« 福島牝馬S マイラーズC フローラS | トップページ | 京都新聞杯 新潟記念 NHKマイルカップ »

青葉賞 天皇賞・春

先週の余韻を継続すべく今週の2重賞。土曜のテレビ東京杯青葉賞から。本命はフィリオアレグロ、普通に考えてレーンへの御祝儀っぽい馬。当然のように1番枠に入ったわけで、特に深く考える必要もなく本線。今の馬場だと内枠有利は仕方なかろう。毎週の重賞を見てれば1番白帽がどんな動きしているか、まぁここはカタイね。以下、買い目の3頭。まずはディアスティマ、見ての通りディープインパクト産駒のサンデーRのワンツー狙い。前走は軽い取りこぼしで本来の力量だと上位必至。惜しい競馬を脱すべく津村へのスイッチで変わり身アリか。次にブルーミングスカイ、東西重賞でやたら角居厩舎の有力馬が目立つ。とりあえず関東ではこの馬が筆頭か。先行してラストが甘い競馬が続いている。見た通りでヤネも毎度違うが、関東のレースは関東の騎手、今回は北村宏となった。復帰後に久々の重賞勝ちがあっていい頃。最後にロールオブサンダー、逃げて流れを作れる可能性が高いだけにここは押さえたい。すんなりハナを切れれば軽視は禁物。レース間が空いただけにノーマークっぽいし尚更警戒したいところ。ヤネ田辺だし府中で怖いぞ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

天皇賞・春の本命はキセキ、まぁ武豊の春天っていうだけで分かるわな。よく言う出遅れ癖も鞍上がシャキっと出してくれると思うし、ゲートが普通だと考えれば相当な有力馬である。なんたって無観客ですからね、これはプラスに働くことは間違いない。残る唯一の懸念はテン乗りでどうかだけ。イナリワンの例まで遡るが、同じような癖馬をテン乗りで勝たせている事実は大きい。平成の盾男が令和でも健在、なんていうフレーズが響きそう。以下、買い目の3頭。まずはユーキャンスマイル、本来なら本線だが岩田が乗れず浜中となったことで番手評価。この勝負服で思い出すのはラブリーデイの秋天。秋のほうだが代打騎乗で天皇賞を持っていった浜中である。少なくとも人・馬ともに勝てるだけの能力は持ち合わせている。次にトーセンカンビーナ、前走時にはかなり評価した馬で角居厩舎でいうならキセキよりも上位評価していたくらいだ。やることは一つ、道中溜めて直線後方一気のみ。最後にメイショウテンゲン、同じく前走で買い目に入れた馬。このメンツでもステイヤー資質は抜けていると見るね。春天で推したい事由は母馬にある。母が春天に出走経験アリの春天出走馬なんてのは暫く記憶にないな、恐らくかつてのメジロ牧場レベルで盾を狙ってないと出来ない至難の業だろう。長距離砲の最終到達地点はここなわけだし、好調松山が乗れないことが懸念されるが幸に頑張ってもらいたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 福島牝馬S マイラーズC フローラS | トップページ | 京都新聞杯 新潟記念 NHKマイルカップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島牝馬S マイラーズC フローラS | トップページ | 京都新聞杯 新潟記念 NHKマイルカップ »