« 葵S 東京優駿 目黒記念 | トップページ | マーメイドS エプソムC »

鳴尾記念 安田記念

今週は2重賞。なかなか面白いレースだし気を引き締めて臨む。土曜の鳴尾記念から。本命はサトノルークス、レース間は開いたが鞍上武豊のレース相性がいい。大外枠に入ってしまったが3年前も8枠からの勝利であった。人馬ともにここでは総合力で上位と見る。以下、相手となる3頭。まずはエアウィンザー、こちらも8枠。前走はローカル新潟が合わず、2走前は距離2400mが合わずの惨敗。阪神2000mで走れるならこんなに強い馬はいないだろうと言えるくらいの馬。あえてテン乗り川田での変わり身も期待か。次にキメラヴェリテ、若き3歳馬を注視。なんといっても持ちタイムが優秀。ダート馬が芝へ転向していきなり逃げて叩き出したわけで、ここでは斤量たった52kgで逃げることが出来る。前残りするならこの馬か。最後にレッドガラン、前走は乗った鮫島克が完全にヘグった一戦。位置取りが悪すぎたわな。重賞で1番人気する馬である。北村友の手綱に戻り、この枠順なら包まれる心配は少なかろう。モマれず先行できれば勝ち負け可能。以上、4頭の馬連BOX買いで。

安田記念だが、焦点はアーモンドアイが勝つか負けるかだけ。負けるにしても連を外すイメージはない。かつて絶対的であったモーリスが届かなかったこともあったがその時も2着は予見できた。ここでも同じ、馬券としては押さえるべきという結論で本命視。以下、買い目の3頭。まずはノームコア、古い回顧となるが角田と田中勝で決まった牝馬のワンツーを取った時に、これでこんなに付かないのかと万馬券に腹を立てた記憶がある。つまり牝馬のワンツーはあっていいわけで、この馬に関しても前走で一緒に走った本命馬と同様の評価。前にも書いたが同コースGⅠをレコード勝ちしたタイムは驚愕。それに今はGⅠで横山典が頼もしい。次にダノンプレミアム、そもそも線が細いという印象しかない馬で使い詰めたらダメという評価。昨年秋には使い詰めてGⅠを2着2着したりもしたが、基本的にはゆったりローテーでしっかり買う。今回は買う。レーンで1番枠、この馬にしてはこれ以上ない買いの条件が揃ったと見るべき。最後にグランアレグリア、第三の牝馬と言うべきか。スプリントでも強かったがそもそもマイルでも強い。レースの流れが速い場合、鬼脚が繰り出せるのはこの馬だろう。GⅠなのにこの勝負服が1頭の時には個人的見解として勝ち負けに絡んできやすい傾向があるので注意すべし。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

 

|

« 葵S 東京優駿 目黒記念 | トップページ | マーメイドS エプソムC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

グランアレグリアの見解と牝馬ワンツーの予見。お見事です

投稿: zeai | 2020年6月 7日 (日) 15時49分

末脚凄かったノームコアが2着まできてればアツかったですねえ。惜しかった。あとサンデーRの勝負服が1頭の時は要注意というのは覚えておいて損はなさそう。

投稿: | 2020年6月 8日 (月) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葵S 東京優駿 目黒記念 | トップページ | マーメイドS エプソムC »