« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

ホープフルS 東京大賞典

昨年はここで心が折れそうだと書いた。今年はもう既に心が折れている。いやはや重賞ではもっぱら外しまくり、大事なところでの高揚感は殆ど得ることがなかった。振り返れば外国人騎手が勝つ、同じような勝負服の馬が勝つ、同じような厩舎が勝つ、そんな印象が強かったな。予想方法もちょいとシフトを入れ替える必要があるかもしんが、やっぱり自分の芯にしている部分でブッコ抜いた馬券のほうが嬉しいし高配当でもある。言い換えれば菜々子や西村、武藤なんかで取った単勝や馬連は格別かつ快感でもあり、このへんがやはり競馬を続ける根拠であろう。では今年最後、ホープフルステークスの予想。本命はヴェルトライゼンテ、牝系の血統を気にしてみる。菊花賞馬の下ということもあり悪くない。ここでマーフィーの手綱となったことは然るべき流れと見ていい。横綱相撲な競馬で勝てると見解。対抗にワーケア、やはり前走リステッドの内容もそうだが新馬戦も秀逸。それにルメールも先週の悔しさを晴らすにはここで入魂騎乗するしかない、いや絶対そういう騎乗になる。先週は見切ったが今回ばかりは外せない。この1点で決めていたのだが、コントレイルが内枠に入ってしまったが為、押さえる。以上、3頭の馬連BOX買いで。

東京大賞典の本命はケイティブレイブ、本当はドバイでの走りが見たかった馬。しかし前走で御神本が乗ってどうかなと思っていたが2000mも巧くこなしてくれた。ダートではいつも買い目に入る馬だが、ここでもやはり絶対的本命視。対抗にはアポロテネシー、デビューの頃以来久々に鞍上武豊。かなり意図した何かじゃなきゃ乗らないだろう。馬は殆ど月イチのペースで今年は走っており、使い詰めどころか疲れ切っているはずなのにそれなりに勝ってくるのは驚きでもある。1枠を引いた、買い目に入れる決断。3番手評価にオメガパフューム、昨年の勝ち馬ですからね。昨年はしっかり買えている馬券だが懸念はデムーロということになるか。さすがに最後の地方レースくらいは見せ場あっていい。2000mなら、まず崩れないと思っているし信頼性は高い。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

中山大障害 阪神C 有馬記念

中山大障害の本命はルペールノエル、いつのまにやら9歳となってしまった。かつて2頭の王者が目の上のたんこぶとなっていたが今なら遅咲きの王者になれる器。スタートして前のポジションがとれず不遇の走りが続いていたが、ここは挽回可能。本来の能力は随一、頼むから前で競馬してくれ。以下、買い目の3頭。まずはディライトフル、テンから逃げれる脚質は信用できる。懸念は鞍上の白浜がGⅠでは勝負弱い点だ。下手な駆け引きより、ここは大逃げの一手で勝機はありそうなんだが。次にヨカグラ、平場でひと叩きして障害へ戻ってきた前走は満足できる内容。本来のヤネ西谷の手綱に戻るなら押さえておきたい。最後にメイショウダッサイ、障害で開花した森のお手馬。戦績を見れば外せない一頭。スタートだけは決めてほしい。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪神カップの本命はグランアレグリア、休養たっぷりといったところか。昨今流行りの長期休みを挟んでのローテーがハマりそう。人気なので特に語りは無用、仕方ないね。以下、買い目の3頭。まずはグァンチャーレ、普通に1400mに対応できていると見ていい。関西レースで松岡を乗せたがあまりハマらなかった。池添に戻して臨むここは買い時。次にシヴァージ、ダートではあるが前走を1番人気で快勝している点には注視したい。信条なので初芝となるここは絶対に押さえる。最後にレッツゴードンキ、久々に馬券とする。いや、分かりやすく言えば1枠白帽子なら買える馬との見解。1枠2番、これだけで買う理由になる。以上、4頭の馬連BOX買いで。

今年の有馬記念は本来の趣旨通りの正に豪華なメンツが揃った。そもそもグランプリなんだからいつもこうあるべきなのだが近年の競馬では勝手に回避したり辞退したりが目立っていたわけで、ファン投票で選ばれてるんだから理由なき辞退は半年間出走停止みたいなペナルティが必要だろう。プロ野球のオールスターでも勝手に辞退したら後半戦10試合くらい出場停止なんだから。さて有馬記念、怪物牝馬が出走してきたが、香港を熱発回避したって時点で個人的には買いたくないスルーな目。本命はワールドプレミアとする。菊花賞馬が3頭もいる。予てから言ってる通り菊花賞馬にフロック無しの考え。理由は単純で、この枠を引いたら筆頭でいい。以下、買い目の3頭。まずはサートゥルナーリア、3歳馬の中ではトップだろうが前述の本命馬の外に枠が決まったので番手評価。特にコメントは無いかな。次にキセキ、角居厩舎の2頭が並んでいるがこちらも押さえる。逃げ馬が目立つがこの馬は控えてもいける。恐るべき押し切り能力と見ていいだろう。やっぱりムーアが魅力的。あ、それとやっぱり菊花賞馬でもあるな。最後にスワーヴリチャード、前走を見る限りマーフィーとの相性が良いんだろう。なにはともあれ中身は国内グランプリと同じだったジャパンカップを制した馬を軽視できないわな。内枠を活かしてもらいたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1)

ターコイズS 朝日杯FS

時間が無いので今週は買い目のみ。ターコイズステークスの本命はコントラチェック、相手3頭にフィリアプーラ、モアナ、フロンテアクイーンを挙げる。以上、4頭の馬連BOX買いで。

朝日杯フューチュリティステークスの本命はレッドベルジュール、相手3頭ウイングレイテスト、タイセイビジョン、ジュンライトボルトで。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1)

中日新聞杯 カペラS 阪神JF

時間が無いので簡潔に。土曜、中日新聞杯の本命はタニノフランケル、重賞で番手粘り込みが顕著。GⅢなら勝負になる算段。以下、相手の3頭。まずはサトノソルタス、レース経験は少ないが左回り専用は評価する。前走勝ちからの流れを汲む。スタートが良ければ勝ち負け可能。次にマイネルサーパス、3歳馬で狙うのはこの馬。GⅠ経験もあるが距離を2000mに合わせてきて要注意。最後にロードヴァンドール、前へ行けばそれなりのカタチにはなる。内枠で逃げの決め打ちで一発警戒。以上、4頭の馬連BOX買い。

カペラステークスの本命はテーオージーニアス、末脚が利くだけに重賞で買いたかった馬。展開はどうあれ直線強襲の走りあるのみ。以下、買い目の3頭。まずはレッドアネラ、レース間は空いたが前走中山で勝利は注視。内にいる実力馬をマークして抜け出しを図れば怖い存在。次にコパノキッキング、どの馬からもマークされそうだが、それでも実力はここでは何枚も上手。58kgを辛抱できれば当然押し切りアリ。最後にゴールドクイーン、やはり前へ行く馬では見逃せない馬か。先行馬同士でペースを作れれば連はカタイところ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズの本命はリアアメリア、能力的に本命視は仕方ないか。懸念は外枠。川田がそこまで巧く捌けない可能性もあるが、勝ち負けは必至。以下、買い目の3頭。まずはマルターズディオサ、関東馬ではこれを選ぶ。前走1600mの勝ちっぷりは悪くなかった。こういう時の乗り替わり田辺が怖い。次にクリスティ、近2走1800mからの距離短縮はプラスに捉える。リステッドの2着から見て速い上がりの決め手があると見ていい。人気薄で福永、侮れる一頭ではない。最後にヤマカツマーメイド、いかにも穴っぽい1頭。内枠からだが阪神でも武豊の乗り方次第で面白いと思う。2着くらいはある。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »