« 東京JS 宝塚記念 | トップページ | プロキオンS 七夕賞 »

CBC賞 ラジオNIKKEI賞

ローカル2重賞。CBC賞から。本命はショウナンアンセム、前走GⅠで見せた末脚は本物と見ていい。包まれて内を突いての上がり33.4は特筆もの。同じ藤岡康で迎えるここは狙い目。6歳馬が侮れない。以下、買い目の3頭。まずはセイウンコウセイ、やはり前走評価。2桁着順が続き、もう終わった感があったにもかかわらず2着した。やはりGⅠ馬は油断できない。斤量58との闘いだろう。同じく6歳馬で勝負。次にグランドボヌール、ようやく中京の重賞へ出てきたか。個人的にはコース適性最上評価の馬。なんせ中京で3戦3勝、うち城戸で2勝もしている。さらに1200m勝利時は57kgを背負っての1番人気勝ち。先行して勝ち切っただけに、今回の最内枠は有利に影響と見るね。あとは厩舎初重賞制覇というハードルを越えきれるかどうか。厩舎、騎手ともに人気の盲点ならガッツリ買いたい。最後にレッドアンシェル、人気ながらもなかなか勝ち切れなかったが前走を福永で勝った。距離短縮で好時計、とにかく外を回ってもいいから包まれなければ楽に勝てるだけの力はある。以上、4頭の馬連BOX買いで。

ラジオNIKKEI賞の本命はポルーニン、近2走はマイル戦だったが上がりがとにかく速い。減量の武藤が乗ってのことだが、その武藤で今回は更に2kg減となる斤量53である。それに加え、珍しく調教が良く見えたので本命に抜擢。これはさすがに来ないわけにいかないだろう。以下、買い目の3頭。まずはランスオブプラーナ、要するに1800mで重賞勝ちしているっていうだけで押さえれる。その前も1800m勝ち、さらにその前は1800m重賞で3着だ。もうネーハイシーザーかってくらい1800mに特化した強さを見せている。外枠を引いたがテンが良ければかなり期待できる。あとはトップハンデを克服するだけ。次にサヴォワールエメ、手綱が内田に回ってきた。斤量51の逃げ馬ということで一応押さえる。後を離しての逃げが打てれば勝ち負けクラスか。馬名が言いにくいのが実況泣かせか。最後にゴータイミング、前走の差し脚は悪くなかった。32.8の上がりは武器になる。馬体をギリギリまで絞ってこれればここでも通用すると思う。距離は伸びるが新馬でこなしているし、前走のラストを見る限りは問題なさそう。武豊で福島重賞となるとあまりピンとこないが、マイネルブリッジの印象が強いな。ちょいと古くて参考にはならんが、キーファーズの服で勝ってほしいぞ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 東京JS 宝塚記念 | トップページ | プロキオンS 七夕賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京JS 宝塚記念 | トップページ | プロキオンS 七夕賞 »