« 中山大障害 阪神C 有馬記念 | トップページ | 中山金杯 京都金杯 »

ホープフルS 東京大賞典

昨年はここで心が折れそうだと書いた。今年はもう既に心が折れている。いやはや重賞ではもっぱら外しまくり、大事なところでの高揚感は殆ど得ることがなかった。振り返れば外国人騎手が勝つ、同じような勝負服の馬が勝つ、同じような厩舎が勝つ、そんな印象が強かったな。予想方法もちょいとシフトを入れ替える必要があるかもしんが、やっぱり自分の芯にしている部分でブッコ抜いた馬券のほうが嬉しいし高配当でもある。言い換えれば菜々子や西村、武藤なんかで取った単勝や馬連は格別かつ快感でもあり、このへんがやはり競馬を続ける根拠であろう。では今年最後、ホープフルステークスの予想。本命はヴェルトライゼンテ、牝系の血統を気にしてみる。菊花賞馬の下ということもあり悪くない。ここでマーフィーの手綱となったことは然るべき流れと見ていい。横綱相撲な競馬で勝てると見解。対抗にワーケア、やはり前走リステッドの内容もそうだが新馬戦も秀逸。それにルメールも先週の悔しさを晴らすにはここで入魂騎乗するしかない、いや絶対そういう騎乗になる。先週は見切ったが今回ばかりは外せない。この1点で決めていたのだが、コントレイルが内枠に入ってしまったが為、押さえる。以上、3頭の馬連BOX買いで。

東京大賞典の本命はケイティブレイブ、本当はドバイでの走りが見たかった馬。しかし前走で御神本が乗ってどうかなと思っていたが2000mも巧くこなしてくれた。ダートではいつも買い目に入る馬だが、ここでもやはり絶対的本命視。対抗にはアポロテネシー、デビューの頃以来久々に鞍上武豊。かなり意図した何かじゃなきゃ乗らないだろう。馬は殆ど月イチのペースで今年は走っており、使い詰めどころか疲れ切っているはずなのにそれなりに勝ってくるのは驚きでもある。1枠を引いた、買い目に入れる決断。3番手評価にオメガパフューム、昨年の勝ち馬ですからね。昨年はしっかり買えている馬券だが懸念はデムーロということになるか。さすがに最後の地方レースくらいは見せ場あっていい。2000mなら、まず崩れないと思っているし信頼性は高い。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 中山大障害 阪神C 有馬記念 | トップページ | 中山金杯 京都金杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中山大障害 阪神C 有馬記念 | トップページ | 中山金杯 京都金杯 »