« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

ダービー卿CT 大阪杯 ドバイWC他

ダービー卿チャレンジトロフィーの本命はドーヴァー、前走の中山1600mリステッドの勝ち時計が良く見える。人気サイドだろうが連勝の勢いを買う。以下、買い目の3頭。まずはダイアトニック、乗れてる北村友一がイイ。前走57㎏で準OPを勝ちつつ、3㎏減の斤量54の恩恵は大きい。マイルの距離までは射程圏内。次にマイスタイル、いつも通り昆厩舎の横山典は要注意。ヤネが本気で騎乗し、先行策を取れれば勝機アリと見る。最後にカツジ、前走1番人気で大きく裏切ってしまう結果となった。気を取り直してのここ。同条件で再度評価。以上、4頭の馬連BOX買いで。

大阪杯だが同じ勝負服や同じ厩舎からの出走が目に付く。新鮮なGⅠでもあるがGⅡ時代からの延長として傾向と対策を練った。本命はステイフーリッシュ、近走は完全に見違える脚を見せている。申し訳ないが初期の中谷鞍上時代とはちょいと評価を変えざるを得ないか。ここは充分軸にできるレベル。以下、買い目の3頭。まずはスティッフェリオ、同じ勝負服でワンツーできれば嬉しいところ。格の違いはあれど重賞2連勝ならフロック視はできず。こちらも父ステイゴールドとくれば相当色々とシンクロしてきてしまい語り切れないくらいの面白さがある。次にブラストワンピース、迷った挙句チョイス。言うまでもなく底力重視、他馬をねじ伏せるだけの力量があるからね。最後にペルシアンナイト、海外遠征後、2000mを一戦叩いてのここ。たぶん仕上がっていると思う。乗り続けているデムーロにも期待。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

ドバイの4レースについてはとりあえず本命視している馬だけ。

ドバイゴールデンシャヒーン:ドラフテッド

ドバイターフ:アイキャンフライ

ドバイシーマクラシック:オールドペルシアン

ドバイワールドカップ:ノースアメリカ

 

| | コメント (0)

毎日杯 日経賞 マーチS 高松宮記念

重賞で馬券にならず肝心なところで意気消沈している。今週は4重賞。土曜のレースから。毎日杯の本命はヴァンドギャルド、うまく内に入れれば勝機アリか。対抗にはオールイズウェル、中距離でもう少しやれてイイ馬。3番手評価にウーリリ、レース間が空いたのは気に入らないが素質とセンスで押さえチョイス。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX。
日経賞の本命はエタリオウ、距離適性を踏まえてこの斤量なら楽勝パターン。対抗にはルックトゥワイス、本命馬と併せステイゴールド産駒でこの距離なら買いたくなる。ペースが落ちれば早め仕掛けで上位必至か。3番手評価にカフェブリッツ、前走での走りが目を見張った。先行で粘れる期待値が高い。こちらも少頭数だし以上、3頭の馬連BOX。
マーチステークスの本命はテーオーエナジー、鞍上乗り替わりは微妙だがダート適性は侮れん。ダービー出走経歴はダテじゃない。以下、買い目の3頭。まずはサトノティターン、前走定量57㎏を背負って準OPを勝ってきたことは評価できる。次にエイシンセラード、斤量恩恵のある牝馬でチョイスした。最後にアルドーレ、上がり最速のギアが使えれば一発がある。内枠を活かしてポジションを取れれば狙い目。以上、4頭の馬連BOX買い。
高松宮記念の本命はティーハーフ、本命にしていいのか迷ったか軸にしたい9歳馬。前走で見せた33秒台の上がりと2走前のリステッドを59㎏を背負って3着に追い込んできた。逃げ先行馬が多い中、後方で脚を使わせられなければラスト弾ける算段。以下、買い目の3頭。まずはデアレガーロ、距離短縮で狙いたい。スプリント適性を見出してのここ。やはり前が速くなることが前提となるがペースが落ち着かない流れで間違いなく狙える。次にナックビーナス、GⅠ経験に注視。脚が持つと見ての押さえ。はやり2走前に58㎏でOP2着している粘りは見逃せない。最後にダノンスマッシュ、能力の絶対値が高く外せなかった。仮に早い流れであっても末脚が切れるだけにどこからでも抜けさせるだろう。人気サイドだが買う。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

ファルコンS フラワーC 阪神大賞典 スプリングS

今週の4重賞。時間が無い為、買い目のみ。中日スポーツ賞ファルコンステークスの本命はローゼンクリーガー、相手3頭にダノンジャスティス、ヴァッシュモン、ドゴール。以上、4頭の馬連BOX買い。

フラワーカップの本命にランブリングアレー、対抗にシャドウディーヴァ、3番手評価にミモザイエロー。以上、3頭の馬連BOX。

阪神大賞典の本命はアドマイヤエイカン、対抗にソールインパクト、3番手評価にヴォージュ。以上、3頭の馬連BOX買いで。

フジテレビ賞スプリングステークスの本命はヒシイグアス、相手3頭にコスモカレンドゥラ、エメラルファイト、ユニコーンライオン。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阪神SJ 中山牝馬S フィリーズレビュー 金鯱賞

コメントに書かれた渋った馬場の展開考慮について少しだけ答えておく。昨年の1月くらいに2度程画像を掲載させてもらった「最初からバッサリ消し」のやつ。ある条件下でふるいにかけて消しているわけだが、当日の馬場状態が悪いと予測できる時には適性馬は残している、とだけは言える。つまり「最初にバッサリ」とはならないということ。そこから残った馬の検討に入っているというのが回答。参考までに今週も少しだけ「消し」の部分を載せてみる。今週は4重賞、土曜の阪神スプリングジャンプから。本命はルペールノエル、現王者と前王者と並べてずっと評価してきた馬。スタートさえ決まれば相当強い競馬を見せるんだがなぁ。オッズが偏りそうなここなら妙味ありか。対抗にタイセイドリーム、オッズが偏るならこの馬を入れてもそこそこ配当はつく。買うべし。3番手評価にシークレットパス、前走では逃げてラストはもの凄い末脚を使った。石神にしても今回は体が2つ欲しかったことだろう。乗り替わりを考慮しないならかなり買える馬と見ていい。以上、3頭の馬連BOX買い。

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスの本命はウインファビラス、ヤネが松岡に戻り面白くなった。なんたって2走前に中山1800mの混合を勝っている。この時の斤量は53。今回はそこから-1㎏の52だ。ウインの勝負服の松岡再びときて激走必至。以下、買い目の3頭。まずはウラヌスチャーム、評価が非常に難しいところだがあえてチョイスしてみた。やっぱりミナリクかなぁ。深い理由無き外国人騎手御祝儀連対といったあたりか。次にアッフィラート、先行争いからのハイペースな展開がくればとちょっと期待感がある。ならば追い込みの一撃が繰り出せるのはこの馬だろう。ヤネ武藤の腕はどうあれ斤量51㎏の追い込み、これはかなり切れ味アリだろう。最後にレイホーロマンス、同じく追い込みがハマる展開ならこちらも見逃せない。同じく斤量51の末脚は怖い。長い戦歴の中、たった1ぺん走った昨年のこのレースでヤネ岩崎ながら3着している実績は見逃せない。以上、4頭の馬連BOX買いで。

報知杯フィリーズレビュー。画像でも分かる通り、3歳戦というか戦績が少なく殆どが前走勝ち組という馬柱からは「消し」の条件が少ないわけで、いつも苦手としていることが分かる。そこで本命はイベリス、休み明けとなるが当初1400mで勝ち切れず1200mで2連勝してのここ。調子を戻しての距離克服と見る。阪神コース適性を買う。以下、買い目の3頭。まずはエイティーンガール、本命馬に2着した後にこちらは京都で勝ってからのここ。枠も悪くなくヤネ池添がピタリとハマりそうで食指が動く。次にジュランビル、まぁ普通に実績から買いだろう。分かりやすく言うなら、前走を阪神1400mを勝利しているというだけで押さえておきたい。最後にアウィルアウェイ、ちょいとレース間が空いたが評価を落とした理由は正にそこだけ。本来なら暮れの大きい所を取ってもおかしくなかったかもしれん。そもそも前走もレース間を空けての重賞2着だったわけで、本当に2着っぽい感じがする。以上、4頭の馬連BOX買いで。

金鯱賞。ハナから決めているのは前走香港帰り組は検討の結果、見切ったというくらいか。そこで本命視するのはアルアイン、マイルで勝負できる馬が2000mもつということをコンセプトに選出したい。言うまでもなくこの馬は実績上位であり安定の部類。以下、買い目の3頭。まずはギベオン、前述通りマイルで強しの印象。ところが前走で中京2000mの重賞を勝ってしまった。同コースで好走を注視したい。あとは丸山のハート次第というところか。今年のキャリアは無視できん。次にエアウィンザー、話題の一頭といったところか。連勝の勢いもあることだが、ここで外す理由のほうが見つからなかった。最後にモズカッチャン、押さえ的な存在か。前走有馬記念は評価が難しいが手綱が和田に戻ることが大きい。気迫の一発狙い。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。0308

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チューリップ賞 オーシャンS 弥生賞

今週は3重賞。ちょいとバタつく週末となっており短評と買い目のみ。土曜、チューリップ賞の本命はダノンファンタジー、この頭数で取りこぼしは考えにくい。最内枠からポジションを下げてラストは外から抜け出す余裕のレースと見解。対抗にはアフランシール、前走距離短縮して500万勝ちしたのは調整と見る。もともとは1800mで新馬勝ちしているわけで再度マイルまで距離を戻したことは無下にしたくないだろう。鞍上も息子の岩田望来の前でいいところを見せたく気合の騎乗期待。3番手評価にドナウデルタ、こいつは典型的な末脚勝負の馬に見える。とにかくスタート後は死んだふりしての後方待機策に尽きる。8枠に入ったわけだしラストに賭ける一か八かでイイと思う。どのみち2歳女王に勝つ術は正攻法では厳しいだろう。一発期待。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

夕刊フジ賞オーシャンステークスの本命はモズスーパーフレア、近走の走りを素直に評価。ルメールが乗るということで必然的に買い目。以下、相手3頭。まずはラブカンプー、前走で直線絶好の位置にいながらも手綱を持ったまま追わずという不可解な騎乗については未だに詳細不明、2番人気ながらシンガリに沈んだその一戦は度外視する。乗り替わりヤネも手替わりしたことで再評価、変り身の可能性は高い。次にエスティタート、速い上がりを使えるという意味では押さえておきたい一頭。フルゲートならばゴチャつく内を後目に大外一気を決めてもおかしくない。最後にカイザーメランジェ、前走同コースの準OPを1番人気で快勝したことは注視。厩舎も血統も地味だが連に絡むくらいは期待できるか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

報知杯弥生賞の本命はラストドラフト、普通に考えて抜けた存在。1枠1番ルメール騎乗。買わない要素が見当たらない。対抗にはニシノデイジー、鞍上の勝浦が今一つ信用しづらいが実績上位。内枠の馬をマークしてればそのまま一緒に雪崩れ込む寸法。3番手評価にシュヴァルツリーゼ、もしやと思わせる一頭。新馬勝ちのみの経験となるが珍しくサンデーRの勝負服はただ一つ。存外の面白さで買い目とする。この頭数で買い目を増やしたくないので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »