« 愛知杯 根岸S シルクロードS | トップページ | クイーンC 京都記念 共同通信杯 »

きさらぎ賞 東京新聞杯

寒い寒い今週は2重賞。京都のきさらぎ賞はたったの8頭立て。相変らず毎年少ないな。本命にアガラス、わざわざ出向いてきた唯一の関東馬。対抗にはエングレーバーの2頭を本線に絞る。これに最内枠タガノディアマンテを加えて3頭の馬連BOX買い。

東京新聞杯の本命はショウナンアンセム、東京コースではちょいと違う評価ができる。鞍上にミナリクを据えて食指が動いた。馬場が渋れば面白い。以下、買い目の3頭。まずはレッドオルガ、牝馬としてはこちらが怖い。やはり東京コースで推しておくべき一頭。西の重賞でも有力馬がいるだけに調教師がどちらにいるか不明だがこちらのほうが良さげ。次にタワーオブロンドン、57㎏が気になるところだが3頭出し厩舎の馬ならこれを押さえる。普通に乗れば勝ち負け必至。最後にインディチャンプ、勢いから狙える一頭。まぁ人気になるだろうし仕方なしの一頭。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 愛知杯 根岸S シルクロードS | トップページ | クイーンC 京都記念 共同通信杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きさらぎ賞 東京新聞杯:

« 愛知杯 根岸S シルクロードS | トップページ | クイーンC 京都記念 共同通信杯 »