« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

京都2歳S ジャパンカップ 京阪杯

今週の3重賞。土曜のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスから。ワンダフルタウン、前走は極端な馬体重増からして3着は仕方なしだったか。しかしリステッド1番人気は本物、ここは仕上げてくればかなり走るだろう。対抗にラーゴム、乗り替わった武豊が妙味。このレースはやたら相性が良く信頼度は高い。が、1年おきに勝っているだけに今年は順番じゃないのが気になる。上がり勝負じゃ分が悪そうなので先行してほしい。3番手評価にマカオンドール、逆に先行して押し切りそうなのがこちら。インが突ける岩田の手腕に賭けるだけか。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買い。

さて話題のジャパンカップ。世紀の対決をあれこれ言わず本命はグローリーヴェイズ、そりゃもうローテーション的に言えば筆頭。他馬のように間に天皇賞秋を挟んでもよかたわけだが、きちんとここにマトを絞っている時点で別評価すべきだろう。3冠というキーワードは実はこの馬にもあるわけで、父は言わずもがなだが、メジロの母系が実にシブく華やかなのだ。兄姉と違い洒落た馬名のこの馬が勝つならこういう舞台が相応しい。空気を読まないヤツだと言われようがこの勝負服ならある程度は納得されると思うね。以下、買い目の3頭。まずはデアリングタクト、最終的決め手は斤量。なんたって無敗牝馬3冠馬が同年のGⅠを53kgで走れるわけだからね。これは大きい。同コースのオークスで見せた末脚爆発以上に弾ける脚が繰り出せるわけで、前が止まらない馬の一番手か。包まれないように走ればOKだろう次にウェイトゥパリス、毎年JCで叫ぶが招待馬のカク外の馬がいてこそのレース。しかもこのコロナ禍の御時世、フランスからただ一頭やってきた勇気を買いたい。いや、勇気が無くても例年通り外国馬は買う。今回はモノがイイと思うし、たぶん日本の馬場に合うんじゃないかと思っている。懸念は中段から後方での競馬をする点。絶対的に先行有利な流れになるはずで、早めに動いて先団に取り付けば粘れそうでもある。とにかく頑張ってほしいぞ。フランスを元気づけるのはこの馬。最後にアーモンドアイ、あぁーこれはもう正直に言うけど考える余地ゼロの買い目。今年のGⅠはとにかくルメールっていうだけで買うことにしたとは何度も申し上げてきた通り。他馬他騎手による勝ちやすい流れが作られることは間違いなく、何度も言うが確信事項。邪魔されず厳しい当たりも無いので、故障するかよほど馬が鈍足でない限り馬群に沈むイメージができないから。そして最後の最後、予備的にワールドプレミア、本来なら4番手で買いたい馬である。レース間を考えると食指は動かないが実はオーナー結婚という情報は誰がどう見ても御祝儀馬券の出番である。馬連で買うまでの確定的評価はし難いので当日の馬体次第で複勝を買う検討はするとだけ言っておく。なんたって3頭の話題馬が人気を吸う。それ以外の複勝はオッズ的には付くだろう。以上、4頭の馬連BOXと1頭複勝で。

京阪杯の本命はレッドアンシェル、このメンバーでは明らかに格上で決め手が違う。揉まれなければ楽勝な部類。以下、買い目の3頭。まずはアンヴァル、スタートさえ上手く切れればかなりの先行力を見せるだろう。内枠を活かして前々で競馬を期待。次にジョーカナチャン、直線競馬で強かったものの前走は外枠で厳しいレースとなってしまった。今回は再評価。最後にシヴァージ、強いのは強いが後方からの競馬一辺倒がキズ。きっちりゲートを出て中段にでも付けられれば案外楽に勝てるかもしれんね。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3)

マイルCS 東京スポーツ杯2歳S

今週は3日開催で日曜月曜に重賞が組まれたため勝手ながら本日土曜の予想となった。ご心配をおかけしコメントまで頂いたりして申し訳ないが、13年間毎週書き続けてきて、休んだのは長期入院の時とPC不具合の時の2回くらいしか記憶が無い。的中率はどうあれとにかく毎週かかさず予想はしているのだ。早速マイルチャンピオンシップの本命はヴァンドギャルド、冷静に考えれば前走で同コースGⅡを上がり最速で快勝している。やたらGⅠ馬が多い中、あえてこの馬をチョイス。牝馬が強いと騒がれている昨今、牡馬を軸に持ってくるのは予想手順に一旦リセットをかけたからに他ならない。以下、買い目の3頭。まずはスカーレットカラー、唯一の天皇賞経由組。組とは言っても一頭しかいないが、その前走はスタートで外枠不利をモロに受け道中ポジションが取れなかっただけ。最後方からしか競馬ができないが前を割ってでも突き抜けてくる末脚がある。2走前でも同じく窮屈な競馬を強いられただけだ。毎レース仕上げは悪くなく、直線で進路が取れれば相当強い馬。次にサウンドキアラ、今年のマイル戦では確勝級のレースぶり。ところが前走はヘグった結果、1番人気で大敗。ここは仕切り直しで当然のように買い目でイイ。なんだかんだでティープインパクト産駒は信頼度が高い。最後にグランアレグリア、普通に考えれば人気上位。こちらとしては先週同様にルメールというだけでGⅠで買うし、サンデーRの勝負服が一頭の時は押さえるという例の方法を取っているだけ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

東京スポーツ杯2歳ステークスの本命はジュンブルースカイ、友道厩舎の武豊がなかなか良い。手っ取り早く前走リステッドで上がり最速で2着しているのは悪くない。単純比較で上位。対抗にプラチナトレジャー、やはり前走同コース未勝利戦で厳しい流れの中、内にモマれ、絶対無理な位置からの直線一気で快勝、しかも重馬場。これは並みの馬には無理な芸当。この馬を切ってこの馬が来たら、なんて頓馬なことやってんだってことになる。3番手評価にダノンザキッド、新馬戦は普通に強かった。ルメールに1番人気を譲っていたが間違いなくこの馬のほうが上。ダノンにあえて川田という采配は馬券にしておくべきか。以上、3頭の馬連BOX買い。

| | コメント (1)

京都JS 武蔵野S デイリー杯2歳S 福島記念 エリザベス女王杯

今年も恒例、この開催は5重賞。長くならないよう買い目と短評で。土曜の京都ジャンプステークス、普通に考えたら2着3着のワイド狙いのほうが配当が狙えそうだが、やはり勝ち馬を予想するというのが第一であろう。つまりは本命オジュウチョウサン、この秋に歴史的偉業というレースを3つほど見てきたわけだが忘れちゃいけない、この馬もGⅠを7勝している障害GⅠ7冠馬で8冠リーチ馬。そんな馬が4年ぶりにGⅢに出てきた。意図不明だがとにかくレースで負ける要素ゼロだろう。対抗にタガノエスプレッソ、本命馬を除いては現役ではかなり上位の部類に入るだろう。相手筆頭。以上、馬連1点。

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの本命はオメガレインボー、前走不良馬場の同コース。最内をハイペースで逃げ粘った二の足は最大級評価。外から追いかぶせてきた完全勝ちパターンの1番人気に抜かせなかったド根性はここでも活きる。以下、買い目の3頭。まずはタイムフライヤー、このところはルメールっていうだけで重賞は馬券にしておくのが吉ということらしいが、まぁこの馬はダートでもよく走っている。黙って買い。次にレピアーウィット、東京でよく走っているほうだがOPでも勝ち負けすることも多い。目立たないところで実はGⅠ馬の全弟だということは侮れない。今回外枠に入ったことでプラス評価している。最後にソリストサンダー、ここ一年で10戦程して掲示板を外したことは1度だけ。特に直近5戦はすべて1700mという徹底ぶりだが北村宏を乗せて東京1600mなら勝算があると見てるのかもしれん。以上、4頭の馬連BOX買い。

デイリー杯2歳ステークスの本命はスーパーウーパー、まるでウーパールパーみたいやなぁなんて思っていたら馬名の由来そのものだったのに驚いた。ここのところ2歳重賞で勝ち続けている鞍上の良い流れに期待。唯一のマル外っていう目も久々でイイ。対抗にはスーパーホープ、これはもうスーパー・スーパー馬券に淡い期待を込めている。あながち無いとは言い切れない感じもしており直線での叩き合いになったら面白いと思う。3番手評価にシティレインボー、池添厩舎の池添騎乗。前走取消後のここは買いの一手。深い思考は無く、本命対抗に挟まれたゲート番だし、どちらかに引っ張られての流れ込み狙い。以上、3頭の馬連BOX買いで。

福島記念の本命はトーラスジェミニ、これはもう戦ってきた相手が何枚も上手ばかりで強者に揉まれた経験を買う。逃げオンリーの戦術も福島ならOKだろう。木幡兄弟で次に重賞勝ちしそうな気配アリ。以下、買い目の3頭。まずはバイオスパーク、わざわざ池添が乗りにきたわけで3年ぶり2度目の騎乗というのが妙味。ローカル戦が板についているが福島2000mの勝ち鞍もあり食指が動いた。次にワセダインブルー、大野の手綱で人気薄で連対続きが目を引く。斤量57と重さを背負ったほうが好成績という謎な部分もあるが、勝った前走より-3kgとハンデに恵まれたのはラッキーか。初の重賞の舞台でも遜色はないと見るね。最後にヴァンケンドミンゴ、言ってみれは福島巧者。酒井に替わっての3戦はなかなかの差し脚を見せている。位置取りが後すぎなければ一発あると思っての警戒馬券。以上、4頭の馬連BOX買い。

エリザベス女王杯の本命はラッキーライラック、最初から決めていた馬。そこへルメールが乗ってきたことで、あぁこれはこの馬が勝ちやすいような流れのレース展開になるんだなと確信。猫も杓子もルメールっていう現在の考え方の結論。以下、買い目の3頭。まずはセンテリュオ、前走で本命視したが想像以上に良い走りを見せてくれた。2200mの距離適性重視ながらも斤量にも恵まれていたので今回は次点評価。牝馬同士なら上位だと思う。たしか去年も買ったな。次にウラヌスチャーム、7馬身差圧勝の前走は目を見張った。ちょっと仕掛けどころに変化があったが2200mにドンピシャ。その前の3走は距離が長くて失敗しただけだ。今回は斉藤厩舎が斉藤を乗せてきただけにある意味勝負気配が感じられる。こちらもたしか去年買っているはず。最後にシャドウディーヴァ、前走の出遅れからの直線は進路探しと負の連鎖ながらも末脚を伸ばした走りは天晴れであった。勝ち馬は楽をし過ぎた感もあり単純な比較だとこちらに分がある。前述の斎藤厩舎の2頭出し。インが突ければかなり面白いはず。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2)

京王杯2歳S ファンタジーS AR共和国杯 みやこS

今週は4重賞、ちょっと時間が無くて買い目のみ。京王杯2歳ステークスの本命はブルーシンフォニー、相手3頭にリフレイム、モントライゼ、プルスウルトラ。以上、4頭の馬連BOX。

KBS京都賞ファンタジーステークスの本命はメイケイエール、対抗にメイショウイチヒメ、3番手評価にオパールムーン。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX買いで。

アルゼンチン共和国杯の本命はラストドラフト、相手3頭にバレリオ、サンレイポケット、オーソリティ。以上、4頭の馬連BOX買い。

みやこステークスの本命はベストタッチダウン、対抗にクリンチャー、3番手評価はスワーヴアラミス。少頭数なので以上、3頭の馬連BOXで勝負。

| | コメント (3)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »