« 京都新聞杯 NHKマイルカップ | トップページ | 平安ステークス 優駿牝馬 »

京都HJ 京王杯SC ヴィクトリアM

京都ハイジャンプの本命はピエナクルーズ、先行しての強さは本物。最内枠を引いた時点で問答無用の本命視。対抗にアズマタックン、オープンでそこそこ人気でそこそこ好走の印象。熊沢の手綱が合いそうでもあり、3900mの重賞で内容が良かったこと、斤量60なら買い目に入れたい。3番手評価にタマモプラネット、ここでは抜けた存在か。京都で重賞とOPを連勝しているのは強み。あとは9歳という馬齢とヤネの小坂が重賞での勝負弱さが気になったのでこの序列。以上、3頭の馬連BOX買い。

京王杯スプリングカップの本命はトゥザクラウン、3頭出しの厩舎もあるが池江厩舎の2頭も人気必至だろうが買いたいのはこちら。重賞初出走だが逃げても勝負できる脚質に注視。案外楽に逃げ切れるかもしれん。以下、買い目の3頭。まずはリナーテ、こちらも2頭出し須貝厩舎、内隣の馬よりこちらをチョイス。前走では溜めて切れる脚が証明できた。同じ斤量54で武豊が乗ってきただけに珍しく怖い存在。次にキャナルストリート、近4走の1400m戦の内容は天晴れのひと言。別定54㎏はかなりオイシイ。意外性を買う。最後にロードクエスト、この馬はデムーロの時だけ本当によく走る。たぶん乗り方が決まっているのだろう、直線で豪脚期待で押さえ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

ヴィクトリアマイルの本命はアエロリット、久しぶりに横山典に手綱が戻る。いわゆる主戦騎手が乗るという解釈でいいだろう。強い4歳世代を唯一抑え込める5歳牝馬だと思う。実績は勿論のこと混合中距離重賞で勝っていることを注視。逃げて強しは更に注視。以下、買い目の3頭。まずはプリモシーン、続けて関東馬だがこちらもマイル戦ながら混合重賞で勝ちと2着がある。押さえるべくして押さえる感じ。次にラッキーライラック、力量は文句なし。前走でフタをされての敗戦はある意味弱点を晒した感もあり、同じように封じられると石橋ではどうにもできないかもしれん。混合重賞で2着したことはプラス評価か。今回調整にダートを使っていたあたりもやや気になるところだが、それらを凌駕するだけの能力値、実績をもういっぺん信頼してみる。最後にアマルフィコースト、振り返ってみると重賞で好走している。評価して馬券も買っていた。やはり坂井が乗って走るという印象は間違いないだろう。1番枠を引いたわけで、あとは内々を突き切るだけの乗り方ができるかどうかだけ。インをこじ開けられれば一発逆転の頭もあると見解。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 京都新聞杯 NHKマイルカップ | トップページ | 平安ステークス 優駿牝馬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都新聞杯 NHKマイルカップ | トップページ | 平安ステークス 優駿牝馬 »