« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

愛知杯 根岸S シルクロードS

今週は3重賞。時間がないので買い目だけ。愛知杯の本命はランドネ、相手3頭にウラヌスチャーム、レイズアベール、ノームコア。以上、4頭の馬連BOX買い。

根岸ステークスの本命はサトノファンタシー、相手3頭にクインズサターン、サンライズノヴァ、ケイアイノーテック。以上、4頭の馬連BOX買いで。

シルクロードステークスの本命はアンヴァル、相手にペイシャフェリシタ、ラブカンプー、ダノンスマッシュを選ぶ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AJCC 東海S

このところ重賞予想にナーバスである。少し肩の力を抜いてあまり深く考えずに馬券を買ってみようか。今週の2重賞、アメリカジョッキークラブカップの本命はフィエールマンでいく。半信半疑で押さえた菊花賞で強さを見せてくれた。その後を無駄に走らず相手の薄いここで出てきたことで確勝級。対抗にはダンビュライト、本来ならGⅠで勝負できる馬だが秋の天皇賞を除外となりリズムが崩れたところもあるが、使い詰めだった分、これは良い休養になっただろうし、一戦叩いて仕上がりを見せている。昨年勝ったレース、再度評価。同じ勝負服2頭で馬連1点。

東海テレビ杯東海ステークスの本命はアンジュデジール、紅一点を狙う。関西の騎手ばかりが勝っている印象のこのレースだが意外にも関東の横山典はそれなりに勝ち鞍がある。つまり勝ち方を知っている西の重賞で、昆厩舎の馬なら推しの一手。今回は息子も出ておらず勝ちを譲る必要もなく全力で乗れる。対抗にスマハマ、中間にダートで調整していたあたりは調子が悪かったのではとやや不安でもあるが、なんたって骨折休み明けでもあり理由付けは出来る。ガレてなければ上位に絡むこと必至。3番手評価にインティ、条件戦をストレートで駆け上がってきただけに能力は未知数。脚質同型が多く、先週のように鞍上が乗り方に変化を見せれば一発あるか。買い目を絞って、以上3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェアリーS 日経新春杯 京成杯

金杯も終わり、1月この時期やや多忙。簡潔に3レース予想。3日開催の初日、フェアリーステークスから。結構いいなと考えていた馬がほとんど非当選馬となってしまった。こればっかりは言っても仕方ないので再考しての結論を記す。本命はレーヴドカナロア、お馴染みの勝負服になりつつあるし、注目のロードカナロア産駒。前走牝馬重賞を2番人気で失敗したもののここで再評価。鞍上ブロンデルがちょいと不安か。以下、買い目の3頭。まずはアマーティ、前走は内容の濃い重賞3着と見る。大外枠に入った部分は差し引いても勝ち負けする部類。次にアクアミラビリス、昨年はルメールの年だったが今年はデムーロの年となるんじゃないか。そのルメール想定の馬が外れたここは充分買える。牝馬限定新馬の1戦のみというあたりからやや押さえぎみの評価。最後にグレイスアン、初戦の1800m戦を取り消しとなり仕切り直しは1600m新馬、そして1番人気快勝。やっぱり1戦のみでのここは押さえ的に買っておく。以上、4頭の馬連BOX買いで。

2日目、日経新春杯の本命はシュペルミエール、堂々の関東馬をチョイス。この馬は出走表を見た瞬間、完全に異彩を放っている。3歳GⅠ後、半年後に1戦叩いて1着し、なんとそこから1年半後に出てきて2戦叩いて2着1着。11戦してGⅠ以外の10戦全て馬券になっているくらい凄い馬。問答無用の本命視。以下、買い目の3頭。ムイトオブリガード、トントン拍子に条件戦を駆け上がり、前走GⅡでは1番人気の2着。この距離中心に勝ってきたことを素直に評価する。次にルックトゥワイス、こいつも見事なまでに善戦マン。関西馬なのにローカル及びほとんど関東でしか走っていないが今回京都初参戦。ヤネ岩田へスイッチを絡めての変わり身期待。最後にアフリカンゴールド、3頭いるステイゴールド産駒を総買いという分かりやすさ。前走菊花賞からのここという4歳馬としては買いたくないところもあるが、この馬に関してはGⅠの57㎏はカンカン泣きだろう。ハンデ52㎏で乗れるここは一目置きたい。ミナリクが長距離をどう乗ってくるかが全然読めないのは不安だが。以上、4頭の馬連BOX買いで。

3日目、京成杯の本命はラストドラフト、新馬でのゴール前の根性も伸びもスピードも期待値を超えてきた。2000mに対応できれば問題無いだろうし、ルメールなら尚更不安無し。対抗にはダノンラスター、前走では出遅れ気味と道中の位置取りが悪すぎた。最悪だったレベルでもある。参考外とし今回デムーロで持ち直すと見解。前で競馬が出来れば勝ち負け必至。3番手にシークレットラン、前走葉牡丹賞の2頭を押さえたいが、買い目を絞ってこちらをチョイス。前走勝った方の馬になるが2着馬との決定的な1馬身差とレコードで勝利したことはかなり優秀な内容。限りなくここでの本命や対抗に匹敵するくらいの3番手評価。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山金杯 京都金杯 シンザン記念

昨年の重賞はてんでイイところもなく消化不良に終わった。外国人騎手の台頭や大手の特定の生産者、馬主、調教師に偏ったシーンも多く、それが悪いとは言わないが競馬が広い意味で「勝負」になってないようにも思えたな。結果、重賞がなかなか荒れず、予想ファクターに修正をかけつつ今年に臨む。コメントを頂く方々にも感謝し2019年も競馬を楽しみたい。日刊スポーツ賞中山金杯から。本命はアドマイヤリード、前走準OPを初中山で初めて横山典を乗せていきなり結果を出した。そこを斤量56を背負って勝ったことは御年6歳牝馬を加味すればかなり評価していい。横山典に至っては金杯はコンスタントに勝っている重賞。相性込みでここは勝負目。GⅠ馬ということをお忘れなく。以下、買い目の3頭。まずはストロングタイタン、何度か言ってきているが2000mでは無類の強さを見せることがある馬。おかげでハンデはなかなか背負ってしまうがラストに坂があるほうが好走する傾向があるし、ヤネの大野も昨年キャリアハイをマークしており組み合わせ的には面白い。池江厩舎が2頭出しなら人気薄を狙ってもよかろう。次にマウントゴールド、たった今、池江厩舎の人気薄を買うと言ったばかりだがこちらも買うわ。戦績とか人気とか武豊とかいう理由ではなく、馬名にある「ゴールド」が理由。金杯はなんとなくゴールドとかゴールデンとかそいういうのが来るんだよ。ちょうど京都の方にも同じようなのが出てるし、ちょっとした余興馬券としたい。最後にナスノセイカン、これはもう鞍上ブロンデルに尽きる。連に絡んできても明確な理由は説明できないな。気迫とか気合みたいな感じの新外国人の手綱が劇的に変化をもたらしたとしか言いようがないわけで、まぁ乗り方次第ではあるがこれまでの主戦と比較すればプラスに間違いないだろうと思う。以上、4頭の馬連BOX買い。

スポーツニッポン賞京都金杯の本命はサラキア、前走GⅠで本命視したくらいで、ここを53㎏で乗れるとは甘く見られたものだ。前走と違い外回りで距離短縮なら充分勝ち負け。以下、買い目の3頭。まずはグァンチャーレ、古川に手綱が戻ってしまったが乗り方にもうワンパンチ足りないのは否めない。しかし3歳のこの時期に同じコースで重賞を勝っているだけに悪い印象は薄い。ハンデが中途半端なのがその良し悪しを物語っている。ラッキーパンチでもいいので一発勝負が見込めるレースとして馬券とする。次にアドマイヤアルバ、ダービーを走ったがために前後のレースから長いところを使ってしまったが、もともとは1600から1800mで好走していた馬。今回ここのマイル戦に出てきたことは少なくとも正解だ。手が合う岩田が乗るなら黙って買いか。最後にゴールドサーベラス、前述通りの「ゴールド」ということで押さえ。いや、何かしら要素も見出したいので探ってみたが強いて言えば京都初見参というあたりか。もよやのコース適性がドンピシャなら御名答。以上、4頭の馬連BOX買いで。

日刊スポーツ賞シンザン記念。非情に分かりにくい3歳戦。本命はハッピーアワー、武幸四郎厩舎が初重賞勝ちしそうな期待馬だと思う。単純に秋山がヘグらなければ相当走れるだろう。対抗にドナウデルタ、牝馬ながら強さを見せてくれている。ロードカナロア産駒か、なかなか面白いではないか。時計がかからないハイペースでなら一発強襲アリか。3番手評価にシャドウエンペラー、マル外で気になった。先行抜け出しのパターンなら食い下がれそう。距離をマイルに戻したことで変わり身期待。ついでに和田にも手綱が戻ったことでプラス評価。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »