« 神戸新聞杯 オールカマー | トップページ | サウジアラビアRC 京都大賞典 毎日王冠 »

シリウスS スプリンターズS 凱旋門賞

今週は凱旋門賞か。3重賞を予想しておく。まずは土曜シリウスステークスから。本命はアルドーレ、昆厩舎が勝負所で起用する横山典が不気味。そういう馬が黒帽2枠となるとますます怖くなる。言ってしまえばヤネの乗り方次第ということになるが内枠にいるので一旦後方に下げる方がハマりそうだし横山ならそれがやれると見る。中京でも勝ち鞍あるしねぇ。以下、買い目の3頭。まずはダノンスプレンダー、安田隆厩舎のダノンで川田が勝てそうなのは土曜のこちらを有力視する。戦績を見る限り手堅いとしか言いようがない。条件戦2連勝からの初重賞、前走から斤量-2kg減のここは狙える。次にメイショウワザシ、前述2頭を勝たせてきた浜中がそれらに乗れず巡り合ったのがこの馬。完全なテン乗りだが鞍上の気迫が違う。もう少し外枠だったら本命視していたところだが思い切って前に行ってしまえば勝ち負け可能か。最後にエムオーグリッタ、今年は団野にずいぶんお世話になった。それなりに勝っているだけにそろそろ重賞で一発あっていい頃だし、馬も珍しく関西でのレース。唯一中京で走ったレースも見どころがあり今回は食指が動く。面白いのはこの馬だね。以上、4頭の馬連BOX買い。

スプリンターズステークスの本命はエイティーンガール、前走の馬券を外した時からここは本命と決めていた。付け加えてヤネが池添に替わる。つまり自身が乗って安田記念を勝ち高松宮記念で2着したあの馬の脚を後から計れて乗れるということだ。鬼脚の追い込みの追い出しが決めやすいと言ったほうが分かりやすいだろう。完全に狙い撃ち可能なここは注視する。坂井には気の毒だがまぁ仕方ないだろう。以下、買い目の3頭。まずはそのグランアレグリア、メンバーではひとつ抜けたレベルの末脚の持ち主。ルメールに戻るし問題無しのレース。前述の理由から2番手とするが、まず間違いなく勝ち負けの類。あとはいつものようにサンデーRの勝負服が一頭の時は押さえるという自分の譲れない買い目。次にモズスーパーフレア、逃げて強しと毎度言っている馬。とにかく逃げることが確定しているだけで買う。そもそもGⅠ馬になったから人気もありそう、懸念は主戦の松若がそんなにGⅠをポンポン勝てるかという部分。ハイペースだろうが粘れる二枚腰はある、最後に差されなければラッキーという感じ。最後にライトオンキュー、あれこれ迷った4頭目。他候補馬と比較して最終的には血統的な面でチョイスとなった。改めて見れば父はゴドルフィンのシャマーダルですからね。仏ダービー馬の印象が強いが本当に強かったのは芝短距離。なのになぜ人気が埋もれるのか。答えは主戦の古川にあった。古川がもう少し上手く乗れれば相当に強い馬だろうに。期待値は丁半どちらかの馬券、それが吉と出るほうに賭ける。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

凱旋門賞、焦点はエネイブルの3勝目があるかどうか。自分的にはさすがに無いとの結論。ではどうなるのか、本命は同じ6歳馬の牡馬ストラディバリウスとする。5歳はいないんだよね。やたら3歳馬多いし牝馬も強いし、しかしこの馬にペリエが乗ってきた。主戦のデットーリも本心はこちらに乗りたかったんじゃないかと思うぞ。正真正銘長距離砲、このコースとこのヤネなら勝てる計算が出来る。対抗にはサーペンタイン、3歳馬でチョイスするならこの馬。お馴染みオブライエン厩舎の4頭出しが強烈だが、その中でも英ダービー馬は格が違うと見ていい。前走のひと叩きは仕上がっていなかっただけか、本番はこことして狙ってきたと見るべき。次にソットサス、昨年は人気しながらの悔しい3着馬に終わった馬。夏の2走2敗は距離不足だと思う。2400mなら適性値と思うし、まぁとにかく去年のリベンジとするなら若い4歳馬で狙い目か。ついでの4頭目にジャパン、これはもう単純に応援馬券。日本馬ディアドラよりも騎手武豊のほうに情が移るね。画面上、目で追いかけるため馬券に絡める。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 神戸新聞杯 オールカマー | トップページ | サウジアラビアRC 京都大賞典 毎日王冠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸新聞杯 オールカマー | トップページ | サウジアラビアRC 京都大賞典 毎日王冠 »