« きさらぎ賞 東京新聞杯 | トップページ | 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS »

クイーンC 京都記念 共同通信杯

ここのところ単に好きな目を買ってるだけじゃないんだろうかという自問自答の重賞。いや他で見たり聞いたりした予想目を買っても面白くないしそれが的中しても高揚感は少ない。やはり自分の予想で馬券は買いたいと再認識。今週の3重賞。土曜東京のデイリー杯クイーンカップから。本命はシャンドフルール、新馬勝ちした時からこの馬の能力の絶対値を評価している。前走の西村を乗せての逃げ切りは距離短縮の影響でたまたまハマった感じであった。武に戻るここは後方からでも差し切る競馬でイメージ通りだろう。以下、買い目の3頭。まずはマジックキャッスル、前走重賞で押さえた馬。戸崎からフォーリーへの手替わりはあるが、それほど気にすることでもなかろう。普通に勝ち負け。次にヤマニンプレシオサ、星野厩舎、鞍上が江田照男、ヤマニンの馬、というだけで期待してしまう。特に馬自体や走り、レース内容にはピンとこなかったが冒頭の3拍子で重賞では一気に買う気になった。最後にチアチアクラシカ、近3走を1番人気で走っている。前走においてはスタートで躓き流れに乗れない部分もあったが3角から4角の動きは1番人気のそれだった。敗因は直線で外へ出すべきところを左ムチを打つもんだから内に刺さっちゃって埋もれたこと。2走前では出遅れてもラストは大外を豪快に差し切るという対照的な内容を見せている。今回は外枠に入ったことでポジション取りが楽になると見ての買い目。以上、4頭の馬連BOX買い。

京都記念の本命はカレンブーケドール、わざわざ関東からの唯一。昨年実績からして当然の買い目。最内枠からの押し切りで想定通りの競馬か。対抗にはステイフーリッシュ、毎度書いているが中谷以外で買える馬としているわけで、前走それをきっちり証明してみせた。岩田に替わっても評価は変わらず。普通に強い競馬を見せてくれるだろう。3番手評価にドレッドノータス、前走でGⅠという最高峰の舞台は経験した。あとはこのレベルに戻っていかに稼ぐかだろう。馬は地味に京都で強いわけでコース適性を加味するならばここは激走の可能性が残る。人気薄のセン馬となるなら面白い馬券。以上、3頭の馬連BOXで。

共同通信杯の本命は絶対的マイラプソディ、予想するもしないもこの馬中心のレース。軸以外に考えようがなかった。対抗にはフィリオアレグロ、今年に入っても急激に好調さを見せているデムーロで買いたい。新馬から乗っているところも悪い感じがしない。この距離ならなんなく対応できる。3番手評価にダーリントンホール、本来なら前述2頭の一点決め打ちでもよかったが正直よく分からないマル外という部分で気になった馬。ルメールが乗るが、ここは乗り替わっての一戦。鞍上の問題ではなく、血統の魅力とでも言っておこう。押さえ目。本命から相手2頭に馬連2点流しで勝負。

|

« きさらぎ賞 東京新聞杯 | トップページ | 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きさらぎ賞 東京新聞杯 | トップページ | 京都牝馬S ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS »