« 府中牝馬S 東京HJ 秋華賞 | トップページ | スワンS アルテミスS 天皇賞・秋 »

富士S 菊花賞

明日の金曜には所用で終日時間が塞がっている。よって木曜の夜に予想することに。まずは土曜の富士ステークスから。枠順確定前ということでその部分は伏せたままでの予想である。本命はペルシアンナイト、古馬になって評価が落ちてきていた馬だがGⅢでもGⅡでもGⅠでも善戦レベルの常連。ところが前走でいきなり目を見張る末脚と粘り腰を披露。これはもうヤネ大野の手が合ったとしか言いようがない。その大野も先週はGⅠで完璧な騎乗をしている。波に乗っているのは間違いない。対抗にはスマイルカナ、3歳牝馬で推したいのはこちら。この距離でGⅢなら適所といえる案配か。武器は逃げての二の足、斤量52kgなら止まらない公算は高い。3番手評価にワーケア、こちらは3歳牡馬でチョイス。これはねぇ2000mの壁というか距離短縮でオーライという結論。後から行くと思うがこの斤量でこの距離このコースならドンピシャで届く仕掛けができるだろう。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

注目の菊花賞。先週の牝馬3冠劇を見てしまうとなぁ、なにやら仕手が入ったような気配がなかったわけでもないが、「勝負」という印象は他馬からはまったく感じられなかったのが正直な感想。で、だ。今週も先週と同じような匂いがするわけだが、まぁそれはこの際一旦置いといて、素直に「競馬予想」をする。するとは言っても御託を愚図愚図並べる気はない。ここはコントレイルヴェルトライゼンデの2頭、これ以外は絶対にないだろう。今年の3歳牡馬では常に買い目に挙げてきたこの2頭の馬連1点。

|

« 府中牝馬S 東京HJ 秋華賞 | トップページ | スワンS アルテミスS 天皇賞・秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 府中牝馬S 東京HJ 秋華賞 | トップページ | スワンS アルテミスS 天皇賞・秋 »