« 平安ステークス 優駿牝馬 | トップページ | 鳴尾記念 安田記念 »

葵S 東京優駿 目黒記念

例年の如くダービーウィークを楽しんでいる。まずは軽く重賞という位置付けの葵ステークスから。本命はケイアイサクソニー、距離を戻し誰を乗せてくるかと思ったら和田を乗せての勝負気配。先行できる脚があっての最内枠は絶好だろう。ロードカナロアの血がスプリント戦で必ず活きる。以下、買い目の3頭。筆頭はディープダイバー、こちらも前走リステッドから距離を戻してのここ。別定で57㎏を背負う分、厳しい評価とするが前走での切れる末脚の上がりはここでも武器になると思う。次にタマモメイトウ、1200m戦の経験が豊富でそこそこ人気しそこそこ好走。どうしても後方からの競馬に特化してしまい、さらに藤岡康が前述の馬をチョイスしたためここは吉田隼の出番となった。2走前で乗っているので問題ないだろう。枠からして直線向くまで辛抱できればラスト強襲あるか。最後にマリアズハート、血統的にちょいとピンとこないマル外だがダートと芝を使って2連勝。走ってみたらなかなかの時計が出ており注視する。京都遠征ということで菱田の手綱となるが、関東馬としてはこの馬を押さえる。以上、4頭の馬連BOX買い。

東京優駿、日本ダービー。あれこれ書きたいこともあるが、余談無し。本命はアドマイヤジャスタ、この勝負服とデムーロの復調さは想像以上に群を抜いている。世代絶対王者に迫った2歳暮れのGⅠでは完全にこの馬を見落とし抜けてしまっていた。そしてデムルメのヤネが入れ替わることになるが、心情的にもデムーロの闘志は相当なものだと容易に想像できる。岩田康から乗り替わるとなった時点でダービーの本命だと決めていた。今回は調教でも仕掛け程度で前より時計を詰めてきている部分もある。先週に続き今週もデムーロが輝くと確信。年頭に書いた通り、今年はデムーロの年。対抗にはサートゥルナーリアで鉄板。皐月賞で2着馬と接戦を演じ、ここではそのワンツー2頭で争うという見解もあるようだが、個人的に言わせてもらえれば皐月賞はこの馬が8分のデキ。だから接戦に見えただけだ。ダービーでは完全に仕上げているはずで、前走のようにはならない。あとは手綱を握る鞍上のハートの勝負だ。そういう意味での番手評価。今年のダービーはこの2頭で馬連1点。

目黒記念の本命はパリンジェネシス、条件戦を連勝してのここ。関西馬だが元々デビュー2戦は東京でその後1000万条件を東京2400mで勝っている。斤量54の恩恵ならば逃げて怖い存在。対抗にはポポカテペトル、長期休み明けだが近走2連勝に加え、前走と3走前に57㎏を背負って勝っているのは注視したい。上がりの速さも特筆もので、コース的に今回斤量55のハンデならここでも充分通用。人気の盲点なら鞍上デムーロで問題無く仕留めたい。3番手評価にアイスバブル、この馬も条件戦をトントン拍子に駆け上がってきている。池江厩舎で外国人ジョッキーのオンパレードだが、落ち着いて考えてみるとこれだけ外国人ジョッキー旋風が吹き荒れる今のJRAでアヴドゥラだけなんとなく疎外感があると思うのは小生だけではないはずだ。もちろん力量や腕前といった部分もあるとおもうが、この馬でもきちんと勝っているではないか。ここでこそ御祝儀的忖度があっていい。54㎏なら重賞でも一変ある。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 平安ステークス 優駿牝馬 | トップページ | 鳴尾記念 安田記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平安ステークス 優駿牝馬 | トップページ | 鳴尾記念 安田記念 »