« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

鳴尾記念 安田記念

ダービーを終え一区切りついた。我ながら重賞予想では根本的な部分で修正が必要と実感。以後、色々とやっていく。今週は2重賞。鳴尾記念の本命はギベオン、走りを見てても阪神コースが合うね。騎手がコロコロ変わるのが気になるところだが今回少頭数なので福永の手綱でも捌けるだろうとポジティブに捉える。前走57.5から56kgに減る別定の斤量も悪くない。対抗にはタニノフランケル、これはもう逃げに特化した脚質プラス武豊に賭けるといったところか。ちょっと不安を感じるとすれば、角居厩舎ばかりイイとこ取りになっているという部分。まぁここは2着くらいが妥当かもしれん。3番手評価はブラックバゴ、今年に入ってからも相変わらず使い詰めている。毎走々々後方のまま萎んでしまうという体たらくで望みは薄そうだ。では何故推すのか。7歳になっているにもかかわらず初阪神見参は面白い、尚且つ岩田康が先行策を繰り出してくれば一縷の望みはある。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

安田記念は非常に見応えがありそう。2強2強という下馬評は全く無視。個人の見解として中距離以上での重賞連対やオープン勝利している、又は短距離のみだが近走で大崩れしていない、このどちらかを満たす馬を吟味した。結果、本命はダノンプレミアムとする。言うまでもなく完成度が高い馬。今年は安定して実績が残せそう。以下、相手と見る5頭。まずはサングレーザー、外国人騎手が乗ってやらかした前走や海外は参考外。3歳から4歳での実績とヤネが岩田康に乗り替わり一変に期待で好評価。次にインディチャンプ、こちらはマイルで崩れない点を素直に評価。斤量58が辛抱できるかどうかが肝。そしてグァンチャーレ、晩成型として追っかけ気味に馬券買いしている馬である。昨年から急激に良くなり、松岡を乗せたここは一発狙える。さらにフィアーノロマーノ、2強馬と肩を並べる直近2連勝は内容が濃い。お鉢が回ってきた北村友の度胸と初斤量58への対応如何では穴中の穴。最後にペルシアンナイト、底力が一番あるのはこちら。書くまでもなく実績重視型であろう。保険としてアーモンドアイを押さえてもいいが、勝負馬券としてここは切る。牝馬3冠はあくまでも国内牝馬が相手だったこと、ジャパンカップは斤量53の恩恵があったこと、海外は参考外、付け加えて56kgを背負うのが初めてなこと。まぁそんな感じか。以上、本命から相手5頭への馬連流し。

| | コメント (0)

葵S 東京優駿 目黒記念

例年の如くダービーウィークを楽しんでいる。まずは軽く重賞という位置付けの葵ステークスから。本命はケイアイサクソニー、距離を戻し誰を乗せてくるかと思ったら和田を乗せての勝負気配。先行できる脚があっての最内枠は絶好だろう。ロードカナロアの血がスプリント戦で必ず活きる。以下、買い目の3頭。筆頭はディープダイバー、こちらも前走リステッドから距離を戻してのここ。別定で57㎏を背負う分、厳しい評価とするが前走での切れる末脚の上がりはここでも武器になると思う。次にタマモメイトウ、1200m戦の経験が豊富でそこそこ人気しそこそこ好走。どうしても後方からの競馬に特化してしまい、さらに藤岡康が前述の馬をチョイスしたためここは吉田隼の出番となった。2走前で乗っているので問題ないだろう。枠からして直線向くまで辛抱できればラスト強襲あるか。最後にマリアズハート、血統的にちょいとピンとこないマル外だがダートと芝を使って2連勝。走ってみたらなかなかの時計が出ており注視する。京都遠征ということで菱田の手綱となるが、関東馬としてはこの馬を押さえる。以上、4頭の馬連BOX買い。

東京優駿、日本ダービー。あれこれ書きたいこともあるが、余談無し。本命はアドマイヤジャスタ、この勝負服とデムーロの復調さは想像以上に群を抜いている。世代絶対王者に迫った2歳暮れのGⅠでは完全にこの馬を見落とし抜けてしまっていた。そしてデムルメのヤネが入れ替わることになるが、心情的にもデムーロの闘志は相当なものだと容易に想像できる。岩田康から乗り替わるとなった時点でダービーの本命だと決めていた。今回は調教でも仕掛け程度で前より時計を詰めてきている部分もある。先週に続き今週もデムーロが輝くと確信。年頭に書いた通り、今年はデムーロの年。対抗にはサートゥルナーリアで鉄板。皐月賞で2着馬と接戦を演じ、ここではそのワンツー2頭で争うという見解もあるようだが、個人的に言わせてもらえれば皐月賞はこの馬が8分のデキ。だから接戦に見えただけだ。ダービーでは完全に仕上げているはずで、前走のようにはならない。あとは手綱を握る鞍上のハートの勝負だ。そういう意味での番手評価。今年のダービーはこの2頭で馬連1点。

目黒記念の本命はパリンジェネシス、条件戦を連勝してのここ。関西馬だが元々デビュー2戦は東京でその後1000万条件を東京2400mで勝っている。斤量54の恩恵ならば逃げて怖い存在。対抗にはポポカテペトル、長期休み明けだが近走2連勝に加え、前走と3走前に57㎏を背負って勝っているのは注視したい。上がりの速さも特筆もので、コース的に今回斤量55のハンデならここでも充分通用。人気の盲点なら鞍上デムーロで問題無く仕留めたい。3番手評価にアイスバブル、この馬も条件戦をトントン拍子に駆け上がってきている。池江厩舎で外国人ジョッキーのオンパレードだが、落ち着いて考えてみるとこれだけ外国人ジョッキー旋風が吹き荒れる今のJRAでアヴドゥラだけなんとなく疎外感があると思うのは小生だけではないはずだ。もちろん力量や腕前といった部分もあるとおもうが、この馬でもきちんと勝っているではないか。ここでこそ御祝儀的忖度があっていい。54㎏なら重賞でも一変ある。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

平安ステークス 優駿牝馬

2重賞に集中。土曜の平安ステークスから。本命はジョーダンキング、この馬は岩田の乗ってこそ。前走は参考外、関西なら相当走る。以下、買い目の3頭。まずはマイネルユキツバキ、高木厩舎が同じ父を持つ馬の2頭出し、狙いたいのはこっち。京都ということで和田の騎乗となるが、和田は2度乗って悔しい結果しかない。外の枠に入ったがテンで他馬と競ることがなくハナが切れそうなので期待したい。次にクイーンマンボ、唯一の牝馬だが侮れない。昨年の2着馬ですからね。休み明けの仕上がり次第だが斤量54を最大限活かして末脚が伸びることを期待。最後にハイランドピーク、京都なので武豊に替えて勝負気配か。そんなにこのレースで良いところが思い出せない鞍上だが、やることはただひとつ。テンから絶対的先手を打ってペースを緩めるだけ。これに尽きる。ハマれば強そう。以上、4頭の馬連BOX買いで。

優駿牝馬、オークスですね。本命はコントラチェック、まず藤沢厩舎2頭が同枠に入った。このへんでなにやら思う部分もあるが鞍上レーンが見過ごせない。当初は御祝儀的に押さえたが、今では有無を言わさず持ってくるという印象。レース間に不安視もあるが今年はもうこういうローテーがアリということは証明済み。先行策で問答無用の本線。以下、買い目の3頭。まずはラヴズオンリーユー、こちらもヤネがデムーロ、GⅠも勝って復調ぎみ。少頭数のレースしか経験無いのが気になるところだが3戦無敗は評価していい。関西馬で唯一のチョイス。中段からの押上げで直線を外に出せれば勝ち負け必至。次にシャドウディーヴァ、馬券にするも歯がゆいケースがあったが今回は素直に前走評価。さらに2000mを走りまくっているあたりは好印象でしかない。ベタな表現になるが岩田がインを突いてこれれば一発警戒。最後にウィクトーリア、やはり前走が気になった。出遅れてもじっくり後方から行けたのが大きい。あの走りが再現できれば先行馬に迫れるだけの末脚は持っている。ペースが流れれば直線で声が出そう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。後、実はジョディーが気になっている。この馬のテンの速さと逃げ脚と粘りは要注意。Bコースというのが悩ましいがスタートが決まればかなり面白いだろう。武藤が調教の如く素直に時計を意識して回ってくればそのままのケースもありそう。コース適性と鞍上相性が良いのだ。ただ買い目を増やしたくないので当日の返し馬次第で複勝だけ買っておきたい。

| | コメント (0)

京都HJ 京王杯SC ヴィクトリアM

京都ハイジャンプの本命はピエナクルーズ、先行しての強さは本物。最内枠を引いた時点で問答無用の本命視。対抗にアズマタックン、オープンでそこそこ人気でそこそこ好走の印象。熊沢の手綱が合いそうでもあり、3900mの重賞で内容が良かったこと、斤量60なら買い目に入れたい。3番手評価にタマモプラネット、ここでは抜けた存在か。京都で重賞とOPを連勝しているのは強み。あとは9歳という馬齢とヤネの小坂が重賞での勝負弱さが気になったのでこの序列。以上、3頭の馬連BOX買い。

京王杯スプリングカップの本命はトゥザクラウン、3頭出しの厩舎もあるが池江厩舎の2頭も人気必至だろうが買いたいのはこちら。重賞初出走だが逃げても勝負できる脚質に注視。案外楽に逃げ切れるかもしれん。以下、買い目の3頭。まずはリナーテ、こちらも2頭出し須貝厩舎、内隣の馬よりこちらをチョイス。前走では溜めて切れる脚が証明できた。同じ斤量54で武豊が乗ってきただけに珍しく怖い存在。次にキャナルストリート、近4走の1400m戦の内容は天晴れのひと言。別定54㎏はかなりオイシイ。意外性を買う。最後にロードクエスト、この馬はデムーロの時だけ本当によく走る。たぶん乗り方が決まっているのだろう、直線で豪脚期待で押さえ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

ヴィクトリアマイルの本命はアエロリット、久しぶりに横山典に手綱が戻る。いわゆる主戦騎手が乗るという解釈でいいだろう。強い4歳世代を唯一抑え込める5歳牝馬だと思う。実績は勿論のこと混合中距離重賞で勝っていることを注視。逃げて強しは更に注視。以下、買い目の3頭。まずはプリモシーン、続けて関東馬だがこちらもマイル戦ながら混合重賞で勝ちと2着がある。押さえるべくして押さえる感じ。次にラッキーライラック、力量は文句なし。前走でフタをされての敗戦はある意味弱点を晒した感もあり、同じように封じられると石橋ではどうにもできないかもしれん。混合重賞で2着したことはプラス評価か。今回調整にダートを使っていたあたりもやや気になるところだが、それらを凌駕するだけの能力値、実績をもういっぺん信頼してみる。最後にアマルフィコースト、振り返ってみると重賞で好走している。評価して馬券も買っていた。やはり坂井が乗って走るという印象は間違いないだろう。1番枠を引いたわけで、あとは内々を突き切るだけの乗り方ができるかどうかだけ。インをこじ開けられれば一発逆転の頭もあると見解。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

京都新聞杯 NHKマイルカップ

PC不調の為、予想がアップできず土曜の夜となってしまった。京都新聞杯は終わってしまったが予想はこうだった。本命はロジャーバローズ、相手3頭にヒーリングマインド、ブレイキングドーン、トーセンスカイ。はい、外れですね。なかなか上手くいかないものである。ところが東京競馬場の10R以降が中止となってしまい、メインのプリンシパルSが明日へ繰り越しとなった。イレギュラーではあるがこちらをちょっと晒す。本命はルヴォルグ、相手にヒシゲッコウ、レターオンザサンド、エングレーバーの3頭で馬連BOX買い。

NHKマイルカップの本命はアドマイヤマーズ、注視したのはスピードだけでなくスタミナを同時に兼ね備えているかどうか。ダービーへ行かずこちらへ来るということは距離云々となるがこのレースは結構持久力がモノを言う。分かりやすく砕くと1800mの重賞連対歴があるかどうかでいいだろう。総合してこの馬が軸となった。以下、買い目の3頭。まずはダノンチェイサー、前述の通りで前走はきさらぎ賞を勝っている。時点になったのは休み明けが理由。あとは馬場が合うかどうかだけ。次にファンタジスト、理由は同じでスプリングSで2着している。前走ではまったく揮わなかったがここでの変わり身期待。最後にワイドファラオ、単純に前走の逃げ切り勝ちを高く評価。逃げて上がり33秒台が出せれば脅威か。ペースを抑えられれば先行残り組の筆頭かもしれん。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。桜花賞馬は無論強さを認めているし保険的に押さえたいところだが買い目を絞る意味で切っている。そんなにルメールばかりがGⅠを勝っても面白くないではないか。買い目の馬&騎手たちが徹底マークして封じ込めてほしいところ。

追記:プリンシパルSは5月12日の日曜へ移設でした。

| | コメント (1)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »