« 函館スプリントS ユニコーンS | トップページ | CBC賞 ラジオNIKKEI賞 »

東京JS 宝塚記念

2重賞か、ちょっと取りたいレース。土曜の東京ジャンプステークスから。本命はアズマタックン、前走は道悪のGⅠを走り掲示板確保。とはいえ着差は大差も大差、とにかく勝ち馬と上位馬は強すぎたわけだが重要なのは距離短縮である。その前走より1000m以上短くなるわけですからね。そりゃ斤量が-3kg減となる60kgで乗れるここは見直し可だし高田への乗り替わりもプラスと見解。以下、買い目の3頭。まずはスプリングボックス、障害OPでは人気先行型、ヤネに森を据えればやたら強さを見せるわけだが近2走はちょっとヘグったか。この馬も前走から斤量減で乗れるし最内枠からの先行策で有利必至。次にプラチナアッシュ、近2走のオープンで1番人気というのがいい。どちらも白浜が失敗騎乗、3度目の正直となるここは変わり身期待。60kgなら面白いはず。最後はやっぱりトラスト、実績からして一枚上手。テン速く逃げれるし押さえるしかないとの結論。以上、4頭の馬連BOX買いで。

宝塚記念はやたら豪華なメンバーとなったがファン投票なのに無観客というよく分からん状況下。近年では牝馬が注視されるグランプリっぽく、夏だからとはいえそれが気に入らない。ここはスパッと前走大阪杯組を切ることにする。そうなれば話は早い。つまり本命はサートゥルナーリア、前走を見る限り評価通りであった。馬自体は最大評価できるがあとは乗るルメールがどうかだけ。絶対的本命馬で取りこぼしたGⅠのダメージは抜けたと見るべきか。今度こそ人気馬でGⅠを持って行く、今回こそは鮮やかにそれを出来る組み合わせだと思うね。以下、買い目の3頭。まずはキセキ、天皇賞で本命視したが残念ながら今一つであった。テン乗り武豊が噛合わなかったのだろうか、2度目となる今度こそという感じ。前走58kgを背負ってレースを作れたことだけが唯一の評価点。未だ無観客開催というのがこれ幸い、逃げて強しを見せてくれ。次にトーセンスーリヤ、メンツはどうあれ2連勝という勢いは捨て難い。それより横山和との相性が良すぎると言った方が分かりやすい。本来ならここで買えるような馬ではないが絶対的本命馬と同枠となった。人気馬と同枠に入った人気薄が引っ張られて絡むというパターンを見据える。最後にスティッフェリオ、今年は年明けから買うと来ないし買わないと前走のGⅠの激走となかなか歯車が合わない。大阪杯組を切ったとなると、冷静に考えれば天皇賞2着馬を評価しないわけにいかないだろう。繰り返しとなるが前走58kgを背負って2着という観点は見逃せないわけで、押さえ評価。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 函館スプリントS ユニコーンS | トップページ | CBC賞 ラジオNIKKEI賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館スプリントS ユニコーンS | トップページ | CBC賞 ラジオNIKKEI賞 »