« 京都JS 武蔵野S デイリー杯2歳S 福島記念 エリザベス女王杯 | トップページ | ラジオNIKKEI杯京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯 »

東京スポーツ杯2歳S マイルCS

いつものように重賞不調が続く。小生は絶対的本命馬を買うのに抵抗を感じるほうなので、勝負レース以外では人気薄を狙うことも多い。すると穴狙いなのでとにかく当たらない。当たらないと負け分を取り戻そうと更に穴狙いに走り、ますます当たらないという悪循環を生んでしまうわけで、そうならないように平場や障害戦の勝負レースはかなり真剣に馬券を買っている方だと思う。なかなかそういうテンションで重賞予想に入れないのが弱いところで、願うならば午前中に重賞等のメインを組んでくれたら随分違うんだろうと思ってしまう。年末に向けて、テンションを下げずに頑張りたい所存。今週は2重賞、土曜の東京スポーツ杯2歳ステークスから。本命はラインベック、同一オーナーによる三冠配合ですからね。上の2頭はあまりパッとしないがこの馬は名前からしてちょっと違う。まぁ普通に走れば勝ち負けの部類に入るだけの能力は2走で見せてくれた。対抗にはオーロラフラッシュフランケル産駒牝馬ということで押さえたいマル外。他とは違い、多頭数で揉まれた経験はここで必ず活きる。3番手評価にゼンノジャスタ、侮ることなかれ、重賞を含め4戦こなしている強者である。恐らく距離延長とヤネの田中健を理由に人気を落とすだろうが馬の能力は別。最後の直線で5分目より外くらいを上がってくれば鞍上の意思とは別に伸びてくると思う。以上、3頭の馬連BOX買い。

マイルチャンピオンシップ。実際のところ、正直あまり考えずに単純に外国人騎手だけピックアップして買えば案外楽に的中かもしれんし、先に記すがダノンプレミアムの取捨は前走時に書いた通り、使い詰めしたらダメな馬という見解。では掻い摘んで予想に入る。今回は次の条件を推考した。今年1600m以上の重賞勝ちしている馬、外国人騎手はそれなりに評価、前走より斤量減である、3歳馬は切り捨て、前走1番人気馬を重視し大敗してても再評価。導き出された本命はアルアイン、普通に考えれば春先の古馬GⅠを買っている馬にムーアが乗るという超絶鞍上強化GⅠ馬ということ。更に言うなら、デビューは京都1600mでムーアの手綱だったということ。それ以来の手綱となるが勝ったレース、走ってきた相手を鑑みれば、メンバー内で随一と見るべきだろう。斤量減のここはカタいね。以下、買い目の3頭。まずはプリモシーン、シルクの勝負服では一番軽視されそうだがそこがミソ。前走1番人気でドベと大敗、出負けしてそのまま後方で沈んだだけで、視点を変えるなら馬が消耗していないという点。あまりにもヤネが下手に乗ってしまい完全に流れに乗れなかったことが幸いか。さてヤネはビュイックに乗り替わった。昨年のこのレース勝利騎手である。テン乗りで本調子への変り身を期待したい。次にレイエンダ、スミヨンから再びルメールへ戻る。いわば贅沢な乗り替わりをしているが1600mでルメールなら買いだ。いつものように折り合い重視になるが前走でも57kgを背負いながら上がり33秒ですっ飛んできた。懸念は京都初見参というあたりか。最後にマイスタイル、冒頭で書いたふるいで重賞勝ちの条件をクリアしている。個人的には人気薄の逃げ馬を狙いたいと思惑があり、最適馬発見というあたりか。何が何でもテンから逃げてくれなければ話にならない。後が牽制し合う中でギリギリ残る流れで光が見える。忘れた頃の田中勝春というフレーズで締めてもらいたいぞ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 京都JS 武蔵野S デイリー杯2歳S 福島記念 エリザベス女王杯 | トップページ | ラジオNIKKEI杯京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都JS 武蔵野S デイリー杯2歳S 福島記念 エリザベス女王杯 | トップページ | ラジオNIKKEI杯京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯 »