« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

東京JS 宝塚記念

2重賞か、ちょっと取りたいレース。土曜の東京ジャンプステークスから。本命はアズマタックン、前走は道悪のGⅠを走り掲示板確保。とはいえ着差は大差も大差、とにかく勝ち馬と上位馬は強すぎたわけだが重要なのは距離短縮である。その前走より1000m以上短くなるわけですからね。そりゃ斤量が-3kg減となる60kgで乗れるここは見直し可だし高田への乗り替わりもプラスと見解。以下、買い目の3頭。まずはスプリングボックス、障害OPでは人気先行型、ヤネに森を据えればやたら強さを見せるわけだが近2走はちょっとヘグったか。この馬も前走から斤量減で乗れるし最内枠からの先行策で有利必至。次にプラチナアッシュ、近2走のオープンで1番人気というのがいい。どちらも白浜が失敗騎乗、3度目の正直となるここは変わり身期待。60kgなら面白いはず。最後はやっぱりトラスト、実績からして一枚上手。テン速く逃げれるし押さえるしかないとの結論。以上、4頭の馬連BOX買いで。

宝塚記念はやたら豪華なメンバーとなったがファン投票なのに無観客というよく分からん状況下。近年では牝馬が注視されるグランプリっぽく、夏だからとはいえそれが気に入らない。ここはスパッと前走大阪杯組を切ることにする。そうなれば話は早い。つまり本命はサートゥルナーリア、前走を見る限り評価通りであった。馬自体は最大評価できるがあとは乗るルメールがどうかだけ。絶対的本命馬で取りこぼしたGⅠのダメージは抜けたと見るべきか。今度こそ人気馬でGⅠを持って行く、今回こそは鮮やかにそれを出来る組み合わせだと思うね。以下、買い目の3頭。まずはキセキ、天皇賞で本命視したが残念ながら今一つであった。テン乗り武豊が噛合わなかったのだろうか、2度目となる今度こそという感じ。前走58kgを背負ってレースを作れたことだけが唯一の評価点。未だ無観客開催というのがこれ幸い、逃げて強しを見せてくれ。次にトーセンスーリヤ、メンツはどうあれ2連勝という勢いは捨て難い。それより横山和との相性が良すぎると言った方が分かりやすい。本来ならここで買えるような馬ではないが絶対的本命馬と同枠となった。人気馬と同枠に入った人気薄が引っ張られて絡むというパターンを見据える。最後にスティッフェリオ、今年は年明けから買うと来ないし買わないと前走のGⅠの激走となかなか歯車が合わない。大阪杯組を切ったとなると、冷静に考えれば天皇賞2着馬を評価しないわけにいかないだろう。繰り返しとなるが前走58kgを背負って2着という観点は見逃せないわけで、押さえ評価。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

函館スプリントS ユニコーンS

気楽な2重賞。肩の力を抜いていく。函館スプリントステークスの予想から。本命はマリアズハート、大野を乗せた時のこの馬は相当に輝いている。トントン拍子に条件戦を駆け上がっての前走リステッド2着。人気に応えているあたりも評価していい。上がりの速さと今回内枠を引いたことを考慮して本命視。以下、買い目の3頭。まずはジョーマンデリン、連闘で出てきた。先週のレースではこの馬を軸で勝負し良い結果を頂戴しており函館コースならもう一度買えるだけの魅力は間違いなくある。ヤネが岩田に替わるが怪我から復帰後の丁度いい御祝儀になるだろう。次にフィアーノロマーノ、前走GⅡ重賞除外からのココというのに食指が動く。距離短縮で敬遠されるなら尚良しの見解。懸念はヤネの藤岡康太、なかなか手が合わないことも多いが先に書いた通り距離短縮での変化に期待。最後にダイアトニック、GⅠでも買い目に入れているくらいの評価馬。まず勝ち負けするレベルにはいるが休み明けと斤量58がどうかだけ。勝つ時は相当強い勝ち方になるだろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

ユニコーンステークスの本命はカフェファラオ、人気ともに下馬評通りだろう。外目の枠ならと思っていたら大外を引いた。悪くない。そろそろレーンが重賞勝ちの順番。以下、買い目の3頭。まずはタガノビューティー、近2戦のダートは人気で好走。どうしても後ろからの競馬となるがここは追い込みが利く展開と見るね。今後はダートに絞ってもいいくらい。次にフルフラット、まさか海外サウジアラビアで勝つとは思わなかったが適性は大したもの。逃げの同型多しの中、番手で押し切れそうなのがコレ。あとは田中勝だよなぁ。ここは2着っぽいわ。最後にラブリーエンジェル、いつも通りで唯一の牝馬は侮れない。それにしてもやたら東京のダートを走りまくっているし、近3走は3着3着1着と好調そのもの、しかもヤネ木幡巧でた。その木幡巧は逃げ脚質の他馬に回った。後方待機策の決め打ちで菅原明が無欲で乗れば絡んできそう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

マーメイドS エプソムC

ステイホームが続き競馬に集中できる週末が続いている。今週は2重賞。阪神マーメイドステークスから。本命はミスマンマミーヤ、前走条件戦で見せた末脚なら間違いない。京都特有の最後のイン突きに助けられたが、そもそもこの馬は阪神でもラストは抜け出してきていた。前走55kgを背負って勝った後のハンデ53kgはプラスに働くと見るね。あとは小崎が道中いかに内に付けて回ってこれるかだろう。以下、買い目の3頭。まずはナルハヤ、逃げそうな馬で食指が動いたのはこちら。なんたって51kgで乗れるしヤネはそこそこ美味く捌ける藤田菜々子だ。他馬を気にせずマイペースなら最後まで止まらない可能性は高い。次にエアジーン、とりあえず川田が乗るのが面白い。GⅠでは勝ち切れない鞍上だがGⅢで調子を取り戻して好走してもらいたい。軽ハンデを活かして末脚勝負だろう。最後にリープフラウミルヒ、普通に考えれば前走重賞2着馬だが人気薄でマークしただけとも考えられるが、個人的には大きなプラス収支となる万馬券をもたらしてくれたわけで、ここでは切りづらい。前走ではコースと鞍上がマッチしての選考だっただけに迷うね。だけど、もし来たら悔しすぎるので今回はもう一度買う。以上、4頭の馬連BOX買いで。

エプソムカップのほうは色々と買いたい馬もいるが中2週となる前走メイS組は全部切ることにする。先週の安田記念の最強馬敗戦の余韻で中2週を嫌ったってところか。そこで絞った結果本命はピースワンパラディ、前走57kgを勝ってのここ。良馬場でなくても人気して勝ち負けするあたりは評価できるし、地味に注視しているのが父ジャングルポケットというあたりか。左周り東京コースなら好走必至。以下、買い目の3頭。まずはアンドラステ、前走で非常に強い競馬を見せた。出負けぎみのスタートから上がり最速の勝ちは1番人気ながら岩田望の腕が光った。それにしても岩田望は勝ち鞍をよく積み重ねているし、父親復帰の週に華を添える可能性がありそうで買っておきたい。次にアトミックフォース、重賞でチャンスを与えた息子の武藤雅が2着したことで今回もヤネ据え置きとなっている。無欲で逃げてくれれば期待できるんだがなぁ。これは一か八かの買い目。最後にサトノアーサー、2頭出しの池江厩舎で買うならこちらか。近走では1番人気で上がり最速を連発。それも坂井を乗せてのことで、レーンに乗り替わるここでマイナス要素は皆無。付け加えて2年前の勝ち馬でもある。普通に考えて人気だろうが馬券として押さえるしかないか。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

鳴尾記念 安田記念

今週は2重賞。なかなか面白いレースだし気を引き締めて臨む。土曜の鳴尾記念から。本命はサトノルークス、レース間は開いたが鞍上武豊のレース相性がいい。大外枠に入ってしまったが3年前も8枠からの勝利であった。人馬ともにここでは総合力で上位と見る。以下、相手となる3頭。まずはエアウィンザー、こちらも8枠。前走はローカル新潟が合わず、2走前は距離2400mが合わずの惨敗。阪神2000mで走れるならこんなに強い馬はいないだろうと言えるくらいの馬。あえてテン乗り川田での変わり身も期待か。次にキメラヴェリテ、若き3歳馬を注視。なんといっても持ちタイムが優秀。ダート馬が芝へ転向していきなり逃げて叩き出したわけで、ここでは斤量たった52kgで逃げることが出来る。前残りするならこの馬か。最後にレッドガラン、前走は乗った鮫島克が完全にヘグった一戦。位置取りが悪すぎたわな。重賞で1番人気する馬である。北村友の手綱に戻り、この枠順なら包まれる心配は少なかろう。モマれず先行できれば勝ち負け可能。以上、4頭の馬連BOX買いで。

安田記念だが、焦点はアーモンドアイが勝つか負けるかだけ。負けるにしても連を外すイメージはない。かつて絶対的であったモーリスが届かなかったこともあったがその時も2着は予見できた。ここでも同じ、馬券としては押さえるべきという結論で本命視。以下、買い目の3頭。まずはノームコア、古い回顧となるが角田と田中勝で決まった牝馬のワンツーを取った時に、これでこんなに付かないのかと万馬券に腹を立てた記憶がある。つまり牝馬のワンツーはあっていいわけで、この馬に関しても前走で一緒に走った本命馬と同様の評価。前にも書いたが同コースGⅠをレコード勝ちしたタイムは驚愕。それに今はGⅠで横山典が頼もしい。次にダノンプレミアム、そもそも線が細いという印象しかない馬で使い詰めたらダメという評価。昨年秋には使い詰めてGⅠを2着2着したりもしたが、基本的にはゆったりローテーでしっかり買う。今回は買う。レーンで1番枠、この馬にしてはこれ以上ない買いの条件が揃ったと見るべき。最後にグランアレグリア、第三の牝馬と言うべきか。スプリントでも強かったがそもそもマイルでも強い。レースの流れが速い場合、鬼脚が繰り出せるのはこの馬だろう。GⅠなのにこの勝負服が1頭の時には個人的見解として勝ち負けに絡んできやすい傾向があるので注意すべし。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

 

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »