« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

ステイヤーズS チャレンジC チャンピオンズC

いよいよ12月となる。師走の競馬、ちょっと身の回りも忙しいが馬券は予想してきちんと買う。まずはスポーツニッポン賞ステイヤーズステークスから。本命はリッジマン、手が合う蛯名が乗る。中山長距離戦ではもってこいの条件か。斤量増がどこまで影響するかが微妙だがスタートだけは普通に出てほしいぞ。以下、買い目の3頭。まずはアドマイヤエイカン、ぎりぎりまでチョイスは迷った。血統的にも長距離適性を見込んで悪くないはず、いや距離は長い程良いと思う。久々の重賞の舞台で花咲くタイミングか。次にカレンラストショー、ヤネが内田に戻ったというだけでとりあえず押さえる感じ。6歳の終わりに初中山コースというあたりが未知数で怖い。最後にララエクラテール、条件戦では長い所で終いの強さを見せていた印象。重賞では人気薄になるだろうが末脚に賭けた乗り方ではひと味違うかもしれん。完全ノーマークだとラストにスッ飛んでくる可能性はある。以上、4頭の馬連BOX買い。

チャレンジカップの本命はエアウィンザー、ここなら問答無用の強さを発揮すると思う。ブレイクの兆しアリと見るね。来年まで見据えての期待値が高い。以下、買い目の3頭。まずはロードヴァンドール、やっぱり昆厩舎の横山典で面白い存在。なかなか馬券でビシッと取りにくい部分もあるが、暫く追いかけておくべきだと判断。次にマウントゴールド、逃げの一本鎗でどうかなぁと思うところもあるが、内にいる1頭よりテンが速ければそのままハナが切れる。あとは鞍上の武豊の手腕に賭けるだけかな。粘り込み期待。最後にダンビュライト、GⅠで好走する馬がここに回ってきた。普通に考えれば能力上位だが、仕上げの目標がここか来年かが微妙。それを差し引いても馬券としては買うべきとして切れなかった。以上、4頭の馬連BOX買いで。

チャンピオンズカップの本命はケイティブレイブ、ここのことろ一番強いと見ている馬。前走通りの評価でここでも主力視。特にコメントすることもない。以下、相手となる3頭。まずはアンジュデジール、内に張り付いて直線先頭で4角を回れば必勝パターンか。前走の直線は差し返してくる勝負根性も見せている。今回は唯一の牝馬、昆厩舎に横山典、これだけ揃えば2着くらいは見据えておける。次にオメガパフューム、同じ3歳馬でも能力上位と見ているのはこちら。近走は古馬に混じっての1着2着、これは内容が良かった。手が合う和田が乗れないのは残念だがCデムーロなら評価を下げる程でもなかろう。最後にサンライズノヴァ、展開にハマれば強しの見解。ギリギリまで抑えてからの直線鬼脚爆発を期待。大外を回しても差し切れる底力を持っている。流れが吉とでれば一発アリか。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオNIKKEI杯京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯

重賞が不調でここ数週間は馬券予想で調整に入っている。普段は主に勝負レースで張っているが、調整中の時は全レース買う。3場開催の今なんて日に36レースの土日で72レースはかなりハードではあるがそれでも回収率が落ち込まないのはまだ悪くないところか。もうあと1~2週間は調整していきたい。今週の重賞は3つ。楽しい楽しいJCもある。しっかり張りたい。土曜のラジオNIKKEI京都2歳ステークスから。本命はワールドプレミア、話題先行っぽいところもあるがここでは唯一のディープインパクト産駒、適性込みで推奨。ある程度前に付けてほしいと願うばかり。対抗にはペルソナデザイン、こちらも東京コースで走りが良化したクチ。前走と同じ位置取り、追い出しができれば案外勝ち負けの部類と見る。3番手評価にクラージュゲリエ、前走の内容を加味すれば勝ち馬との比較で実力上位組。新馬で手綱を取ったモレイラに戻るのもプラス好材。以上、3頭の馬連BOX買い。

ジャパンカップ、恐らく1枠1番三冠馬の3歳牝馬で話題一色だろう。強いのは分かっているこの馬がヘグる可能性を突くわけだが、一応古馬初対決、内枠からの後方待機策のリスク、2400mがベストとは言い切れないといったあたりか。ルメールが上手く捌いて外に出てきたら万々歳となる。はたして今回はどうか。馬券を外すまでに至らなかったのでアーモンドアイは本命として重視しておく。以下、相手の3頭。まずはキセキ、前走で完全に見直した馬。東京コースで先行策を打ちギリギリまで残して強さを見せたわけで、戦術が増えたといえよう。ペースを読みつつ中段につけておけばどうにでも転べそうな感じ。秋に2戦続けて東京コースを走ったことは必ず活きる。次にカプリ、外国馬の活躍が目立たない近年、よくやってきたなと思わせる馬である。馬場が合わないような下馬評もあるが日本慣れしてきたムーアが乗る。当然、東京の馬場に合わせた乗り方を追求してこないわけがない。そこらへんは上方修正して考察する必要があるんじゃないか。内2、3頭とは違うタイミングで動いてできたスペースを使えば実力馬たちにフタをしてレースを運べる。早め抜け出しでどうか。最後にノーブルマーズ、振り返ればヤネ高倉固定を好評としてきた予想がハマってきていた。外国人騎手無双が騒がれ右も左も外国人が大きい所を勝ちまくっている中、このジャパンカップ出場騎手の中でこの鞍上だけが異色を放っている。このメンバーに高倉ですからね。スゴイことですわ。斤量58背負って3着にきた宝塚記念はかなり評価していいはず。逃げ馬を前に番手に付けれれば2着アリか。ジャングルポケット産駒の府中好走を期待。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

京阪杯の本命はワンスインナムーン、このメンバーなら抜けている。スタートからテンの速さが目を見張る。ペースが流れてもそのまま振り切れるだけのスピードがあるので要は行ったきりの競馬で勝ち切る算段。坂が無く平坦なコースが味方するだろう。以下、買い目の3頭。まずはグレイトチャーター、近3走のオープンと重賞を好走。1200mに特化した上がり勝負の走りが染みついているだけに内回りの仕掛けどころのタイミング次第では勝ち負けになる。次にベステンダンク、京都で1度勝たせている松山への乗り替わりはプラス。スピードある本命馬のマークに徹すれば引っ張られるように雪崩れ込む可能性は大きい。押さえるべくして押さえる。最後にオールポッシブル、前走で久々の1200mにも我慢が利いた。ほんとスタートだけだが、そこさえ上手く出せれば相当面白い存在。内に張り付いてガス欠にならなければ一発狙える。荻野極の真骨頂が見れるか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スポーツ杯2歳S マイルCS

苦手な2歳戦の東京スポーツ杯2歳ステークスから。アレコレ試行錯誤しつつ導きだした本命はカテドラル、単純に前走OP快勝が目に付いた。少頭数ではあったが押し切った感じが非常に良かった。素直に軸でいく。以下、買い目の3頭。まずはヴェロックス、乗れる馬は多々あっただろうにこの馬をチョイスしたルメールに注視。無論、本命馬に迫った前走も評価しての番手評価。次にゴータイミング、新馬勝ちからの馬で選ぶのはこれ。馬の力というよりは松永厩舎、キーファーズ、武豊、社台ファームという組み合わせにパワーというか流れというか、言葉に表し難いがとにかく引き寄せられたという感じ。正に馬券妙味アリという狙い。最後にアガラス、関東馬で買うべき馬として押さえる。デビューから2戦とも1番人気で好走。鞍上のビュイックが不気味。いきなり御祝儀があってもいいくらいの馬に乗っているわけで、ここは買い。以上、4頭の馬連BOX買いで。

マイルチャンピオンシップだが、GⅠも重賞も平場も色々考えるのも無駄かのように外国人ジョッキーが幅を利かせている。じゃぁ何も考えずに外国人だけ買ってりゃいいじゃん、なんて思えるが、それじゃ競馬がつまらない。競馬を楽しめないわな。そういう買い方で博打するなら別に競馬じゃなくてもいいわけで、やっぱり予想とレースを楽しもうということでやっていきたい。本命はペルシアンナイト、基本的には4歳馬中心で考えるがこの馬は前年優勝馬でもある。前走富士S5着というあたりのカブりっぷりもよく同じローテー、内容でここも奪取すると見解。ミルコも先週あの外国人ラッシュに絡めなかった悔しさを晴らしてもらいたい。以下、買い目にする3頭。まずはアルアイン、池江厩舎の2頭目。やっぱりねぇこの世代のGⅠ馬は強いよ。かなり久々のマイル戦になるが1600mだと走らないという理由が見つからない。天皇賞秋からのここというローテーにも好感が持てる。充分有力視。次にモズアスコット、ルメールということもあるが急激に強くなった感じがある。連闘でGⅠを獲ったことは強運を手繰り寄せてのもの。末脚勝負で頼りになるあたりは馬券として買わないわけにいかなかった。本音で言うとルメールばかりで面白くないが。最後にジャンダルム、結局池江厩舎の3頭をすべて押さえてしまうことに。3歳馬で強いのがいるなかでこの馬を買う理由はコースにある。ラストがジリ貧に見える脚も恐らく坂がダメだからではないか。京都コースでなら切れるラストが見れると思う。京都といえば鞍上の武豊が今年はGⅠで人気薄を持ってきているのが京都コース。いきなり連に絡むくらいの芸当は見せてもおかしくない。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都JS 武蔵野S デイリー杯2歳S 福島記念 エリザベス女王杯

5重賞。アップアップで予想作業を行っているが文字に起こすのも大変なので要約して短評のみ。京都ジャンプステークスの本命はミヤジタイガ、前走OP勝ちを素直に評価。高田の手綱は悪くない。対抗にマイネルプロンプト、同じく前走OP勝ちを評価。斤量60kgなら勝ち負け必至。3番手評価にタマモワカサマ、中段から押上げが利くタイプで同じ勝負服の2頭ならこちらをチョイス。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

東京中日スポーツ賞杯武蔵野ステークスの本命はウェスタールンド、ナゼか突如ダートで走りだした馬。末脚勝負が信条なだけに東京コースで進化発揮か。先週ここで重賞初勝利をあげたオドノヒューが乗るという相性の良さを買う。以下、買い目の3頭。まずはユラノト、松田国厩舎の重賞勝ちが今年はまだ見られていない。2連勝後に福永に託すここは買い時。次にサンライズノヴァ、普通に考えてダートOPを2着2着1着1着のトントン拍子は馬券から外す理由がない。外に持ち出せれば勝ちきれる力量の馬。最後にイーグルフェザー、ここまで徹底して府中のダートを使っているあたりは押さえ要素。テン乗り北村宏は微妙だが社台の2頭出しが不気味。同じ勝負服で叩き合いになればオイシイ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

デイリー杯2歳ステークスの本命はアドマイヤマーズ、実績から申し分無しだが京都でどうか。スタートが良ければ勝ったも同然と見ていい。対抗にはアズマヘリテージ、小倉では良い走りで馬券にもなってくれたが前走は勝負所でヤネの荻野極が遠慮してしまった。完全に挟まれて失速。若さを見せてしまい残念ながらここはCデムーロへ乗り替わり。馬の本来の力を信じてもう一度だけ買う。3番手評価にヤマニンマヒア、マイルの距離なら勝負になるか。1番枠を活かして前々で押し切り期待。以上、3頭の馬連BOX買い。

福島記念の本命はマイネルハニー、丹内で福島で逃げという3点セットが揃えば充分戦える能力。ここは数少ない買い時。以下、買い目の3頭。まずはトーセンビクトリー、前走謎のダートはひと叩き入れている。調教と見ていいか。やはり前での競馬になるだろうがこの斤量なら早めに動いても持つと予見。次にキンショーユキヒメ、なんたってこの福島で重賞を追い込み勝ちした馬。ヤネが鮫島克に替わりうっかり外を回ってしまったとしても直線入口でうまく手前を替えられればラストは伸びると思う。こちらの牝馬も推しの一頭。最後にマイスタイル、田中勝が先行策をキッチリ守れば2着食い込みはあるか。どうしても田中勝が重賞を勝つイメージが無い為、押さえ評価。以上、4頭の馬連BOX買いで。

エリザベス女王杯の本命はリスグラシュー、はじめから決めていた一頭。散々2着してちょいと足りない部分をモレイラで補う寸法。マジックモレイラのJRAでのGⅠがぼちぼちある頃。以下、相手2頭。まずはノームコア、ルメールか。それだけで説明は終わっていいのだが前走の強い勝ち方は無視できない。叩き2戦目がどうかといったところ。次にレッドジェノヴァ、2走前を斤量56㎏で勝っているのは大きい。前走よりもそちらを評価しての押さえ。最後にカンタービレ、外国人ジョッキーばかりで本当に申し訳ない買い目となってしまうがこの馬は仕方ない。前走の内容を評価しないわけにいかない。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 JBC3競走

今週は京都開催が賑やかである。JBCが中央馬場で開催とは粋なもんだが、こちとら海外競馬フリークでもあるのでメルボルンカップのほうが気になってしょうがない。とりあえず多いが各予想へ入る。3レースとも少頭数だし何頭も馬名を挙げてもみっともないのでしっかり絞ってみる。土曜の京王杯2歳ステークスから。本命はファンタジスト、前走に引き続き本命視。馬と武豊の噛み合わせが良かったし、何よりこの勝負服の武豊は押さえておきたい部類。人気だろうが問答無用の軸。対抗にはアスターペガサス、やはり重賞を勝っている強みがある。こちらも前走本命に推した通りの評価である。前回は小崎の応援も含めていたが残念ながら福永へ非情の乗り替わりとなってしまった。マル外だし、ここでも充分勝ち負け。3番手評価にココフィーユ、前走東京1400mの未勝利戦を1番人気1着を評価。まぁモレイラっていうのもあっただろうが乗り替わりが戸崎なら悪くないだろう。ロードカナロア産駒の関東馬で押さえとする。以上、3頭の馬連BOX。

KBS京都賞ファンタジーステークスの本命はジュランビル、どう考えてもこの馬の前走が一番強く見えた。あれと同じ走りが出来ればさほど苦労せずに上位へ食い込めると考察。普通に出て普通に走って普通に追えば楽勝のはず。対抗にはレーヴドカナロア、やっぱルメールとしか言いようがないか。いや、この馬は血統的にも悪くないわけで、上がりも速い。言うまでもないが鞍上の道中の位置取りの上手さをもってすれば、いつものようなすんなりの直線一気の鬼脚が見れるだろう。3番手評価にレッドベレーザ、こちらはCデムーロだから買うという感じか。前走京都1400mの同条件で上がり34.5を叩きだしている。直線で更に外に持ち出してもその分を補えるだけの能力と脚はある。ルメールとの叩き合いが面白いだろう。以上、3頭の馬連BOX買いで。

アルゼンチン共和国杯の本命はパフォーマプロミス、この馬に乗れることはオドノヒューへの御祝儀といえる。夏のグランプリでは後方で尻すぼみに終わってしまったが、この距離なら充分上位の馬。ヤネの手腕で変わり身一変とし、ここは前での競馬で押し切りパターンか。対抗にはムイトオブリガード、なぜ3歳の時だけダートを走らせ続けたのか、と問いただしたいくらいだが芝と距離の適性でこの夏の上がり馬的存在。懸念はヤネの四位ということになるわけだがテキ角田が信頼してこの馬に乗せているだけあってここは勝負気配。あとは四位の気迫だけ。気を吐いてくれればかなりイイ線いけそうなんだがなぁ。3番手評価にルックトゥワイス、これほどの左回り専用機も珍しい。全13戦すべて左周りで新馬だけ掲示板外した後は12戦中11回は馬券対象という堅実さ。満を持してついに重賞の舞台へ顔を見せた。この馬でこの斤量の恩恵なら激走を見せてもなんら不思議ではない。乗り替わった北村友は地味だがリーディングのベスト5に入っているわけでツボにはまれば怖い存在。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

さて京都ではダート競馬の祭典JBC3競走がある。地方馬も含まれる中、各4頭予想でまとめ、とりあえず買い目だけ。JBCスプリント、本命にネロ。あとはモーニン、キングズガード、キタサンミカヅキで4頭BOX買い。

JBCクラシックの本命はケイティブレイブ、相手3頭にアポロケンタッキー、オメガパフューム、サンライズソアの以上、4頭の馬連BOX買いで。

JBCレディスクラシック、本命はラビットラン。相手にプリンシアコメータ、ファッショニスタ、アンジュデジール。以上、4頭の馬連BOX買い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »