« クイーンC 京都記念 共同通信杯 | トップページ | 阪急杯 中山記念 »

京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS

今週は4重賞。毎年、小倉競馬場へ足を運ぶ時期でもあるが今年はなかなか都合がつかず予定にない。せめて馬券は獲りたいと願っての週末。まずは土曜、京都牝馬ステークスから。1400mになってからはちょいと難解なレースに思う。本命はリバティハイツ、その1400mなら好勝負必至か。なんたってヤネの北村友がノリにノっている。先週も記した通りキャリアハイ更新中で、あるぞ2週連続重賞勝利。以下、買い目の3頭。まずはミスパンテール、人気だろうが昆厩舎&横山典で押さえる。少しでもオッズが付けばオイシイところか。次にカイザーバル、典型的な関西専用機。前走うっかり中山で走っちゃってドボンとなった。京都でこの距離なら見直し。最後にアマルフィコースト、前走の失敗だけで評価を落とすほどの馬ではない。ここまでの過程で順調にレースを使えなかった不運もあるが、それでも出走すれば人気して好走も多い。そこで鞍上に坂井瑠星とくればなかなか面白いではないか。53kgなら狙い目、人馬ともにひと皮剥ける一戦だろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

ダイヤモンドステークスの本命はカフェブリッツ、この勝負服なら蛯名への乗り替わりは少なくとも正解だ。芝での変わり身プラス初重賞で一発期待。対抗にはグローブシアター、直近2走で浜中でいい走りを見せている。テンで競馬ができるかどうかが見極めどころだが、人気になりそうなのであまり深く考えなくてもいいだろう。3番手評価にサンデームーティエ、前走より-5kgと斤量減が非常に魅力。乗り替わりが江田照ですからね。面白いので期待を込めて3番手押さえ。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

小倉大賞典の本命はマウントゴールド、JRA転厩後としてはよく走っているほうである。前走重賞1番人気での惨敗は明確な敗因もある。ここは改めて評価すべきか。以下、買い目の3頭。まずはタニノフランケル、話題先行の一頭だがハンデに恵まれた。他頭出しの角居厩舎はどちらも狙い目なのが頼もしい。次にケイティクレバー、少なからず2歳GⅠから3歳クラシック路線を少し歩んだことは間違いないわけで、4歳馬として狙える。先行したらかなり粘れると見るね。手の合う秋山がお手馬確定の域まで持っていけるかどうか。最後にレトロロック、これはもう小倉1800m巧者だからとしか言いようがない。ここで買わなきゃ他じゃ買えない馬。所属厩舎が3頭も出しているのにどれにも乗れなかったことは少なくとも意味があると見る。以上、4頭の馬連BOX買いで。

フェブラリーステークスはなにかと話題の多いGⅠとなった。藤田菜々子には頑張ってほしいが、馬は良しとしても騎手としてはこの連中の中で勝ち切るというのは厳しいだろう。外からフタされるなり内にシメられるなり、ちょいと馬をフラれたらそれを捌くだけの技術はまだまだかと思う。馬にしてもなんせ過去3年の優勝馬が揃って出走してきている素晴らしいメンバーだ。そういう意味ではレース自体は面白そうで楽しみである。本命はインティで仕方ない。とにかく買わない理由が無いという理由で買う。多くを語らず前走同様に引き続き評価。以下、相手の3頭。まずはオメガパフューム、買い続けているダートでお気に入りの一頭。前走で久々に乗ったデムーロが完全に手中に収めた。距離不問、手前をちゃんと変えてラストに弾ける乗り方ならば大外一気は必然であり外枠も関係ないだろう。次にユラノト、前走を見て気になるところまで評価が上がった。内枠に入ったので途端に押さえるべく食指が動く。隣枠の同じような勝負服の強い馬を誘導馬に見立てて徹底マークすれば最後はおのずと進路ができる。チャンスありか。最後にノンコノユメ、勝負服は変わったが昨年優勝馬だ。昨年の最後方からの直線ゴボウ抜きはちょっと勝ち方の次元が違った。7歳のセン馬ではあるが府中でなら直線勝負に賭ければ買えない馬ではない。人気を落とすようなら厚く勝負したい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« クイーンC 京都記念 共同通信杯 | トップページ | 阪急杯 中山記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

主さんの予想で人気薄がいたらワイドで総流しをすると決めています。土曜の京都のアマルフィコーストと東京のサンデームーティエから総流しでオイシイ馬券がとれました!ありがとうございます!さすがです!ワイド神

投稿: ワイド命 | 2019年2月16日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS:

« クイーンC 京都記念 共同通信杯 | トップページ | 阪急杯 中山記念 »