« 阪急杯 中山記念 | トップページ | 阪神SJ ファルコンS 中山牝馬S 金鯱賞 フィリーズレビュー »

チューリップ賞 オーシャンS 弥生賞

先週は案外にもうまくいった。懐が温かい中で今週の3重賞に挑む。土曜のチューリップ賞から。絶対的本命の2歳女王がいるわけで、あえて勝ち馬を予想しない2着3着のワイド狙いでいく。負け馬の予想は邪道だがレシステンシアを買い目に入れたくなかっただけだ。買い目4頭、まずはチェーンオブラブ、上がり最速のレースが続いている。今回は前で女王も含めバチバチやってくれればハイペースになるかもしれん、必然的に後からの馬を推したい。末脚の伸びは確かな馬。次にクラヴァシュドール、後方からいける馬。鞍上強化でデムーロになるのと最内枠に入ったことで必然的買い目。そしてショウリュウハル、このレースを制した母馬に敬意を表して押さえてみる。あまり前にいかなかった場合は金星もあるか。最後にピーエムピンコ、減量背負って上がり最速を参考にここでもその脚が使えるようならば怖い存在。侮ることなかれ、この馬もノーザンファーム生産馬ぞ。以上、4頭のワイドBOX買い。

夕刊フジ賞オーシャンステークス、はやい話、白帽2頭のレース。馬連1点で勝負で良いところだが、面白味を求めて可能性を探る。まずはエンゲルヘン、中山1200mを1.08.0で斤量55kgを背負い勝っている。今回54kgなら勝負に食い込めるかもしれん。次にハウメア、これはもうヒューイットソンの御祝儀馬券期待といったところか。未知数騎手に賭けるだけのカンで買う。これら2頭と1枠馬2頭、本命タワーオブロンドンと対抗ダノンスマッシュを絡める。以上、4頭の馬連BOX買いで。

報知杯弥生賞ディープインパクト記念だがレース名が変わり、最内枠に入った唯一のディープインパクト産駒、鞍上武豊の馬サトノフラッグがどう見ても気になるわけで、忖度上等で押さえてみる。対抗にワーケア、普通に考えればルメールが乗り続けて前走GⅠ3着の馬、外せない結論。3番手評価はオーソリティ、同じく前走GⅠで掲示板。こちらもヒューイットソンの未知数に期待としか言いようがない。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 阪急杯 中山記念 | トップページ | 阪神SJ ファルコンS 中山牝馬S 金鯱賞 フィリーズレビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪急杯 中山記念 | トップページ | 阪神SJ ファルコンS 中山牝馬S 金鯱賞 フィリーズレビュー »