« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

スワンS アルテミスS 天皇賞・秋

今週の3重賞、頑張るわ。土曜の毎日放送賞スワンステークスから。本命はステルヴィオ、適性距離模索中っぽいところが懸念されるが血統的には1400mは悪くなさそう。末脚に賭ける乗り方が大外枠でハマると見るね。地味に池添への乗り替わりが面白い。以下、買い目の3頭。まずはサウンドキアラ、今年の実績を見る限り切れない一頭。逆に最内枠からの位置取り次第といったところか。次にボンセルヴィーソ、今年の重賞では人気薄で馬券に食い込んでくるあたりが不気味。木幡巧と手が合うとうか、木幡巧自体が人気薄できっちり重賞勝ちしているだけに尚更警戒心が高まる。ソツない先行力を期待。最後にアルーシャ、藤沢厩舎がテン乗り武豊への乗り替わりという粋な計らい。もしかすると武豊の京都競馬場での生涯ラスト騎乗となるかもしれないひと鞍なのだ。これまで数々の節目で光を放ってきたレジェンドがここでも押さえておくべき馬券であることに間違いはないと思う。以上、4頭の馬連BOX買い。

アルテミスステークス、苦手な2歳戦なのでサラッといく。本命はソダシ、前走札幌での重賞の内容が優秀すぎる。1800mをハイペースで好位抜け出しは見事。ここでも推す。以下、買い目の3頭。まずはユーバーレーベン、本命馬の前走を評価するなら2着だったこちらも内容は評価していい。勝ち馬にクビ差まで迫ったあの末脚は武器になろう。ラフィアンなのに冠名を付けていないこの馬は気になるところ。次にヴァーチャリティ、たまに思い出したように買い目としている重賞での8枠ピンク帽子の横山典。今回も正にその流れから。最後にニシノリース、こちらはこの勝負服での内田の一発警戒。先週のGⅠでは先行、逃げでの思い切った勝負が出来ていなかった鞍上がここでは一か八かを繰り出してきそうで期待感アリ。以上、4頭の馬連BOX買いで

天皇賞・秋の予想。先週までの無敗3冠馬の2連発は思ってた通りのアレな展開だったが今週もなにやら同じ匂いがしないでもない。アーモンドアイを軸に数点流せばそれなり馬券の一丁上がりとなるが、それでは面白味はゼロだ。こちらとしては別の見解を紐解くね。そこで本命はキセキとする。手綱に戻る武豊、なんたって先の凱旋門賞でのあの悲劇、帰ってからの不毛な2週間を乗りこえてのここである。心情的というかJRAとしてもこの馬というか武豊がここで天皇賞を勝つほうがこのコロナ禍の中、競馬界的には良いのではないか。そいういう意味での本命視。対抗にはダイワキャグニー、去勢後の前走どうだろうかと思っていたがしっかり走れていた。本命馬が先行した場合にはマークに徹っすればよし、本命馬が出遅れた場合には自身がレースを引っ張り粘り込めばよし。どちらにせよ馬場の好きな場所を走れることは大いにプラス、やはり東京コースで期待するしかない。昨年同様、毎日王冠組を警戒しておく。最後にダノンプレミアム、前々からの評価通り、大事に使えば相当に強い馬という見解は変わらない。前走は鞍上が合わなすぎた。川田に戻るここは昨年と同じかそれ以上の走りは必至。少頭数なので以上、馬連のBOX買いで勝負。

| | コメント (0)

富士S 菊花賞

明日の金曜には所用で終日時間が塞がっている。よって木曜の夜に予想することに。まずは土曜の富士ステークスから。枠順確定前ということでその部分は伏せたままでの予想である。本命はペルシアンナイト、古馬になって評価が落ちてきていた馬だがGⅢでもGⅡでもGⅠでも善戦レベルの常連。ところが前走でいきなり目を見張る末脚と粘り腰を披露。これはもうヤネ大野の手が合ったとしか言いようがない。その大野も先週はGⅠで完璧な騎乗をしている。波に乗っているのは間違いない。対抗にはスマイルカナ、3歳牝馬で推したいのはこちら。この距離でGⅢなら適所といえる案配か。武器は逃げての二の足、斤量52kgなら止まらない公算は高い。3番手評価にワーケア、こちらは3歳牡馬でチョイス。これはねぇ2000mの壁というか距離短縮でオーライという結論。後から行くと思うがこの斤量でこの距離このコースならドンピシャで届く仕掛けができるだろう。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

注目の菊花賞。先週の牝馬3冠劇を見てしまうとなぁ、なにやら仕手が入ったような気配がなかったわけでもないが、「勝負」という印象は他馬からはまったく感じられなかったのが正直な感想。で、だ。今週も先週と同じような匂いがするわけだが、まぁそれはこの際一旦置いといて、素直に「競馬予想」をする。するとは言っても御託を愚図愚図並べる気はない。ここはコントレイルヴェルトライゼンデの2頭、これ以外は絶対にないだろう。今年の3歳牡馬では常に買い目に挙げてきたこの2頭の馬連1点。

| | コメント (0)

府中牝馬S 東京HJ 秋華賞

重賞坊主が続いている。時間が無いので買い目だけ。土曜、府中牝馬ステークスの本命はサラキア、対抗にトロワゼトワル、3番手にラヴズオンリーユー。以上、3頭の馬連BOX。

東京ハイジャンプの本命はコウユーヌレエフ、対抗にメイショウダッサイ、3番手にマイブルーヘブン。以上、3頭の馬連BOX買いで。

秋華賞の本命はウインマイティー、相手3頭にムジカ、サンクテュエール、デアリングタクト。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

サウジアラビアRC 京都大賞典 毎日王冠

秋競馬らしい番組となってきた。先週は色々と悔しい思いもしたが気を取り直して今週に臨む。土曜サウジアラビアロイヤルカップから。本命はピンクカメハメハ、前走重賞では勝ち馬がレコードを叩き出してしまうほどのハイペースで逃げバテしたのは明白。距離短縮となり同じく最内枠で臨むここは再考して本命視。対抗にキングストンボーイ、毎度藤沢厩舎&ルメールで滅入るような予想だが、今回も仕方なし。この母から出た牡馬なら期待できそう。3番手評価にインフィナイト、唯一の牝馬で推す。新馬戦では不良馬場での上がり最速を出せる末脚を見せた。それに加え、いつものパターンでサンデーRの勝負服が一頭の時は押さえる目。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

京都大賞典の本命はグローリーヴェイズ、昨年は1番人気で取りこぼしたレース。底力はこのメンバーなら別格だろう。特筆事項は無いがせめて馬体重を440kg台になるくらい絞れてればOKとしたい。以下、買い目の3頭。まずはカセドラルベル、条件戦をトントン拍子で上がった流れを買う。あとは2400mの距離延長が牝馬でどうかということと初京都という部分。どちらも未知数すぎて思わず買いたくなった。次にキングオブコージ、前走はハンデに恵まれた重賞勝ちとはいえ57kgを背負うここは尻込みする。しかし横山典に乗り替わってから4戦4連勝という事実は見逃せない。横典の思わぬ一発は案外ピンク帽子の時が多いんじゃないか。最後にステイフーリッシュ、久々に藤岡佑が乗る。とにかくズブい感じの馬である。オールカマーをひと叩きしたのは好材料といえる。まくり気味の早め追い出しが出来れば逆転の可能性はあると思う。

毎日王冠、ハナから決めているのは3歳馬2頭は買わんということ。昨年は3歳馬が勝ったが、そうそう楽な重賞ではないはず。そこで本命はダイワキャグニー、今さら去勢というよく分からん過程となったが、とにかく前走重賞も勝っている。この馬券の取りこぼしは痛かったが改めてこの馬は東京で買いの部類と確信。逃げても番手でも強い競馬になること必至。対抗にはザダル、重賞はともかく近走のOPでは上がり最速を連発。頭数は少ないし直線勝負なら見所は必ずあると思う。ペースを上げるような引っ張る馬が出たら、この馬の脚質がかなりハマる可能性は高い。3番手評価にコントラチェック、先にも書いたが唯一の牝馬で推す。冒頭で3歳馬を完全に切った中で、2つの重賞を勝っている4歳牝馬に食指が動いた。先行して強しの馬が1枠に入った時点で押さえ目。少頭数なのできっちり買い目を絞る。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

シリウスS スプリンターズS 凱旋門賞

今週は凱旋門賞か。3重賞を予想しておく。まずは土曜シリウスステークスから。本命はアルドーレ、昆厩舎が勝負所で起用する横山典が不気味。そういう馬が黒帽2枠となるとますます怖くなる。言ってしまえばヤネの乗り方次第ということになるが内枠にいるので一旦後方に下げる方がハマりそうだし横山ならそれがやれると見る。中京でも勝ち鞍あるしねぇ。以下、買い目の3頭。まずはダノンスプレンダー、安田隆厩舎のダノンで川田が勝てそうなのは土曜のこちらを有力視する。戦績を見る限り手堅いとしか言いようがない。条件戦2連勝からの初重賞、前走から斤量-2kg減のここは狙える。次にメイショウワザシ、前述2頭を勝たせてきた浜中がそれらに乗れず巡り合ったのがこの馬。完全なテン乗りだが鞍上の気迫が違う。もう少し外枠だったら本命視していたところだが思い切って前に行ってしまえば勝ち負け可能か。最後にエムオーグリッタ、今年は団野にずいぶんお世話になった。それなりに勝っているだけにそろそろ重賞で一発あっていい頃だし、馬も珍しく関西でのレース。唯一中京で走ったレースも見どころがあり今回は食指が動く。面白いのはこの馬だね。以上、4頭の馬連BOX買い。

スプリンターズステークスの本命はエイティーンガール、前走の馬券を外した時からここは本命と決めていた。付け加えてヤネが池添に替わる。つまり自身が乗って安田記念を勝ち高松宮記念で2着したあの馬の脚を後から計れて乗れるということだ。鬼脚の追い込みの追い出しが決めやすいと言ったほうが分かりやすいだろう。完全に狙い撃ち可能なここは注視する。坂井には気の毒だがまぁ仕方ないだろう。以下、買い目の3頭。まずはそのグランアレグリア、メンバーではひとつ抜けたレベルの末脚の持ち主。ルメールに戻るし問題無しのレース。前述の理由から2番手とするが、まず間違いなく勝ち負けの類。あとはいつものようにサンデーRの勝負服が一頭の時は押さえるという自分の譲れない買い目。次にモズスーパーフレア、逃げて強しと毎度言っている馬。とにかく逃げることが確定しているだけで買う。そもそもGⅠ馬になったから人気もありそう、懸念は主戦の松若がそんなにGⅠをポンポン勝てるかという部分。ハイペースだろうが粘れる二枚腰はある、最後に差されなければラッキーという感じ。最後にライトオンキュー、あれこれ迷った4頭目。他候補馬と比較して最終的には血統的な面でチョイスとなった。改めて見れば父はゴドルフィンのシャマーダルですからね。仏ダービー馬の印象が強いが本当に強かったのは芝短距離。なのになぜ人気が埋もれるのか。答えは主戦の古川にあった。古川がもう少し上手く乗れれば相当に強い馬だろうに。期待値は丁半どちらかの馬券、それが吉と出るほうに賭ける。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

凱旋門賞、焦点はエネイブルの3勝目があるかどうか。自分的にはさすがに無いとの結論。ではどうなるのか、本命は同じ6歳馬の牡馬ストラディバリウスとする。5歳はいないんだよね。やたら3歳馬多いし牝馬も強いし、しかしこの馬にペリエが乗ってきた。主戦のデットーリも本心はこちらに乗りたかったんじゃないかと思うぞ。正真正銘長距離砲、このコースとこのヤネなら勝てる計算が出来る。対抗にはサーペンタイン、3歳馬でチョイスするならこの馬。お馴染みオブライエン厩舎の4頭出しが強烈だが、その中でも英ダービー馬は格が違うと見ていい。前走のひと叩きは仕上がっていなかっただけか、本番はこことして狙ってきたと見るべき。次にソットサス、昨年は人気しながらの悔しい3着馬に終わった馬。夏の2走2敗は距離不足だと思う。2400mなら適性値と思うし、まぁとにかく去年のリベンジとするなら若い4歳馬で狙い目か。ついでの4頭目にジャパン、これはもう単純に応援馬券。日本馬ディアドラよりも騎手武豊のほうに情が移るね。画面上、目で追いかけるため馬券に絡める。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »