« 東京JS 宝塚記念 | トップページ | プロキオンS 七夕賞 »

CBC賞 ラジオNIKKEI賞

夏のローカルに入るが、このところ毎週末悪天候が続き非常に読み辛いレースが多い。かなり修正して予想を立て直していく。まずはCBC賞から。今年は阪神開催となるのが難しい。本命はグランドロワ、こちらに乗ることになった和田の気迫に賭けたいところ。出走レースの殆どを逃げてまとめている馬。前走不良馬場をハイペースで逃げた走りは着順とは別に目を見張った。連闘から人気の盲点となるなら強気で推したい。以下、買い目の3頭。まずはタイセイアベニール、普通に考えて最有力。コンスタントに重賞で勝ちを拾えてきている西村厩舎には注視する。鞍上の松山も今年は充分買える。次にミッキースピリット、条件を駆け上がった3連勝の勢いを買う。音無厩舎が松若を乗せて臨むここは勝負気配。あっさり重賞を勝ってもおかしくないレベル。最後にディメンシオン、前走GⅠの取消は仕方なしとして斤量53は甘め。未知なる1200mはいきなりの大駆けもありそう。以上、4頭の馬連BOX買い。

ラジオNIKKEI賞の本命はパンサラッサ、走ってきたレースと相手は他馬とは比較にならない高域。逃げ先行型の脚質が福島でハマればここでは別格の走りが可能。対抗にはコスモインペリウム、道悪にも強く上がりも速いという見た目は強者。血統的には砂や芝でも馬場が重いほうが走りそうで、先週の宝塚記念を見ても分かるように重馬場適正を重視する。鞍上が4戦連続同じ騎手というのも悪くない。3番手評価にサクラトゥジュール、2頭出しの堀厩舎で買うならこちら。戦績を見てもまったく遜色はなく、普通に強いだろこれって感じ。差し馬で抜け出してくるのはこの馬だろう。3歳戦の12頭立てなら3頭くらいまで絞りたい。この3頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 東京JS 宝塚記念 | トップページ | プロキオンS 七夕賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京JS 宝塚記念 | トップページ | プロキオンS 七夕賞 »