« クイーンC 京都記念 共同通信杯 | トップページ | 阪急杯 中山記念 »

京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS

今週は4重賞。ちょっと力が入る。重賞で巻き返したいところ。まずは土曜、京都牝馬Sから。本命はプールヴィル、休み明けで勝負できる馬。1600mでまったく振るわず、1400mでは明らかに良化する点は見逃せない。推すのはそこ。以下、買い目の3頭。まずはドナウデルタ、まぁ3連勝中で内2連勝は京都1400m。人気だろうが仕方ないね。昨年ひと皮もふた皮も剥けた北村友、2週連続重賞もあっていい。次にプリディカメント、出戻りのマル地という盲点か。初めて距離を伸ばしてのここ、外回りなら克服する可能性はある。最後にリナーテ、昨年は流れがハマって後方から突っ込み2着している。リピーターなら迷わず買える目か。京都外回りでヤネ武豊という条件ならやっぱり捨て難い。以上、4頭の馬連BOX買い。

ダイヤモンドステークスの本命はバレリオ、前でポジションさえ取れればこの馬のレース。先週はハナ差で逃したJRA初重賞勝利、今度こそミナリクがリベンジすると見るね。以下、買い目の3頭。まずはヴァントシルム、ヤネがデムーロっていうだけで買う気になった。血統を見ても長い所が勝負。終わってみれば府中の長距離はやっぱりジャングルポケット産駒だった、なんてこともあるかもしれん。次にレノヴァール、ヨコテンのテン乗りかぁと洒落てる場合ではないが前走のラストは悪くなかった。その時の勝ち馬が隣枠に入るが斤量ハンデは逆になりここは差し切れる算段。東京で追い込みが利くならこちらに分がある。最後にロサグラウカ、テン速くマイペースで逃げが打てれば面白い。ペースが鈍れば52kgの逃げ馬はそうそう捕まえられないだろう。以上、4頭の馬連BOX買いで。

小倉大賞典の本命はヴェロックス、GⅠで1番人気を張る馬でここでは格が違う。勝って賞金積むためにわざわざやって来た感じアリ。以下、相手となる3頭。まずはエメラルファイト、GⅠを3戦分場数を踏んだ。ローカル中距離重賞なら狙い目。次にジナンボー、前走ジャパンカップは場違いだったか。2000mのGⅢくらいならそれなり。最後にレイホーロマンス、毎回騎手が変わるというのが難点だがここで51kgは甘すぎるだろう、一発狙い。以上、4頭の馬連BOX。

フェブラリーステークスの本命はデルマルーヴル、中距離以上のダートで強い馬は押さえたい。久しぶりに乗るデムーロもダートの短い所で案外上手い印象で、ここは全力で買い。以下、買い目の3頭。まずはミッキーワイルド、元々この距離この条件で買える馬。前走では絶対的本命視していたがゲートと直線で不穏な動きが入ってしまった。まともに走れば普通に勝負できるはずで、その意味では北村友へ手綱が戻るのはOK。馬体重だけは絞ってほしいぞ。次にサンライズノヴァ、後方待機策決め打ちの一手。斤量57に戻るここなら馬券は買いたい。最後にモズアスコット、前走のダート替わりは疑問視したが、58kgを背負ってあの末脚を見せられると押さえざるを得ない。仕方ないか。人気でも押さえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« クイーンC 京都記念 共同通信杯 | トップページ | 阪急杯 中山記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クイーンC 京都記念 共同通信杯 | トップページ | 阪急杯 中山記念 »