« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

スワンS アルテミスS 天皇賞・秋

今週は3重賞、毎日放送賞スワンステークスから。本命はアマルフィコースト、他にも乗れたがこの馬をチョイスした坂井瑠星を買う。とにかくひと叩きした分、人気馬の中では信頼度が高い。460kg台で仕上がっていれば混合戦でも見劣りしないだろう。以下、買い目の3頭。まずはグァンチャーレ、関西で走るのに松岡が乗るという面白さが今回はある。前走より負担重量減で臨むここは一枚上手と見ていい。1400mとはいえ昨年は3着に来ているだけに問題無しの見解。次にマイスタイル、言ってみれば前走1番人気で重賞勝ちしている馬。要は1400mに適応できるかどうかだけ。脚質を考えればテンさえ出てしまえれば逃げ切れる公算はあるだろう。陣営の狙いはそこかもしれん。最後にキャナルストリート、1400mに特化した専用機という印象。関西はもちろん京都初見参ということで未知数に賭けたい。以上、4頭の馬連BOX買い。

アルテミスステークスは8枠の2頭でカタイという印象。だがそれだと面白くない。そこで本命はサンクテュール、もう一頭と比べれば新馬戦は12頭立てという頭数から抜け出しているところを注視。その分上位と見るね。スタートしてケツを外に振れば一丁上がりだろう。対抗にはビッククインバイオ、東京経験がある。逃げ一辺倒だが、どこまで残れるかがカギ。少頭数だしペースが押さえられれば逃げ切り濃厚か。3番手評価にルーチェデラヴィタ、わざわざ札幌へ行ってOPを勝ってきており遠征を克服。武器は末脚だけだが、それに賭ければ勝負になる可能性はある。以上、3頭の馬連BOX買いで。

いよいよ天皇賞・秋。今年はルメールとスミヨンの馬の2強が抜けている。だが買うならその1点にしないとダメなわけで、こちらとしては狙いは別にある。前者はレース間、今後へのひと叩き感があるし、後者は3歳馬だ。強引に重箱の隅をつついてみたが選んだ本命はダノンプレミアム、こちらは使い詰めしたらダメな馬といえる。いわばだましだまし使って好走させるような馬。前走は出負けや不利、その後欠いた折り合い等で惨敗した。あの時軸にしていただけに悔しい思いもしたがここではきっちり取り返してもらおう。完成度では2強を凌駕すると思っている。懸念はGⅠ不調の鞍上川田だけ。以下、買い目の3頭。まずはユーキャンスマイル、前にも書いたが使ってきたレースがハイレベル。特に春の天皇賞を使ってきているだけに、古馬王道である春秋の両天皇賞にも出てくるのは馬の強さの象徴。なんと言っても今年は平成と令和と2人の天皇が存在した年である。とにかく前走評価通り、2000mに対応した上、徹底した差し競馬、後方待機策で豪脚が出せるのが強み。次にカデナ、こちらも徹底した追い込みが魅力でとにかく上がりが速い。人気上位の強い馬と同枠馬は一緒に引っ張られて好走することが多いという持論から、1枠1番最内枠に入った今回は超狙い目か。最後にスティフェリオ、最近流行っているGⅠへのぶっつけ本番ローテーを横目にきっちり叩いてしかも勝ってきた馬。この馬ではヤネ丸山が本当に上手く乗っている。先行するしかないだろうが本命馬をマークできれば雪崩れ込めるチャンスはある。先に書いた通り、2強馬と同枠ということでやはり買い目に入った。かなり面白い存在。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

富士S 菊花賞

今週は2重賞。土曜の富士ステークスから。3歳マイル王者のアドマイヤマーズが絶対的本命らしいが、レース間が気に入らない。他諸々もあるが一旦馬券から外す。そこで本命はノームコア、前走マイルのGⅠからというほぼ同じレース間でもこちらはチョイス。何故か。ルメールの手腕というより前走のレコードタイムが目を見張る。アレはまぐれじゃ出ない。牝馬ながら天晴れな馬。以下、相手3頭。まずはレイエンダ、前走はちょいと速いペースに泣いた。直線で前も割れず結果グダグダ。今回はスミヨン人気になりそうだが、少なくともペースと折り合いを考慮すれば能力発揮は可能。次にイレイション、あまり東京で走っていないが芝1600mなら安定の範囲内。東京1600mで田辺なら前での競馬で信頼していい。最後にロジクライ、昨年同様になるがあと一歩が届かない印象は残る。特にGⅠでは滅法弱い。しかし前走ではスタートのアクシデント&制裁により武豊も騎乗停止、まったくの参考外でいい。昨年の勝ち馬だし、普通に乗れれば勝ち負けレベルの馬。以上、4頭の馬連BOX買い。

菊花賞だが、言うまでもなく戦績的には過去類を見ないショボさのメンツ。GⅠというよりGⅢ予想っぽい気分でいってみる。本命はワールドプレミア、春を棒に振った分ここは力が入るところ。前走トライアルでは枠順がそのまま上位の馬との差になっただけ。今回は赤い帽子と絶好枠。道中、内に入れればラストは楽に抜け出して勝てる。ヤネの手綱さばき込みで逆転可能。以下、買い目の3頭。まずはヴェロックス、能力と底力を見れば切れない。先週同様、どうしても川田がGⅠで勝てるイメージが湧かないが2着は充分あるし、仕方ない押さえ目。次にヒシゲッコウ、こいつもスミヨン人気になるかもしれんが、そもそもGⅠ馬の下でもあり血筋は悪くない。関東馬はなかなか買い難いんだが近走の勝ち方が非常に良かった。個人的にはヒシ冠の黒い馬はなかなか強いというイメージがあるので直感的買い目。最後にカリボール、いつもの予想ファクター、何度振るいに掛けても消えないので思い切って買う。シャーロック・ホームズの言葉を引用すれば、除外していって残ったものがたとえどんなに信じられなくてもそれが真相ってやつだ。しかし、藤井だよなぁ、距離不安もあるよなぁ、あえて京都が合いそうっていうプラス要素を持っておくしかない。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2)

東京HJ 秋華賞 府中牝馬S

台風の影響で大変な3日開催。既に東京の土日は月曜以降に代替競馬が決定している。大事がなければと願う。とにかく予想はした。とりあえず東京ハイジャンプの本命はトラスト、障害転向後の3連勝は目を見張る。熊ちゃんが巧みに溜め逃げをしており、これは化ける可能性がある。平地と障害で重賞制覇も間近。対抗にメイショウダッサイ、森が完全に乗り方を手にしている感じ。前走の勝ち方も良かった。引退する義への手向けとして好走必至。3番手評価にシングンマイケル、前述2頭の一点でもよさげだが、2頭が前でガシガシやっちゃったらこの馬にも漁夫の利が出てくるので、念のため押さえてみる。以上、3頭の馬連BOX買い。

秋華賞を先に書くがアレコレ試行錯誤するも、台風やら馬場やら何やらで不確定要素が混ざり苦労している。いや、早い話が面倒くさい状態。スパッと割り切る感じで他情報に惑わされず馬券構築。目はローズS組で決めた。本命はダノンファンタジー、仕方ないところ。精査する限りは絶対的本命なのだが、不安要素を無理やりもたげるなら今年の川田のGⅠの勝負弱さ、内枠からの内詰まり、ダノンでGⅠ勝ちイメージが弱い等。軸としたいところだったが、まさかの展開も想定し馬券はBOXで受け皿を作る。とにかくラストで間を割るか外に出れれば楽勝レベル。以下、買い目の3頭。まずはシャドウディーヴァ、岩田から松山への乗り替わり。この馬は差しに徹する乗り方が気に入った。乗り替わりとひと叩きで必ず一変する。次にシゲルピンクダイヤ、逆にこちらは徹底した追い込みタイプ。ハマればデカイは桜花賞で実証済。内を突くのは厳しいと思うので大外一気でラスト勝負で面白いはず。最後にビーチサンバ、毎回微妙な内容になるが底力は間違いなくある。いつもは屈する強い相手にここはひと泡噴かせるチャンス。前走は前での競馬が功を奏したが、ここはブレずに後方待機策を推奨。レース展開としては差し追い込みが決まる流れをイメージしている。以上、前走ローズS組4頭の馬連BOXで勝負。

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスだが、そもそも台風で順延、枠順不明。それを踏まえての予想。本命はジョディー、本来なら海外遠征敗戦帰りはそれだけで切るところだが若い3歳の逃げ馬で斤量52なら切れない。武藤が乗せてもらえるのも、それなりに信頼されている証拠と言える。とにかく無欲で逃げを打てれば残れる可能性は高い。以下、買い目の3頭。まずはスカーレットカラー、3日開催で徹底して東京に張り付く岩田康が鞍上。GⅠにも乗れただろうに、こちらに腰を据えるだけあってこの馬には要注意。牝馬相手なら怖いぞ。次にディメンシオン、重賞であれこれヤネを変え乗り方を変え混迷するも前走で北村の手綱がピタリとハマった。レコード決着の勝ち馬には離されたが喰らいついた根性は本物。得意距離1800mに戻しヤネ据え置きなら迷わず買える。最後にレッドランディーニ、前走10番人気ながらあわやの重賞2着。斤量に恵まれた感もあるが池添の乗り方も良かった。追い込みに徹するなら直線で見せ場があると思うね。あとは枠次第、外に入ればオイシイ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (1)

サウジアラビアRC 京都大賞典 毎日王冠 凱旋門賞

秋競馬の3重賞。昨今は根拠がよく分からない断定からの全然違う結末に一人しょぼくれていた重賞予想だったりで先週の一発はカンフル剤になった。今週もドカンと獲りたいところだが昨年史上最低額のWIN5となった開催だっただけに荒れなさそうで既に気持ちも萎んでしまいそうである。とりあえず土曜重賞から。サウジアラビアロイヤルカップは苦手な2歳戦。少ない情報から過去レースを吟味しつつさんざん消しのデータ等を精査し2時間を費やしたところ1頭も消えなかった。これは日本語に訳すと「調べ損」ってことだろうし、もう面倒くさいのでこのレースは短評だけ。本命はアブソルティスモ、走った2戦とも1番人気。藤沢厩舎でこの肌馬からの兄弟を見れば買わない理由が無い。対抗にはエンジェルサークル、まぁデムーロならなんとか勝ち負けに持ってこれそうだね、という感じ。少頭数なら大外でも差し引く必要はない。3番手評価にクラヴァシュドール、先週お世話になった藤岡佑が乗る。先週重賞を勝っているというのはデータというよりは流れ的にOKだということ。2週連続重賞は鬼門だろうが2着はある。以上、3頭の馬連BOX買い。

京都大賞典の本命はグローリーヴェイズ、これはもう仕方ないね。関東馬だが天皇賞春を見た限りでは相当に力がある馬。このメンバーなら一枚上。以下、買い目の3頭。まずはシルヴァンシャー、3連勝中だがあまりレースを使い詰めていないところがいい。重賞初挑戦となるが、ダービー馬がいなくなってしまった浜中にはちょうどいい按排の馬が見つかったわけだ。休み明けの今回が盲点になるなら押さえて面白いだろう。次にウラヌスチャーム、そもそも東京メインのほうが合ってただろうというのが一般の考え方。ところがこちらへ出てきた。個人的見解で言うなら完全に未知数である京都コースでの変わり身期待というあたりか。どうしても後からの競馬になりがちだが、逆に一発っぽくてイイ。関東馬ながら唯一の牝馬ということで注視。要は人気薄だし万馬券の片棒でありさえすればいいという基準。最後にノーブルマーズ、非常に買いどころが難しい高倉のお手馬。この高倉しか乗せないという姿勢は褒めたいところ。どうしても前での競馬で内を押し切るカタチが理想なわけで、それが今回うまい具合に1枠を取った。展開が味方すれば2着くらいはなんとかならんか。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

毎日王冠の本命はインディチャンプ、前走では58kgで辛抱できればという評価だった。結果、GⅠを快勝。マイル適性を注視していたが同コースの200m延長なら範囲内だろう。同じ斤量58ならここでも一押し。対抗にはダノンキングリー、3歳馬にはハードルが高いか。しかしその3歳戦において東京コースでの走りは目を見張るものがあった。10頭立てならチャンスはあると見るね。3番手評価にモズアスコット、冷静に考えれば去年のGⅠ馬である。マイル戦なら買い要素は大きいが直近では環境や斤量がうまく噛み合わなかったか。勝てない時に内田を乗せるというのは未勝利を勝ち抜けした時と同じ状況。末脚勝負に徹したら面白いなと思っていたら大外枠に入った。唯一のマル外、これは賭ける価値アリか。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

フランスでは凱旋門賞である。はやいものでもうこの時期か。今年は日本馬も多く参戦しているが、完全に馬券検討外だと思っている。昔から海外競馬フリークを自負しつつ平成に入った頃には既に勝ち馬予想はしていた記憶がある。当時、その行為にどんな実効性があるのかと問われれば黙って目を伏せるしかなかったが、現代では海外競馬の馬券がネットで買えるという時代。参加程度に馬券を買うのも悪くない。本命は当然昨年同様エネイブル、3連覇が可能か不可能かの話題が多い中。それを論破するだけの材料はある。まずは今でも充分強いし勝っている。次に過去2戦はコースが違う。シャンティとパリロンシャン。改修後は呼称も変わりロンシャン競馬場からパリロンシャン競馬場となったわけで、この新コースでは過去のデータは当てはまらないというわけ。ちなみに過去に3連覇を阻止した馬の手綱はデットーリだったりする。もうエネイブル勝つぢゃんっていう結論。相手筆頭はフレンチキング、こちらも本命馬と同じくアブトゥラ殿下の馬である。ワンツー取りそうで正直かなり期待している。ヤネがペリエだし凱旋門賞を走るにはもってこいの組み合わせ。3番手評価はガイヤース、どうしても本命馬を出し抜くには奇策っぽい乗り方が求められる。逃げてペースを作れるこの馬なら攪乱戦法も可能か。仮に他馬がエネイブルをマークして差し切れたとしても、それより前にいるこいつには届かなかったという結果はあっても不思議はない。以上、3頭の馬連BOX買い。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »