« シルクロードS 根岸S | トップページ | クイーンC 京都記念 共同通信杯 »

きさらぎ賞 東京新聞杯

今週の2重賞。きさらぎ賞は昨年も書いた気がするが相変らず少ないね。本命にするのはギベルティ、この馬はもう見るからに馬格が違う。500kgを超えた馬体と黒鹿毛というのもあるな。特筆すべきは関東の小島厩舎がわざわざ栗東滞在してまでここに出走してきたことだ。いつも書いているように唯一の云々ってやつである。まぁ新馬戦を見た限りはキレ勝負より粘り勝負の馬だろう。荒馬場の京都なら前のポジションで勝てる立ち回りは可能か。ヤネ武豊が続けて乗ってくるあたりも期待大。対抗にはアルジャンナ、特に書く必要もなく下馬評通りの馬と見ていい。勝ち負け必至。3番手評価にトゥルーヴィル、どうしても押さえたい要素があった。レース間は空くものの前走で京都1800mの同条件を経験済み。これは大きい。緩い流れだったが上がり33.9を使っていた。正に単穴的存在。人気どころも買うし少頭数なので買い目は絞るべく本命から相手2頭へ厚く馬連2点流し。

東京新聞杯の本命はヴァンギャルド、1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスを全て1番人気で一発クリアしてきている。逆に言えば重賞を勝てる力があるからこその結果だ。付け加えて言っちゃアレだが前走は手綱が岩田望だったにもかかわらずである。福永に戻ったここはカタイ。以下、買い目の3頭。まずはシャドウディーヴァ、GⅠではちょいとハードルが高かったか。距離も長かったしポジションもまともに取れていなかったが、前走は適性距離で先行し見事に1着。上手く捌けていた岩田康に手綱が戻り馬券から外せなくなった。次にレッドヴェイロン、この馬はホント東京1600mで強いよね。ルメールは4度乗って3勝2着1回とほぼ完璧な内容。アレコレ精査は不要、充分馬券を買う理由が揃っている。最後にモルフェオルフェ、完全にカン頼りになるが単騎逃げが打てれば面白い。なんたって鞍上が江田照ですからね。たまに重賞で開ける大穴が今回かもしれんという期待を込める。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« シルクロードS 根岸S | トップページ | クイーンC 京都記念 共同通信杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロードS 根岸S | トップページ | クイーンC 京都記念 共同通信杯 »