« ターコイズS 朝日杯FS | トップページ | ホープフルS 東京大賞典 »

中山大障害 阪神C 有馬記念

中山大障害の本命はルペールノエル、いつのまにやら9歳となってしまった。かつて2頭の王者が目の上のたんこぶとなっていたが今なら遅咲きの王者になれる器。スタートして前のポジションがとれず不遇の走りが続いていたが、ここは挽回可能。本来の能力は随一、頼むから前で競馬してくれ。以下、買い目の3頭。まずはディライトフル、テンから逃げれる脚質は信用できる。懸念は鞍上の白浜がGⅠでは勝負弱い点だ。下手な駆け引きより、ここは大逃げの一手で勝機はありそうなんだが。次にヨカグラ、平場でひと叩きして障害へ戻ってきた前走は満足できる内容。本来のヤネ西谷の手綱に戻るなら押さえておきたい。最後にメイショウダッサイ、障害で開花した森のお手馬。戦績を見れば外せない一頭。スタートだけは決めてほしい。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪神カップの本命はグランアレグリア、休養たっぷりといったところか。昨今流行りの長期休みを挟んでのローテーがハマりそう。人気なので特に語りは無用、仕方ないね。以下、買い目の3頭。まずはグァンチャーレ、普通に1400mに対応できていると見ていい。関西レースで松岡を乗せたがあまりハマらなかった。池添に戻して臨むここは買い時。次にシヴァージ、ダートではあるが前走を1番人気で快勝している点には注視したい。信条なので初芝となるここは絶対に押さえる。最後にレッツゴードンキ、久々に馬券とする。いや、分かりやすく言えば1枠白帽子なら買える馬との見解。1枠2番、これだけで買う理由になる。以上、4頭の馬連BOX買いで。

今年の有馬記念は本来の趣旨通りの正に豪華なメンツが揃った。そもそもグランプリなんだからいつもこうあるべきなのだが近年の競馬では勝手に回避したり辞退したりが目立っていたわけで、ファン投票で選ばれてるんだから理由なき辞退は半年間出走停止みたいなペナルティが必要だろう。プロ野球のオールスターでも勝手に辞退したら後半戦10試合くらい出場停止なんだから。さて有馬記念、怪物牝馬が出走してきたが、香港を熱発回避したって時点で個人的には買いたくないスルーな目。本命はワールドプレミアとする。菊花賞馬が3頭もいる。予てから言ってる通り菊花賞馬にフロック無しの考え。理由は単純で、この枠を引いたら筆頭でいい。以下、買い目の3頭。まずはサートゥルナーリア、3歳馬の中ではトップだろうが前述の本命馬の外に枠が決まったので番手評価。特にコメントは無いかな。次にキセキ、角居厩舎の2頭が並んでいるがこちらも押さえる。逃げ馬が目立つがこの馬は控えてもいける。恐るべき押し切り能力と見ていいだろう。やっぱりムーアが魅力的。あ、それとやっぱり菊花賞馬でもあるな。最後にスワーヴリチャード、前走を見る限りマーフィーとの相性が良いんだろう。なにはともあれ中身は国内グランプリと同じだったジャパンカップを制した馬を軽視できないわな。内枠を活かしてもらいたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« ターコイズS 朝日杯FS | トップページ | ホープフルS 東京大賞典 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

有馬記念参考にさせて頂きとれました!今年もありがとうございました!

投稿: たる | 2019年12月28日 (土) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターコイズS 朝日杯FS | トップページ | ホープフルS 東京大賞典 »