« 富士S 菊花賞 | トップページ | 京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS »

スワンS アルテミスS 天皇賞・秋

今週の3重賞、頑張るわ。土曜の毎日放送賞スワンステークスから。本命はステルヴィオ、適性距離模索中っぽいところが懸念されるが血統的には1400mは悪くなさそう。末脚に賭ける乗り方が大外枠でハマると見るね。地味に池添への乗り替わりが面白い。以下、買い目の3頭。まずはサウンドキアラ、今年の実績を見る限り切れない一頭。逆に最内枠からの位置取り次第といったところか。次にボンセルヴィーソ、今年の重賞では人気薄で馬券に食い込んでくるあたりが不気味。木幡巧と手が合うとうか、木幡巧自体が人気薄できっちり重賞勝ちしているだけに尚更警戒心が高まる。ソツない先行力を期待。最後にアルーシャ、藤沢厩舎がテン乗り武豊への乗り替わりという粋な計らい。もしかすると武豊の京都競馬場での生涯ラスト騎乗となるかもしれないひと鞍なのだ。これまで数々の節目で光を放ってきたレジェンドがここでも押さえておくべき馬券であることに間違いはないと思う。以上、4頭の馬連BOX買い。

アルテミスステークス、苦手な2歳戦なのでサラッといく。本命はソダシ、前走札幌での重賞の内容が優秀すぎる。1800mをハイペースで好位抜け出しは見事。ここでも推す。以下、買い目の3頭。まずはユーバーレーベン、本命馬の前走を評価するなら2着だったこちらも内容は評価していい。勝ち馬にクビ差まで迫ったあの末脚は武器になろう。ラフィアンなのに冠名を付けていないこの馬は気になるところ。次にヴァーチャリティ、たまに思い出したように買い目としている重賞での8枠ピンク帽子の横山典。今回も正にその流れから。最後にニシノリース、こちらはこの勝負服での内田の一発警戒。先週のGⅠでは先行、逃げでの思い切った勝負が出来ていなかった鞍上がここでは一か八かを繰り出してきそうで期待感アリ。以上、4頭の馬連BOX買いで

天皇賞・秋の予想。先週までの無敗3冠馬の2連発は思ってた通りのアレな展開だったが今週もなにやら同じ匂いがしないでもない。アーモンドアイを軸に数点流せばそれなり馬券の一丁上がりとなるが、それでは面白味はゼロだ。こちらとしては別の見解を紐解くね。そこで本命はキセキとする。手綱に戻る武豊、なんたって先の凱旋門賞でのあの悲劇、帰ってからの不毛な2週間を乗りこえてのここである。心情的というかJRAとしてもこの馬というか武豊がここで天皇賞を勝つほうがこのコロナ禍の中、競馬界的には良いのではないか。そいういう意味での本命視。対抗にはダイワキャグニー、去勢後の前走どうだろうかと思っていたがしっかり走れていた。本命馬が先行した場合にはマークに徹っすればよし、本命馬が出遅れた場合には自身がレースを引っ張り粘り込めばよし。どちらにせよ馬場の好きな場所を走れることは大いにプラス、やはり東京コースで期待するしかない。昨年同様、毎日王冠組を警戒しておく。最後にダノンプレミアム、前々からの評価通り、大事に使えば相当に強い馬という見解は変わらない。前走は鞍上が合わなすぎた。川田に戻るここは昨年と同じかそれ以上の走りは必至。少頭数なので以上、馬連のBOX買いで勝負。

|

« 富士S 菊花賞 | トップページ | 京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士S 菊花賞 | トップページ | 京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS »