« きさらぎ賞 東京新聞杯 | トップページ | 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS »

クイーンC 京都記念 共同通信杯

北海道では観測史上記録的レベルの寒波、降雪のようだ。明日の東京開催の前日販売が中止となっている。開催できるかどうかが微妙らしいが、とりあえず現段階で発表されている出走表に基づき予想はする。その土曜デイリー杯クイーンカップから。普通に考えれば前走GⅠで馬券になっている2頭だ。絞り込んで本命視するのはクロノジェネシス、なんといっても末脚の爆発力が魅力。手綱を取る北村友は良い馬に乗ることで近年それなりに成績を残している。キャリアハイの年間重賞2勝を既に今年は到達しているくらいだ。ここでは圧勝劇だろう。対抗にはカレンブーケドール、関東馬筆頭。新馬戦では強い勝ち馬に喰らいついていただけに、その勝ち馬に乗っていた戸崎が乗ることで能力を引き出せると見解。こちらも後ろからの競馬でラストを活かせば勝ち負けか。1点予想で格好良く仕留めたいところだが、正直に押さえとしてビーチサンバを挙げる。マイルの距離でならという感じ。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

京都記念だが無論、買い目は絞る。考え方は単純だが若いところを狙う決め打ちとする。本命は4歳馬ステイフーリッシュ、厳しいクラシック戦線の昨年だったがヤネを藤岡佑へ固定することで変わり身を見せつつある。この馬への乗り方を良く知っていることに加え、昨年はこのレースで強烈な勝ち方をしただけに、藤岡佑のリピートありと見る。対抗には4歳馬タイムフライヤー、こちらも昨年は苦い思いをしただろう一頭。ヤネに和田を据えることでやや上向いてきた感もある。位置取りがいつも中段から後方になってしまうだけに、スタートしてから前でポジションが取れれば押し切れるはず。3番手にダンビュライト、ぎりぎり押さえとしての評価。5歳馬だがこのメンバーでは若い方。京都コースは菊花賞以来となるが久々のヤネ松若である。もともと新馬勝ちの時も松若だったわけで、騎手的には2戦2勝。相性からしても買っておきたいと結論。以上、3頭の馬連BOX買いで。

共同通信杯、ここも前走重賞勝ちしている2頭で固いと見解。むしろ1点でいい。本命はアドマイヤマーズのほう。前にも書いたが今年はデムーロの年だと思っている。とりあえずこの馬はクラシックまでは勝ち続けるだろう。他言無用。対抗にはクラージュゲリエ、なかなかの馬が武豊へ回ってきた感じ。少頭数ならモマれずに持ち出せるだろうし、普通に差し勝負できる。前走から距離短縮がやや不安な部分だが末脚に賭ければ逆転もあるか。馬連1点で仕留めたいのでここまでだが、内枠にいるダノンキングリーが正直怖い。連では買わないがオッズ次第では複勝かなと思っている。2倍くらい付きそうなら押さえてみたい気もする。以上、馬連1点買いで勝負し、場合によっては複勝1点追加。

|

« きさらぎ賞 東京新聞杯 | トップページ | 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クイーンC 京都記念 共同通信杯:

« きさらぎ賞 東京新聞杯 | トップページ | 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS »