« エルムS レパードS | トップページ | 北九州記念 札幌記念 »

小倉記念 関屋記念

コロナ禍、猛暑日、その他諸々あってちょいと多忙で土曜の予想となってしまった。明日の重賞なので早速記したい。しかし昨日の栗東、村山厩舎の火事には驚いたな。明日の小倉出走予定馬も焼死という残念なニュースもあり、なかなかやるせない気持ちの週末。とりあえず予想はこうだ。農林水産省賞典小倉記念から。本命はサマーセント、前走で18番人気で重賞勝ちした馬を残しこちらに騎乗。まぁこの馬も前走重賞を勝ってのここ。どちらにしても軽視禁物で流れも併せて酒井に期待。以下、買い目の3頭。まずはミスディレクション、やはり逃げる馬は怖い。太宰が乗ってからはなかなかテンでの競馬がサマになってきている。人気度外視でここは買う。次にショウナンバルディ、今年ついに重賞初勝利を小倉で射止めた鮫島克が乗る。この馬での勝ち鞍はないが何度か馬券には絡んでくるあたりは魅力アリと見るね。小倉でのゲンを担いで斤量53kgの軽ハンデで勝負目。最後にランブリングアレー、いいところで重賞の大外ピンク帽子を引く相変らずの武豊。人気になるだろうが小倉じゃぁ外せないという結論。安定の先行策がとれれば盤石か。以上、4頭の馬連BOX買いで。

関屋記念の本命はアストラエンブレム、それなりのジョッキーを乗せてきたのにいきなり北村宏テン乗り。馬は近走リステッドでは走っているだけに重賞でどうか、侮ることなかれ、昨年このレースを勝った鞍上の北村宏は関屋記念通算4勝という強者である。有無を言わさず本命視。以下、買い目の3頭。まずはトロワゼトワル、相変らずの逃げ馬チェック。大外枠だが脚質的に押さえるべきとの判断。新潟初参戦が吉と出るに期待。次にプロディガルサン、ハナを競る可能性もあるが前走のハイペース逃げでの粘りは悪くなかった。大外の馬がハナに立てなければこの馬が代走となり得るだけに食指が動く。クラシックを沸かせたベテラン馬がもうひと花という感じで頑張ってもらいたい。最後にメイケイダイハード、前走最低人気で重賞勝ちとなった噂のあの馬である。通常なら前走フロックの今回大敗というパターンだが逆一変してからの乗り替わり&斤量増で再一変の可能性と加味して押さえておきたい。買う理由はそこだけ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« エルムS レパードS | トップページ | 北九州記念 札幌記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エルムS レパードS | トップページ | 北九州記念 札幌記念 »