« CBC賞 ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 函館記念 »

プロキオンS 七夕賞

今週も2重賞。プロキオンステークスから。本命はミッキーワイルド、ようやく重賞初出走となったのが不思議なほどの馬。勝ち切れなかったのが原因でもあるが、ここ2戦はどちらも1番人気できっちり勝っているのは評価できる。手の合う北村友の方が乗るので推す。後の馬が届く展開を予想しているので7枠でもOK。以下、買い目の3頭。まずはヴェンジェンス、6歳馬なのに重賞は1度しか走っておらず使い詰めしていないのは好感が持てる。前走休み明けでの快勝を見てここは買いを決めたくらいだ。やはり速い上がりの勝負で分があると見たね。次にサクセスエナジー、昨年同様に地方を2戦叩いてのここ。流れ予想からして脚質的には最適とは言えないが最内に入った分、割り切って先行し逃げ馬マーク戦法で雪崩れ込み狙いだろう。最後にアルクトス、田辺が2週連続で重賞を勝利っていうのはかなりハードルが高いと思うし、その田辺が関西重賞で勝つイメージも薄い。ただねぇ、捨てきれないだけの実績を持っているし、とりあえず2着はあるかという感じか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

七夕賞は結構な逃げ馬が揃った印象。安易にハイペースとは考えないが福島とはいえここは警戒が薄れる後方待機策の馬を狙う。本命はクレッシェンドラヴ、前走もそうだが福島コース適性を注視。鞍上の内田も重賞勝ちしたお手馬もいたのにOPになったばかりのこちらを選んできた。休み明けでも好走実績があるだけに休養を挟んだここは超狙い目か。以下、買い目の3頭。まずはミッキースワロー、菊沢厩舎の主戦横山典が菊沢にあえて手綱を譲った感じは否めないね。そのノリは逃げ馬でペースを上げるラビット役へ回った。わざわざお膳立てしてくれるわけだ。ハンデキャッパーもよく見ているもので、この馬にトップハンデを課してきている。それを差し引いても流れと脚質から最速上がりで勝ち負け必至の見解。次にクリノヤマトノオー、こちらのヤネ和田は阪神のほうでも勝負になる馬に乗れたのに近走パッとしないこちらの馬をチョイスしている。追い込みがハマる展開なら勝機があるんだろう、枠や展開、脚質、一見すべてが悪い条件に見えるが直線勝負で馬券としたい。最後にロシュフォール、前走で重賞1番人気して3着なのにあまり酷な斤量とはならなかった。しかも乗り替わった三浦も同じサンデーR勝負服のお手馬がもう一頭いるのにこちらを選んだ。若い4歳馬に期待が持てると見てここは押さえ。すべて乗り役目線で絞った結果となるが以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« CBC賞 ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 函館記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

重賞どちらも的中オメ。福島の展開予想は参考になったし騎手乗り替わり目線の予想は面白かった。それにしても菊沢一樹なんかの重賞勝ちを見越すなんてアンタ凄すぎるヨ!普通は来るわけねぇって思うし!

投稿: au英雄 | 2019年7月 7日 (日) 16時16分

おめでとうございます!

投稿: たる | 2019年7月 7日 (日) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CBC賞 ラジオNIKKEI賞 | トップページ | 函館記念 »