣らず抜けた存在。ゴール前で同じ勝負服が並ぶ可能性は大きい。以下、買い目の3頭。まずはラテュロス、ハナを切る競馬をしていたが前走トライアルでは中段に控えてラストは伸びてきた。あの感じを忘れず、ここでもしっかり道中控えてラストに賭けてもらいたい。前が開けば相当期待のもてる追い込みを見せてくれるはずである。内枠でどうポジションをとれるかがカギだろう。次にパイオニアバイオ、後方からの競馬ならちょっと推せる存在。どこまで影を薄くしてスルスル上がってこれるかが肝になる。何年かおきにポコッとGⅠを勝ったりする柴田善が不気味。たぶんノーマークなので外目に抜け出しやすいんじゃないだろうか。最後にゴージャスランチ、この馬は4角最後方からでも差し切れるだけの爆発力を持っている。前走では前々で競馬をしていたが実際には追込型と結論付けた。GⅠなので捨て身の後方待機策で横山典の持ち味が活きるのではないか。ラストはモニター画面外からスッ飛んでくる感じでゴール前強襲を期待。久々に横山典のGⅠ2着っぽさが匂うね。以上、4頭のワイドBOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サウジアラビアRC 毎日王冠 京都大賞典 凱旋門賞

3連休で3日開催のJRA。台風接近で心配でもあるがヒマな3連休、フランス競馬も含めたっぷりと楽しみたい。土曜のサウジアラビアロイヤルカップから。8頭立てというスッキリとした出走表である。まぁ1頭抜けて強さを示した馬がいるのでそのせいでもあるが、本命はシャドウエンペラーとした。調教が良く見えたし新馬戦で馬場の悪さも苦にせず上がり最速をマークしており、その他いろんな意味で後押しできそう。先週も盛り上がったゴドルフィンの勝負服、旬なジャスタウェイ産駒、ヤネの和田も今年は久々にイイ、そして1枠を引いた。オッズが偏ればこの馬からでも充分買える。対抗にはセグレドスペリオル、ちょいと難しい選択でもあったがこやつは走るぞ。とにかくスタートがカラッ下手、たぶん鞍上の川又というあたりも影響してそうではあるが、そこが仮にスムーズに出ると考えた場合かなり力のある馬と評価していい。減量もつかず本来なら乗り替わってもおかしくないとは思うが、厩舎へのエールをフランスへ届けるべくここは激走しても驚きはしない。ゲートのタイミングだけに集中しあとは無心で乗れば食い込めるはず。3番手評価にグランアレグリア、ちょっと敬遠したいくらいの1本かぶり人気か。レース間も気に食わん、ただそれらを差し引いても消せないくらいの存在感としか言えないな。保険の3番手押さえ。以上、3頭の馬連BOX買い。

日曜の毎日王冠の本命はサトノアーサー、近2走を東京1800mを使い中身は濃い走りを見せた。普通に考えれば本命視するだけの能力を充分持っている。多くを語る必要もなく中心に据える。対抗にはダイワキャグニー、本命馬を評価するなら同じ近2走を使っているこちらも押さえる。前走では極端に馬場の悪い場所を走り直線失速、いや正確には追っていなかったから下がったというべきか。ノリのいつものやつである。2走前では57㎏を背負って本命馬を負かしているだけに、今回は56㎏で乗れるし末脚は確かと見る。巻き返し濃厚か。厩舎2頭出しのもう一頭はGⅠ馬でヤネにモレイラを据えた。この辺りの菊沢、横山典、モレイラの関係について詳細は不明だが、横山典はアエロリットのほうにも乗れたはずで、なのにこちらを選んでいるのはプラスに考えていいだろう。あとはあちらの牝馬はモレイラ人気を懸念、当方としてはモレイラは早仕掛けっぽいところもあり東京コースで先行する馬だとちょっと買いづらい。直線で抜け出し坂上で後続に差される展開だと予見。もしもここでモレイラが押し切れるならば、ヤネも馬も本物と考えるようにする。3番手評価にはステルヴィオ、3歳で買えそうなのはコレ。この距離で皐月賞馬を倒しているくらい実際には強い力を秘めている。クラシック2走の敗戦は要はポジション取りに失敗し、後ろすぎただけ。頭数も少ないここはかなり楽に乗れるはずであとはルメールの力量よりけりというところか。血統的に距離不安はあるが、今年の3歳牝馬2冠馬を考えれば鞍上との相性も含めて問題なさそう。充分なくらい根拠ありの3番手評価。こちらも以上、3頭の馬連BOX買いで。

月曜の京都大賞典。こちらも少頭数、買い目は絞って狙いたい。とはいえ枠順確定前だし、更にカク地の馬以外全馬が騎手乗り替わりという謎レース。お前ら前走乗ってた馬がレース内にいるやんとツッコミたくなるが、今のエージェント制度だとこんなもんか。本当に予想を面倒くさくさせてくれる。そんな中で本命に挙げたのはウインテンダネス、素直に前走を評価しておく。あの時はハンデの恩恵があったとはいえ内田を乗せて人気薄でよく走ってくれた。馬券を大きく獲らせてもらったこともあり、再度推す。カンカン泣きしないタイプだし菱田でもなんとかなるんじゃないかと楽観視してみる。対抗にはプラチナムバレット、昨年は姉が勝利しており今年は姉弟で出走。そんなことより前走重賞でヤネの未熟さで競走中止という汚点を晒してしまったわけで、汚名返上の如くここはガチで真剣に勝ちに来ると見ている。幸なら2着っぽい気配もあるが、なんにせよ好走必至。3番手評価にサトノダイヤモンド、まぁ復活期待といったところか。前走では途中で脚を使ってしまい直線入ってからは完全に勝ちパターンであったにもかかわらずラストは止まってしまった。終始外を回り、王者の走りを貫いた結果がアレ。阪神では多少辛かったか、平坦で直線も短くなる京都コースでなら今度はギリギリ我慢が利くだろう。斤量57なら勝機充分。今回は勝ち負けになる。きっちり絞りこちらも以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

凱旋門賞、楽しみである。今年のエネイブルはね、牝馬の連覇というハードルの高さと斤量58に泣かされると思う。昨年は予想通りの強さを見せてくれたし、もう充分だろう。そこで今年の本命はヴァルトガイスト、対抗にパタスコイ、3番手評価にカプリという感じ。クリンチャーは悪い評価でもないが勝つまでは正直厳しいと思う。京都記念の走りが出来れば2、3着くらいには飛び込んできそうな感じ。枠順を活かせたとして最大限そこまでくらいか。応援含めて4番手の押さえとしておこう。馬券として買うなら以上、4頭の馬連BOX買いで楽しめる程度に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »