« 函館スプリントS ユニコーンS | トップページ | CBC賞 ラジオNIKKEI賞 »

東京JS 宝塚記念

2重賞。簡潔に書く。東京ジャンプステークスから。本命はアグリッパーバイオ、高田が手綱を取って東京コースで未勝利脱出。近走で上手に走れていない印象もあるが、スタートで前に付けれれば充分残れる公算がある。先行できるかどうかだけ。対抗にハルキストン、オープンで申し分ない走りを見せた。難波に乗り替わることだけが影響しそうだが馬の能力でカバーしてもらいたい。3番手評価にシンキングダンサー、実績だけは最高評価。ただ昨年は東京コース不得手ぎみであった為、3番手。以上、3頭の馬連BOX買いで。

宝塚記念は簡単にまとめると、前走大阪杯組中心。海外遠征組はバッサリ切る。よって本命はアルアイン、本当は安田記念組が出てくれば評価しようかと、それくらいマイルで走れる馬に注視したがこの馬なら実績的にギリOKか。2000mのGⅠを2勝していることも大いに加味して1番手。対抗にはキセキ、まぁ普通に強いし展開がかなり向きそうな気配。結局は前走大阪杯ありきで、最内枠を引いたからには押さえざるを得ない。3番手評価にマカヒキ、同じく大阪杯からのローテー。なかなか復活しそうでしない馬であるが、分かりやすく言えば、岩田が先行策を繰り出せばまず勝負になる馬だと確信している。テンが良ければなぁと期待しつつ、1コーナーまでに内から3頭分以内で先行できていれば勝ち負け可能。少頭数なので以上、3頭に絞って馬連BOX買い。先週の競馬で5頭立てのレースに専門紙予想で4頭に印、酷いのになると5頭全てに印を付けてる輩がいて、予想とは何ぞやと考えさせられた。自分は自分のスタンスでいく。

|

« 函館スプリントS ユニコーンS | トップページ | CBC賞 ラジオNIKKEI賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館スプリントS ユニコーンS | トップページ | CBC賞 ラジオNIKKEI賞 »