« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

小倉SJ クイーンS アイビスSD

今週は時間がないので買い目だけ。3重賞。小倉サマージャンプの本命はタマモプラネット、対抗にシゲルロウニンアジ、3番手評価はメイショウタンヅツ。以上、3頭の馬連BOX。

北海道新聞杯クイーンステークスの本命はサトノガーネット、相手3頭にウラヌスチャーム、カリビアンゴールド、リリックドラマ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

アイビスサマーダッシュの本命はライオンボス、相手3頭にミキノドラマー、ビップライブラリー、フェルトベルク。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

 

| | コメント (0)

函館2歳S 中京記念

2重賞。函館2歳ステークスから。もう2歳重賞か。苦手というか難関な部類である。かなり割り切ってバッサリいく。この時期に体の小さいヤツ、前走馬体重450未満は切る。あとレース間を詰めてて2歳馬には負担がかかるヤツ、7月にレース使ってる馬は切る。カク地を含む前走ダートは切る。これでかなりの馬が消せるはずだ。残った中から本命に挙げるのはビアンフェ、注目の一頭だろう。サクラバクシンオーキズナですからね、これはイイ。真っ先に買いたい馬。以下、買い目の3頭。まずはスマートカーリー、牝馬で買いたい一頭。2歳重賞で武豊の組み合わせで押さえたい。次にタイセイビジョン、関西からやってきた分差し引きたいのと1400mから距離短縮がどう出るかだが鞍上にルメールか。冒頭のふるいにかけて残った馬として馬券とする。最後にゴッドスター、こちらは福島勝ち上がり組。前述同様、条件を満たしている馬なので、大外に入ってもここは押さえる。以上、4頭の馬連BOX買い。

トヨタ賞中京記念の本命はレインボーフラッグ、前走準OPを1着しているのにここでの斤量54kgはかなり甘くみられたものだ。久々となる重賞に小崎綾を乗せてきたのは厩舎の意向が分かりやすいし勝負気配でいいだろう。暫くぶりの1600mとなるが走らなかったわけではない、軽ハンデを活かせば差し切る展開は充分有り得る。以下、買い目の3頭。まずはツーエムマイスター、逃げて前に行ける馬としてはこれが本線。なんたって52kgしか背負っていないわけで、楽に行かせれば逃げ切る可能性は高い。付け加えて、前走重賞で乗った馬よりこちらに乗る城戸がアツイ。ペースが落ち着いたら勝機。次にコスモイグナーツ、こちらも行った行ったの展開で要注意とする。逃げてなんぼの馬だが、他馬と無理な競り合いさえしなければペース次第で残れる算段。斤量も軽く、やはり押さえたい一頭。最後にプリモシーン、実績重視で仕方なし。斤量が55.5みたいな要は半端な数字の時、その馬は馬券に絡みやすいというのが予想ファクターとして自分的に注視していたりする。まぁ外せない実力馬ということでいいだろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

函館記念

今週は1重賞。農林水産省賞典函館記念、本命はステイフーシッシュ、実績からして今回のメンツなら文句無し。いわばボーナスステージだろう。が、しかし懸念はないでもない。トップハンデ57.5kgは4歳にしては見込まれたなとは思うが、それ以上に鞍上の中谷が不安だ。むしろこちらのほうが重いハンデといえる。久々に手綱が戻るわけで、謙虚に無欲に乗れれば普通に勝てるはず。分かりやすく言おう、馬の邪魔さえしなければ確勝級。以下、買い目の3頭。まずはマイスタイル、今年に入ってからなぜか距離短縮しているが元々は2000mが自分の土俵だ。去年の夏に函館2000mを2連勝していることを加味すれば、その時より斤量1kg減の56で乗れるここは見直し可能。あとは馬体が絞れれば言うこと無し。前走から斤量-2kgは甘く見られたな。次にナイトオブナイツ、叩き2戦目が勝負所。コース相性というか適性重視。函館と札幌で勝鞍があるのはこの馬だけ。北海道適性と言っておこうか、差し追い込みがハマる展開なら頭もあるか。池添を乗せた時なら妙味アリ。最後にカルヴァリオ、この馬も函館で2勝の実績がある。しかも黛を乗せて人気してのことだ。その後なぜか短いところをメインに使ってきており成績も安定しなかった。3年ぶりくらいに2000mを走るここは押さえたい。斤量54でローカル戦なら充分計算できると思う。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

プロキオンS 七夕賞

今週も2重賞。プロキオンステークスから。本命はミッキーワイルド、ようやく重賞初出走となったのが不思議なほどの馬。勝ち切れなかったのが原因でもあるが、ここ2戦はどちらも1番人気できっちり勝っているのは評価できる。手の合う北村友の方が乗るので推す。後の馬が届く展開を予想しているので7枠でもOK。以下、買い目の3頭。まずはヴェンジェンス、6歳馬なのに重賞は1度しか走っておらず使い詰めしていないのは好感が持てる。前走休み明けでの快勝を見てここは買いを決めたくらいだ。やはり速い上がりの勝負で分があると見たね。次にサクセスエナジー、昨年同様に地方を2戦叩いてのここ。流れ予想からして脚質的には最適とは言えないが最内に入った分、割り切って先行し逃げ馬マーク戦法で雪崩れ込み狙いだろう。最後にアルクトス、田辺が2週連続で重賞を勝利っていうのはかなりハードルが高いと思うし、その田辺が関西重賞で勝つイメージも薄い。ただねぇ、捨てきれないだけの実績を持っているし、とりあえず2着はあるかという感じか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

七夕賞は結構な逃げ馬が揃った印象。安易にハイペースとは考えないが福島とはいえここは警戒が薄れる後方待機策の馬を狙う。本命はクレッシェンドラヴ、前走もそうだが福島コース適性を注視。鞍上の内田も重賞勝ちしたお手馬もいたのにOPになったばかりのこちらを選んできた。休み明けでも好走実績があるだけに休養を挟んだここは超狙い目か。以下、買い目の3頭。まずはミッキースワロー、菊沢厩舎の主戦横山典が菊沢にあえて手綱を譲った感じは否めないね。そのノリは逃げ馬でペースを上げるラビット役へ回った。わざわざお膳立てしてくれるわけだ。ハンデキャッパーもよく見ているもので、この馬にトップハンデを課してきている。それを差し引いても流れと脚質から最速上がりで勝ち負け必至の見解。次にクリノヤマトノオー、こちらのヤネ和田は阪神のほうでも勝負になる馬に乗れたのに近走パッとしないこちらの馬をチョイスしている。追い込みがハマる展開なら勝機があるんだろう、枠や展開、脚質、一見すべてが悪い条件に見えるが直線勝負で馬券としたい。最後にロシュフォール、前走で重賞1番人気して3着なのにあまり酷な斤量とはならなかった。しかも乗り替わった三浦も同じサンデーR勝負服のお手馬がもう一頭いるのにこちらを選んだ。若い4歳馬に期待が持てると見てここは押さえ。すべて乗り役目線で絞った結果となるが以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »