« 阪急杯 中山記念 | トップページ | 阪神SJ 中山牝馬S フィリーズレビュー 金鯱賞 »

チューリップ賞 オーシャンS 弥生賞

今週は3重賞。ちょいとバタつく週末となっており短評と買い目のみ。土曜、チューリップ賞の本命はダノンファンタジー、この頭数で取りこぼしは考えにくい。最内枠からポジションを下げてラストは外から抜け出す余裕のレースと見解。対抗にはアフランシール、前走距離短縮して500万勝ちしたのは調整と見る。もともとは1800mで新馬勝ちしているわけで再度マイルまで距離を戻したことは無下にしたくないだろう。鞍上も息子の岩田望来の前でいいところを見せたく気合の騎乗期待。3番手評価にドナウデルタ、こいつは典型的な末脚勝負の馬に見える。とにかくスタート後は死んだふりしての後方待機策に尽きる。8枠に入ったわけだしラストに賭ける一か八かでイイと思う。どのみち2歳女王に勝つ術は正攻法では厳しいだろう。一発期待。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

夕刊フジ賞オーシャンステークスの本命はモズスーパーフレア、近走の走りを素直に評価。ルメールが乗るということで必然的に買い目。以下、相手3頭。まずはラブカンプー、前走で直線絶好の位置にいながらも手綱を持ったまま追わずという不可解な騎乗については未だに詳細不明、2番人気ながらシンガリに沈んだその一戦は度外視する。乗り替わりヤネも手替わりしたことで再評価、変り身の可能性は高い。次にエスティタート、速い上がりを使えるという意味では押さえておきたい一頭。フルゲートならばゴチャつく内を後目に大外一気を決めてもおかしくない。最後にカイザーメランジェ、前走同コースの準OPを1番人気で快勝したことは注視。厩舎も血統も地味だが連に絡むくらいは期待できるか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

報知杯弥生賞の本命はラストドラフト、普通に考えて抜けた存在。1枠1番ルメール騎乗。買わない要素が見当たらない。対抗にはニシノデイジー、鞍上の勝浦が今一つ信用しづらいが実績上位。内枠の馬をマークしてればそのまま一緒に雪崩れ込む寸法。3番手評価にシュヴァルツリーゼ、もしやと思わせる一頭。新馬勝ちのみの経験となるが珍しくサンデーRの勝負服はただ一つ。存外の面白さで買い目とする。この頭数で買い目を増やしたくないので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 阪急杯 中山記念 | トップページ | 阪神SJ 中山牝馬S フィリーズレビュー 金鯱賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

渋った馬場は展開の変化に加味してるのでしょうか?

投稿: 名無し | 2019年3月 5日 (火) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞 オーシャンS 弥生賞:

« 阪急杯 中山記念 | トップページ | 阪神SJ 中山牝馬S フィリーズレビュー 金鯱賞 »