« 中日新聞杯 カペラS 阪神JF | トップページ | 中山大障害 ホープフルS 阪神C 有馬記念 »

ターコイズS 朝日杯FS

コメントにあったシゲルピンクダイヤはデムーロ騎乗で買ったと思う。先週は普通にいつもの消去法で残った中からのチョイス。いつもと変わらない感じかな。今週は2重賞。土曜ターコイズステークスから。本命はインターミッション、なんたって中山1600mで強い。春のリステッドで馬券が取れた時、この条件なら買いだなと確信していた。クラシックの2つは距離も馬場も完全に条件外のレースであり完全無視。秋に再度この条件で案の定勝ってくれた。今回も同様でいく。以下、買い目の3頭。まずはフェアリーポルカ、左回りで敬遠したいところ。右回りの牝馬限定なら押さえるべきだろう。斤量56kgを懸念するも距離短縮で我慢が利くとの見解。次にクリスティ、ちょうど1年前にGⅠで評価していたくらいの馬。ちょいと敷居が高かったか、相手次第では掲示板も外さない堅実さ。近2走の激走も元々そういうところを走るレベルじゃないわけで、今回斤量53で乗れるここはかなり期待している。最後にドナウデルタ、終いを活かす競馬なら間違いなくハマる。短距離ならある程度の評価は出来る馬。ルメールの手綱で未勝利戦を勝っているし、ここ数年重賞勝ちのない石坂厩舎もそろそろ復活してもいい頃合いか。以上、4頭の馬連BOX買いで。

朝日杯フューチュリティステークス。こちらは単純明快、前走1600m重賞勝ち馬を狙うだけ。よって本命はステラヴェローチェ、須貝厩舎に横山典でなかなか濃いところだな。道悪不良馬場のハイペースを上がり最速で勝った前走は文句なし。以下、買い目の3頭。まずはレッドベルオーブ、前走GⅡを勝っているだけに買い目を外せない。本命馬と同枠、勝ちやすい流れに乗っかるだけだ。次にショックアクション、休み明けとなるが前走の重賞快勝は目を見張る勝ち方。2週前にGⅠを勝ったヤネの戸崎の勢いも加味して押さえるべきだと判断。最後にモントライゼ、なにも考えずGⅠでルメールというだけで買う4頭目。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 中日新聞杯 カペラS 阪神JF | トップページ | 中山大障害 ホープフルS 阪神C 有馬記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中日新聞杯 カペラS 阪神JF | トップページ | 中山大障害 ホープフルS 阪神C 有馬記念 »