« 葵S 東京優駿 目黒記念 | トップページ | マーメイドS エプソムC »

鳴尾記念 安田記念

ダービーを終え一区切りついた。我ながら重賞予想では根本的な部分で修正が必要と実感。以後、色々とやっていく。今週は2重賞。鳴尾記念の本命はギベオン、走りを見てても阪神コースが合うね。騎手がコロコロ変わるのが気になるところだが今回少頭数なので福永の手綱でも捌けるだろうとポジティブに捉える。前走57.5から56kgに減る別定の斤量も悪くない。対抗にはタニノフランケル、これはもう逃げに特化した脚質プラス武豊に賭けるといったところか。ちょっと不安を感じるとすれば、角居厩舎ばかりイイとこ取りになっているという部分。まぁここは2着くらいが妥当かもしれん。3番手評価はブラックバゴ、今年に入ってからも相変わらず使い詰めている。毎走々々後方のまま萎んでしまうという体たらくで望みは薄そうだ。では何故推すのか。7歳になっているにもかかわらず初阪神見参は面白い、尚且つ岩田康が先行策を繰り出してくれば一縷の望みはある。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

安田記念は非常に見応えがありそう。2強2強という下馬評は全く無視。個人の見解として中距離以上での重賞連対やオープン勝利している、又は短距離のみだが近走で大崩れしていない、このどちらかを満たす馬を吟味した。結果、本命はダノンプレミアムとする。言うまでもなく完成度が高い馬。今年は安定して実績が残せそう。以下、相手と見る5頭。まずはサングレーザー、外国人騎手が乗ってやらかした前走や海外は参考外。3歳から4歳での実績とヤネが岩田康に乗り替わり一変に期待で好評価。次にインディチャンプ、こちらはマイルで崩れない点を素直に評価。斤量58が辛抱できるかどうかが肝。そしてグァンチャーレ、晩成型として追っかけ気味に馬券買いしている馬である。昨年から急激に良くなり、松岡を乗せたここは一発狙える。さらにフィアーノロマーノ、2強馬と肩を並べる直近2連勝は内容が濃い。お鉢が回ってきた北村友の度胸と初斤量58への対応如何では穴中の穴。最後にペルシアンナイト、底力が一番あるのはこちら。書くまでもなく実績重視型であろう。保険としてアーモンドアイを押さえてもいいが、勝負馬券としてここは切る。牝馬3冠はあくまでも国内牝馬が相手だったこと、ジャパンカップは斤量53の恩恵があったこと、海外は参考外、付け加えて56kgを背負うのが初めてなこと。まぁそんな感じか。以上、本命から相手5頭への馬連流し。

|

« 葵S 東京優駿 目黒記念 | トップページ | マーメイドS エプソムC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葵S 東京優駿 目黒記念 | トップページ | マーメイドS エプソムC »