« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

シリウスS スプリンターズS

秋競馬か。2重賞の予想。シリウスステークスから。本命はロードゴラッソ、広い阪神でなら買い。藤岡佑の手が合う若い4歳馬ということで抜擢。以下、相手の3頭。まずはアングライフェン、外国人騎手を乗せて人気になってた様相。今回は川田に替わったがダート重賞で見劣りはしないと思う。次にジョーダンキング、こちらは岩田との相性抜群。付け加えて阪神コースで好走傾向がある。この勝負服の岩田で期待値は高め。最後にロードアルペジオ、トントン拍子で勝ち上がり重賞出走となった。同じ勝負服のワンツー期待だが、福永への乗り替わりがどう出るかだけ。以上、4頭の馬連BOX買い。

スプリンターズステークスの本命はタワーオブロンドン、確固たる本命馬として前走直後から決めていた。特に問題視する事項も無く、ここは普通に走れば確勝級。差し馬を差してくる鬼脚を見せてもらおうか。ここは軸固定。以下、相手となる6頭。リナーテ、今回展開としては俄然逃げる馬がいるわけでハイペース必至と見ている。結果、追い込みで速い末脚が使えるこの馬は相手筆頭。ダイメイプリンセス、追い込みが決まる展開を想定して買い目に入れる。まぁ秋山に手綱が戻ることは良いことだ。他の差し馬が本命馬にマークされるようであればこの馬が抜け出すチャンスはある。ノーワン、敬遠していた3歳馬でもこの牝馬は買う。1400mの短いところで3歳重賞を勝っているわけで、不適正距離のクラシック2戦は参考外。53kgの軽さで後ろからすっ飛んで来るのはこの馬。アレスバローズ、末脚でなら勝負になると思う。近2走はメンバー最速の上がりを見せている。ペースが流れれば一発が繰り出せる馬。角田厩舎の2頭ならこちらを選ぶ。後になってみて「あっ!」なんてこと、ありそうだわ。ファンタジスト、短い距離で本領発揮と行きたいところ。前走ではヤネが上手く乗り先行抜け出しで強さを見せたが本来は中段から後方の位置で競馬する馬。ピンク帽子に入ったからには腹を決めて直線勝負してもらいたい。ダノンスマッシュ、保険の押さえ馬券。まぁ強いよね。内で包まれたら苦しいか。本命馬が外から被せてくるなら2着が精一杯と思う。以上、本命の軸から6頭へ馬連6点流し。

| | コメント (4)

神戸新聞杯 オールカマー

重賞予想の馬券が当たらないくらいではもはやビクともしないと言いながらも、外れるとやっぱり悔しい。思った以上に展開が違うのだ。自身でも何やらテコ入れの必要性を感じているわけで、買い方にも変化をつけていこうではないか。3連休で浮かれているが実際には台風が来ており先週に続き予断がならない。今週2重賞、神戸新聞杯から。本命というか軸にするのはヴェロックス、中内田厩舎と川田がちょっと重賞勝ち過ぎでないのとなってしまうが、クラシック2戦を見る限りは最有力と言わざるを得ない。多くを語る必要もなく選出。以下、相手4頭。まずはレッドジェニアル、ダービーでは位置取りを失敗してしまったが、トライアルではダービー馬を差し切って勝っていたことは最重要事項であろう。ヤネ酒井という地味さから重賞では人気を落としているものの、少なくともこの少頭数メンバーの中では文句無しのキング・オブ・トライアルと言っていい。ヒモに持ってこいの存在。次にユニコーンライオン、このマル外は面白いよ。血統的には短距離っぽいのだがあれよあれよと距離克服。父は米国馬なのにハナから欧州で走り3連勝で芝のGⅠをもぎ取った。とにかく夏の函館2連勝は評価していい。春は買ったのに来なかったが岩田に替わってからの走りは目を引くものアリ。3番手評価にシフルマン、条件戦連勝で尚且つ前走阪神で勝っているのがいい。ユニコーンライオンと同枠とかに入っていたら「枠で」買いたいっすよ。久々の分を差し引いても2着がありそうな気配。最後にワールドプレミア、そんなに若葉Sを評価しているのかと思われるくらいの馬券になってしまった。2歳重賞時には煮え湯を飲まされた思い出もあるが、なんといっても友道厩舎の武豊で父ディープインパクトである。菊には出らにゃ面目が立たない。が、あくまでも押さえまで。権利取り狙いっぽいからね。以上、今回は本命の軸から4頭への馬連4点流し。

産経賞オールカマーの本命はウインブライト、海外GⅠ勝ちとか著しい成長とかもあるが、何より中山で滅法強い。このアドバンテージを買わない手はないという結論。58kgでも本命中の本命。頑張れ松岡。対抗にはレイデオロ、この2頭で決まりだろうと思われるもう一頭の方。ルメールじゃなくて福永に替わるわけだが、少なくともこのメンバーでは勝ち負けの部類。やや落ち目っぽいところもあるがGⅡなら見直し可能。3番手評価にグレイル、近2走はローカルを走ったりテン乗り手綱だったりと噛み合わない条件が揃ってしまい、更に休み明け人気しても走らなかった。ならば「逆もまた真なり」で叩き2戦目、中山でなら勝負になると結論。同条件で重賞3着してるではないか。早い話が戸崎が前で競馬すりゃ一変あるって。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

阪神JS ローズS セントライト記念

今週は3重賞。秋競馬も満喫していきたい。早速、阪神ジャンプステークスから。本命はアグリッパーバイオ、前走OPを61kgを背負って勝利し、唯一斤量減で乗れるこの馬をチョイス。有力馬の乗り替わりパズルもよく見りゃ何やらありそうな気配だが、こちらは乗り替わらず騎手が引き続き乗るところもプラスとして考慮。先行型の脚質もいい。対抗にはサトノエメラルド、こちらも完全に先行押し切りタイプ。障害転向後は高田が乗りつくしている様相。内枠からスタートが決まれば勝ち負けまで持っていけるだろう。3番手評価にトゥルーハート、これまで人気とともに安定している走りを見せた。前走のOPを勝ちかなり力を付けたと見ていい。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

関西テレビ放送賞ローズステークスは相変らず見慣れた勝負服ばかりがズラリと並ぶ今回、クラシックの勝ち馬が出てこないというなんとも中途半端な秋のトライアルとなった。俄然張り切ってくるのが上がり馬ということになろう。そこで本命はアルティマリガーレ、内容はどうあれ連勝中の勢いは本物。前走1600mからでも血統的に余裕の克服と見るね。条件戦の阪神で勝ち鞍があることも重要視した。対抗にはスイープセレリタス、こちらも連勝中の一頭。前走1600mからというあたりも本命馬と高いシンクロ率を見せており、やはり血統的に問題ナシの結論。2番手に評価を控えたのは外枠に入ったこと、関東馬、初右回りといったところが引っ掛かった感じ。それでもルメールが乗る。評価は充分しておきたい。3番手評価にモアナアネラ、珍しくサンデーRの勝負服が一頭のみ。散々血統の話も出たので、それを言うならこの馬が最高値を出してもよいくらいだ。なんとかこの舞台に間に合ったが総合力はやや劣るだろう。ただ徹底的に2000m戦を続けてきたことは必ずここで活きると見る。それ以外の理屈抜きでの押さえ。こちらも少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

朝日杯セントライト記念だが枠順確定前なので詳細は割愛。とりあえず現状のファクターから買うと決めた馬たちである。本命はニシノデイジー、滅多なことでは勝浦を買ったりしないのに、先週の平場の勝負レースで思わぬ単勝をもぎ取ってくれた時にピンときたね。今週の重賞は注目の的となった。いや個人的に勝手に的にしただけだ。クラシック2つ終えもうダメかと思われたヤネが据え置きとなったことで奮起しての激走期待。しいて言うなら先行さえしてくれれば相当力を発揮するだろう。以下、買い目の3頭。まずはオセアグレイト、未勝利から条件戦連勝までこれだけ野中の手綱で人気する馬もいないだろう。2400m以上を使ってきたあたりは秋を意識してのことかもしれん。恐らく野中ということで軽視されそうな馬だがオレは買う。長距離砲っぽいのに上がりがやたら速いのが気に入った。次にエングレーバー、関西馬で唯一食指が動く。夏にひと叩きとなったが取りこぼしたのは痛かった。叩き2戦目、結果的にここで調子がピークになってしまったのではないかと推測。侮ることなかれ、3連勝中の馬である。最後にザダル、先に書いてしまったが、やはり侮ることなかれ、こちらも3連勝中でしかもデビュー無敗。まぁ勝った3戦の人気を見ればいかに地味な存在だったかが鮮明だ。血統的にも地味とはいえ、父トーセンラーはこのレースで賞金加算しその後の飛躍へとつながった。父の重賞好走の戦績は決して見劣るものでもないわけで、この馬が重賞でも充分勝負になるだけの根拠は示せる。オッズ次第では厚く勝負したいところ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

紫苑S セントウルS 京成杯AH

今週末は遠出・宿泊が重なり金曜日の夜に書けないので枠順確定前の木曜に予想馬を記す。紫煙ステークスの本命はカレンブーケドール、相手3頭にメイクハッピー、グラディーヴァ、パッシングスルー。以上、4頭の馬連BOX。

産経賞セントウルステークスの本命はミスターメロディ、相手3頭にタワーオブロンドン、イベリス、ダイメイプリンセス。以上、4頭の馬連BOXで。

京成杯オータムハンデの本命はトロワゼトワル、相手3頭にクリノガウディー、グルーヴィット、ストーミーシー。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »