« 富士S 菊花賞 | トップページ | 京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS »

スワンS アルテミスS 天皇賞・秋

今週は3重賞、毎日放送賞スワンステークスから。本命はアマルフィコースト、他にも乗れたがこの馬をチョイスした坂井瑠星を買う。とにかくひと叩きした分、人気馬の中では信頼度が高い。460kg台で仕上がっていれば混合戦でも見劣りしないだろう。以下、買い目の3頭。まずはグァンチャーレ、関西で走るのに松岡が乗るという面白さが今回はある。前走より負担重量減で臨むここは一枚上手と見ていい。1400mとはいえ昨年は3着に来ているだけに問題無しの見解。次にマイスタイル、言ってみれば前走1番人気で重賞勝ちしている馬。要は1400mに適応できるかどうかだけ。脚質を考えればテンさえ出てしまえれば逃げ切れる公算はあるだろう。陣営の狙いはそこかもしれん。最後にキャナルストリート、1400mに特化した専用機という印象。関西はもちろん京都初見参ということで未知数に賭けたい。以上、4頭の馬連BOX買い。

アルテミスステークスは8枠の2頭でカタイという印象。だがそれだと面白くない。そこで本命はサンクテュール、もう一頭と比べれば新馬戦は12頭立てという頭数から抜け出しているところを注視。その分上位と見るね。スタートしてケツを外に振れば一丁上がりだろう。対抗にはビッククインバイオ、東京経験がある。逃げ一辺倒だが、どこまで残れるかがカギ。少頭数だしペースが押さえられれば逃げ切り濃厚か。3番手評価にルーチェデラヴィタ、わざわざ札幌へ行ってOPを勝ってきており遠征を克服。武器は末脚だけだが、それに賭ければ勝負になる可能性はある。以上、3頭の馬連BOX買いで。

いよいよ天皇賞・秋。今年はルメールとスミヨンの馬の2強が抜けている。だが買うならその1点にしないとダメなわけで、こちらとしては狙いは別にある。前者はレース間、今後へのひと叩き感があるし、後者は3歳馬だ。強引に重箱の隅をつついてみたが選んだ本命はダノンプレミアム、こちらは使い詰めしたらダメな馬といえる。いわばだましだまし使って好走させるような馬。前走は出負けや不利、その後欠いた折り合い等で惨敗した。あの時軸にしていただけに悔しい思いもしたがここではきっちり取り返してもらおう。完成度では2強を凌駕すると思っている。懸念はGⅠ不調の鞍上川田だけ。以下、買い目の3頭。まずはユーキャンスマイル、前にも書いたが使ってきたレースがハイレベル。特に春の天皇賞を使ってきているだけに、古馬王道である春秋の両天皇賞にも出てくるのは馬の強さの象徴。なんと言っても今年は平成と令和と2人の天皇が存在した年である。とにかく前走評価通り、2000mに対応した上、徹底した差し競馬、後方待機策で豪脚が出せるのが強み。次にカデナ、こちらも徹底した追い込みが魅力でとにかく上がりが速い。人気上位の強い馬と同枠馬は一緒に引っ張られて好走することが多いという持論から、1枠1番最内枠に入った今回は超狙い目か。最後にスティフェリオ、最近流行っているGⅠへのぶっつけ本番ローテーを横目にきっちり叩いてしかも勝ってきた馬。この馬ではヤネ丸山が本当に上手く乗っている。先行するしかないだろうが本命馬をマークできれば雪崩れ込めるチャンスはある。先に書いた通り、2強馬と同枠ということでやはり買い目に入った。かなり面白い存在。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 富士S 菊花賞 | トップページ | 京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士S 菊花賞 | トップページ | 京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS »